米産「爆買いトウモロコシ」、補助金32億円も希望する会社ゼロ!安倍&菅による「害虫被害のために必要」は大ウソだったことが確定的に!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、品余りになっていた中国輸出用の米国産トウモロコシの大量購入を決めた中、購入を後押しするために32億円の補助金を用意したものの、現時点で申請している企業が全くないことが判明した。

・トランプ大統領から言われるままに爆買いしたことに対し、多くの国民から批判が集まっていた中、安倍総理や菅官房長官は「国内産トウモロコシが害虫被害を受けているため」と説明していたものの、国内産の代替になり得ない全くの別物だったことも判明。安倍総理らの説明が国民騙しの悪質なウソだったことが明らかになっている。

米トウモロコシ爆買いの安倍首相 補助金32億円も申請ゼロ

安倍首相がトランプ大統領から引き受けたトウモロコシ約275万トンの爆買い。農水省は購入を後押しするため、約32億円もの補助金を用意している。ところが、これまでに一業者も申請に来ていない。6日の衆院外務委員会で判明した。

8月25日、仏ビアリッツG7の合間に行われた日米首脳会談後、トランプ大統領が「安倍首相がトウモロコシを買うと言ってくれた」とブチ上げると、安倍首相は「害虫対策の観点から日本としても購入が必要だ。前倒しして、緊急な形で購入をしなければならないと民間も判断をしている。だから、協力できると思う」と応じた。

~省略~

害虫被害に困った民間業者が殺到するのかと思いきや、そうではなかった。6日の外務委で川内博史衆院議員(立民)から、「補助金の申請有無」を問われた農水省の渡辺毅畜産部長は「申請は上がってきていない。検討している業者がいると聞いている」とお寒い状況を白状した。

■安倍首相「害虫対策」は大ウソ

なぜ、申請しないのか――。大手飼料メーカーの調達担当者が言う。

「弊社は補助金の申請は考えていないし、同業でも検討しているという話は聞かない。害虫被害が生じているのは、トウモロコシの実や茎を使った粗飼料なのに、輸入されるトウモロコシは濃厚飼料用です。対策のピントがずれている。補助金を出すと言われてもねえ」

もし、牛が粗飼料の代わりに濃厚飼料を食べると体調を崩す。全く別物なのだ。農水省が知らないわけがない。粗飼料不足を濃厚飼料で補うことへの補助金は農水省史上初めてだ。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.11.8.】

生粋の「トランペット」安倍総理の売国・壊国が止まらず!口から出てくるのは国民騙しのウソばかり!

安倍総理がトランプ大統領から爆買いすることになった中国輸出用トウモロコシだけど、補助金32億円までつけても申請している企業がどこもないことが判明したわ!
安倍総理や菅官房長官が「国内産が害虫被害を受けているために必要」なんて言っていることに強い疑いを持ってたけど、やっぱり、私たちを騙すための大ウソだったってことじゃないのよっ!!

まっとうな国民から多くの疑念や批判の声が上がっていたのに対して、ネット上でも、(安倍総理らの言い分をそのまま鵜呑みにしたうえで)「反日左翼のミスリード」「パヨクのデマに注意」みたいな怪しげなコメントが大量に湧いて出ていたけど、やっぱり、これらも安倍工作員による悪質なデマだったというわけだ。
結局のところ、国内産の代替品にもなりえない、使い道に困るような粗悪なトウモロコシを莫大な血税で買ってしまったということだし、これだけの購入費用や補助金を被災地に回せば、一体どれだけの困窮している国民を救うことが出来るだろうか

平たく言えば、安倍政権というのは、かつてなかったまでの、真性的な売国・壊国政権ということだし、単なる売国にとどまらず、社会に数多くのデマやウソをばら撒き続けているという点において、さらに数段悪質だ。
これほどまでに社会に害を及ぼす政権というのも聞いたことがないくらいだけど、もっと酷いのは、このような嘘やペテンで固められた売国政権に対し、これまで例がなかったような「異様な高支持率」が大手マスコミによって報じられては、長く政権の座に居座りながらどんどんと独裁性を増し続けていることだろう。
こんなことは、戦後の日本で一度もなかったことだし、ありとあらゆる点において”異常”であることを一人でも多くの国民が認識する必要があるだろう。

ほんと!何から何までおかしなことばっかりだし、何かの「巨大な力」が、政治やマスコミ(さらには国民を)をコントロールしながら、日本を徹底的に破壊・破綻に導こうとしているとしか思えないわっ!

結局はあおいちゃんの言う通りで、長年にわたって日本を隠然と支配してきたグローバル資本勢力が、安倍政権の長期化や独裁化を通じて、日本の既存の国家構造や民主主義システム、さらには、日本人のモラルや精神を徹底的に破壊しようとしているということだ。
こうした「壊国プロセス」が進めば進むほど、ますます社会の中に様々な嘘やペテンが飛び交っていくことになると思うけど、くれぐれもこれらに扇動・洗脳されてしまわないように気を付けなければならないし、その上で、「嘘をついてはいけない」「社会弱者の人々を助ける精神を忘れない」など、人間社会の秩序や調和を保っていくために必要なモラルや原点を忘れないようにしながら、これからも、おかしなことや理不尽なことに対してしっかりと声を上げ続けていくことが大切だね。

Pocket

 

 関連記事