【騒然】アゼルバイジャンモデルの処女を「日本人政治家」が3億円近くで落札!ネット「一体誰だ!?」「よほどの大物だろう」

Pocket

どんなにゅーす?

アゼルバイジャン出身のモデル、マブバ・ママドゥザダさん(23)がドイツの売春斡旋業者を通じて自身の処女を入札にかけたところ、「ある日本人政治家が200万ポンド(約2億8800万円)で落札した」と報じられ、世界中で驚きの声が上がっている。

・ママドゥザダさんの処女は医療機関が証明書を発行しており、日本人政治家との「初体験」はドイツ国内で行なわれる予定だという。

誰だ? 23歳“処女”モデルの落札者はなんと日本人政治家

「私の処女を買ってください」

昨夏、カスピ海に面するアゼルバイジャン出身のモデル、マブバ・ママドゥザダさん(23)が自身の処女を入札にかけた。ドイツにあるシンデレラ・エスコートという売春斡旋業者が主催したもので、欧米メディアが一斉に報じたが続報が出ていなかった。

英ミラー紙は今月21日、入札が打ち切られて「日本人政治家」が200万ポンド(約2億8800万円)で落札したと報じた。2位はロンドンの弁護士、3位はドイツ・ミュンヘンのサッカー選手だった。

ママドゥザダさんは昨年、トルコのファッションショーでパリス・ヒルトンさんとステージにも立ったこともあるモデル。

~省略~

【日刊ゲンダイ 2019.2.24.】

出典:Instagram

アゼルバイジャンモデルの処女を、「日本人政治家」が法外な金額でお買い上げのニュースが世界中で話題に!

出典:Twitter(@Yuipon_pazdra)

アゼルバイジャン出身のモデル、マブバ・ママドゥザダさん(23)の処女をある日本人政治家がおよそ2億8800万円で落札したとのニュースが世界中で話題になっているみたいだわ。
これだけの金額をポンと出すなんて、これはそんじょそこらの政治家じゃなさそうね。

見たところ、このニュースの発信源が英国デイリーメールやミラーのようなので、これがどこまで本当なのは分からないけど…彼女がドイツの売春斡旋業者を通じて「自身の処女」をオークションに出品したのは確かっぽいし、もしこの話が全て本当なのなら、個人的にはちょっと、いやかなり引いてしまうね…。
(ネットでも言われているけど)これでは、政治家というよりも「性事家」という感じだし、それだけの簡単に出せるまとまったお金があるのなら、むしろ日本国内で困っている人たちのために使って欲しいところなんだけどね。
スプートニクによると、ママドゥザダさんは、処女喪失と引き換えに得た大金で母親のために家を購入するほか、旅行に行ったり、学業の資金にあてたり、祖国に犬の保護センターを作る計画があるとのことだ)

ちなみに、ドイツ国内では売春は合法なので、こうしたオークションを開催したり、お金を払って性行為をするのは問題ない状況だよ。

そして、安倍トモ山口敬之氏さんの薬物レイプ揉み消し事件やら、福田元財務事務次官のセクハラ騒動とか、ここのところ、日本人男性の変態ぶりが世界で報じられている中で、またしても、これらのイメージをより補強するような話題が世界に広がってしまっている状況だわ。

Pocket