【酷い】陸自宮古島駐屯地、「小銃などの保管庫」と説明も実際は「弾薬庫」だった!→「騙された」と住民の怒りが噴出し、岩屋防衛相が謝罪!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年3月に新設された陸上自衛隊宮古島駐屯地において、防衛省が地元住民に対して「小銃などの保管庫」と繰り返し説明していたものの、実際には中距離多目的誘導弾(ミサイル)や迫撃砲などが装備される「弾薬庫」が作られることが判明。住民から「騙された」と怒りの声が噴出している。

・この事態を受け、岩屋防衛相は「事前の説明が不十分だった」として謝罪。弾薬は一時的に島外に撤去した上で、駐屯地から約10キロ離れた島東部の保良鉱山地区に新たに弾薬庫を作り、完成後にそこで保管する予定だという。

陸自駐屯地 「保管庫」実は弾薬庫 宮古島民「だまし討ちだ」

南西諸島防衛強化の一環で宮古島(沖縄県宮古島市)に新設された陸上自衛隊(陸自)駐屯地に弾薬庫が設けられ、同駐屯地の警備部隊が使用する中距離多目的誘導弾と迫撃砲が配備されることが分かった。防衛省は「弾薬庫ではなく、小銃などの保管庫」と地元に説明していたが、本紙の取材に「説明が不十分だった」と認めた。島民からは「完全なだまし討ちだ」と批判が噴き出している。 (望月衣塑子)

宮古島駐屯地は三月二十六日に開設した。敷地面積は約二十二ヘクタールで、警備部隊三百八十人が配置された。

同省整備計画局は取材に対し、弾薬庫の設置を認めた上で「中距離多目的誘導弾や迫撃砲は具体的に名前を出して説明しておらず、不十分だった。住民から要望があれば説明し、理解を促していきたい」とした。

同省によると、弾薬庫の面積は約二千五百平方メートル。配備される中距離多目的誘導弾は、同省技術研究本部(現防衛装備庁)と川崎重工業が開発した対舟艇・対戦車ミサイルで、全長一・四メートル、胴体直径〇・一四メートル、重さ二十六キロ。高機動車の荷台に六発の誘導弾を収めた発射器とレーダーなどの誘導システムが搭載され、同時多目的交戦や夜間交戦能力を持つ。

宮古島駐屯地を巡っては二〇一五年五月、左藤章防衛副大臣(当時)が下地敏彦市長を訪問し、陸自の警備部隊とミサイル部隊の配備を打診。候補地のゴルフ場「千代田カントリークラブ」周辺の野原(のばる)自治会(五十六世帯)は一六年三月、千代田自治会(二十九世帯)は同八月に配備反対を決議した。

同九月に若宮健嗣防衛副大臣(当時)が「ヘリパッドや地対艦・地対空誘導弾を保管する火薬庫を整備する計画はない」と伝えると、下地市長は「弾薬庫が一切ないと説明を受けて一安心している」と応じた。沖縄防衛局はその後、地元自治会への三回の説明会で「弾薬庫とヘリパッドは造らない。小銃などの小火器を入れる保管庫を置くだけだ」などと繰り返した。

~省略~

【東京新聞 2019.4.1.】

宮古島の誘導弾など一時撤去へ 住民反発で防衛相陳謝

3月に開設された陸上自衛隊の宮古島駐屯地(沖縄県)をめぐり、岩屋毅防衛相は2日、搬入済みの中距離多目的誘導弾と81ミリ迫撃砲弾を、島外に一時撤去する考えを明らかにした。駐屯に反対する声があがる中、防衛省は地元説明会で、敷地内に保管するのは「小銃弾や発煙筒など」としか説明していなかった。地元紙の報道などで搬入を知った住民らが「だまされた」と反発していた。

岩屋氏は2日の閣議後会見で「説明が不十分だった。おわび申し上げたい」と述べた。撤去した弾は島外で保管するという。駐屯地から約10キロ離れた島東部の保良(ぼら)鉱山地区に今後、用地を取得して弾薬庫をつくり、完成後にはそこで保管する予定。

~省略~

【朝日新聞 2019.4.2.】

地元の住民に「小銃などの保管庫」と嘘の説明をしつつ、実際には「ミサイルなどの弾薬庫」を建設!安倍政権の嘘と隠蔽体質がここでも!

出典:Wikipedia

沖縄の宮古島の住民の方々が、政府に対して怒りの声を上げています。
3月に新たに建設された陸自宮古島駐屯地において、防衛省が地元の人々に対し「小銃などの保管庫」「弾薬庫を作る計画はない」と繰り返し説明していたものの、実際には、中距離多目的誘導弾(ミサイル)や迫撃砲などを保管するための「弾薬庫」を作っていたことが判明。
この「信じられないような事態」に、地元の人々が「だまし討ちだ」と強く怒っているとのことです。

またしても、安倍政権による悪質な嘘と隠蔽が展開されている状況だ。
万一戦争になった場合、弾薬庫が真っ先に狙われることになるのは言うまでも無いけど、自分たちの住む街のすぐ近くにそうした弾薬庫が出来ると分かれば、それは多くの住民が強く反対するのは当然だ。
しかし、そうは言っても、どうしても弾薬庫を作る必要があるのであれば、同然のごとく事前に住民に説明する必要があるのは当たり前だし、「弾薬庫は作らない」と嘘をつきつつ、こっそりと弾薬庫作るというのは何よりも最悪だ。

岩屋防衛相がこの事実を認めて謝罪、一時的に弾薬を島外に撤去することを決めたみたいだけど、最終的には島内に弾薬庫を作り、そこに保管する予定みたいだし、このような事態になった以上、この先も様々な混乱や、地元からの強い反対の声が噴出するのは必至だろう。

「説明が不十分だった」というよりも、「嘘をついていた」という方が正しい表現かと思いますし、元号発表の「お祭り騒ぎ」の裏で、安倍政権による”国民騙し”が、相変わらず次から次へと展開されている状況です。

Pocket

 

 関連記事