三浦瑠麗氏のワイドナ発言に批判殺到!「金正恩が死んだら、北朝鮮のスリーパーセル(潜伏工作員)が活動する。特に大阪がやばい」→”タカビー反論”でさらに大炎上に!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年2月11日に放送されたフジテレビ「ワイドナショー」に、国際政治学者の三浦瑠麗氏が出演。その場で「金正恩が死んだら、北朝鮮のスリーパーセル(潜伏工作員)が活動する。特に大阪がやばい」などと発言したことに批判が殺到している。

・そんな中で、三浦氏は「北の潜伏工作員が多くいることは複数の海外メディアでも報道されている」とした上で、日本第二の都市である大阪こそが危ないと主張。大阪に在日朝鮮人が多く住んでいることとは無関係であることを強調した上で、「逆にそういう見方を思いついてしまう人こそ差別主義者だと思います。」と反論。これがさらに火に油を注いで大炎上状態に発展している。

スポンサーリンク

三浦瑠麗氏、ワイドナショーでの発言に批判殺到 三浦氏は「うがった見方」と反論(アップデート)
三浦氏「このレベルの発言が難しいのであれば、安全保障についての議論は不可能」

国際政治学者の三浦瑠麗氏が2月11日に放送されたテレビ番組「ワイドナショー」(フジテレビ系列)に出演し、北朝鮮のテロリスト分子が日韓に潜んでいると発言、とりわけ大阪が危険だとの認識を示した。

これに対し、Twitterでは「根拠がない」といった指摘や、在日コリアンに対する憎悪を煽りかねないと懸念する声が上がっている。

~省略~

番組でのやり取りは次の通り(敬称略)。

三浦 もし、アメリカが北朝鮮に核を使ったら、アメリカは大丈夫でもわれわれは反撃されそうじゃないですか。実際に戦争が始まったら、テロリストが仮に金正恩さんが殺されても、スリーパーセルと言われて、もう指導者が死んだっていうのがわかったら、もう一切外部との連絡を断って都市で動き始める、スリーパーセルっていうのが活動すると言われているんですよ。

東野 普段眠っている、暗殺部隊みたいな?

三浦 テロリスト分子がいるわけですよ。それがソウルでも、東京でも、もちろん大阪でも。今ちょっと大阪やばいって言われていて。

松本 潜んでるってことですか?

三浦 潜んでます。というのは、いざと言うときに最後のバックアップなんですよ。

三浦 そうしたら、首都攻撃するよりかは、他の大都市が狙われる可能性もあるので、東京じゃないからっていうふうに安心はできない、というのがあるので、正直われわれとしては核だろうがなんだろうが、戦争してほしくないんですよ。アメリカに。

こうした三浦氏の発言に対し、Twitterを中心に反発の声が上がった。「根拠を示すべき」「根拠がない」と発言内容の信憑性を疑う投稿が相次いだ。また、三浦氏が直接在日コリアンに言及する場面はなかったが、大阪には在日コリアンが多く暮らすことから、彼らに対する差別や偏見を助長するなどと指摘するツイートもあった。

~省略~

三浦氏はハフポスト日本版の取材に対し、次のように答えた。

北朝鮮のスリーパーセルの存在については、例えばイギリスのメディアが、北朝鮮がラジオ放送に暗号を忍ばせて各国のスリーパーセルに指令を出していたと報じるなど、複数の海外メディアが記事にしています。もちろん、対立している韓国が最も多いと思われますが、日本も例外ではないというのは当然のことです。

一般的に、テロリストは都市部にこそ潜伏しやすいものです。また、アメリカの9.11テロのように第2の都市を攻撃対象として狙う可能性があります。いきなり首都への攻撃だと全面戦争を招きかねないからです。つまり、そうした条件を考え合わせると、日本では大阪が危険ということになるわけです。

しかも大阪は1980年代に、北朝鮮の工作員による拉致事件が起きたことがあります。こうしたことから、東京だけが狙われていると安心しきってはいけない、むしろ大阪のような大都市こそが危ないということを伝えようとした発言でした。番組のMCの皆さんも大阪に縁のある人ですしね。仮にこのレベルの発言が難しいのであれば、この国で安全保障について議論をするのは正直、不可能です。

また、在日コリアンに対する差別や偏見を助長するというTwitterの反応についても、私は番組中、在日コリアンがテロリストだなんて言っていません。逆にそういう見方を思いついてしまう人こそ差別主義者だと思います。

いずれにしろ、発言の趣旨は、アメリカがNPR(核態勢の見直し)を公表し、小型化した核兵器の先制使用を辞さない方向にかじを切ったけども、スリーパーセルの危険性があるので北朝鮮に先制使用してはならない、ということです。それなのに、こうした反応になるのは、番組をよく見ていなかったか、よほど、うがった見方をしたのか。理解できません。

三浦氏はまた、自らのブログでも番組での発言の真意や批判に対する反論を述べている。

【ハフポスト 2018.2.12.】

↓司会の松本人志は、三浦氏をフォローしているかのような意味深ツイート。

スポンサーリンク

 

日本のマスメディアで加速度的に「北朝鮮脅威」「朝鮮ヘイト」のプロパガンダがどんどんエスカレート中

自称・国際政治学者の三浦瑠麗さんの一連のテレビ発言が大炎上中みたいね。
ネット上では、以前から安倍政権や軍産資本を喜ばせるような発言を繰り返してきたことから、色々と良くない評判も多かったけど、これもここ最近のNHKや毎日新聞とも基本的にほとんど”同じ流れ”に基づいた発言よね。

三浦氏については、今まで多くの政治系番組に出演し、(テレビ局に重用されながら)戦争誘導プロパガンダのような発言を繰り返してきていた経緯から見ても、軍産資本と深く繋がっている疑いを持って見てきたけど、せなクンのいうように、(中国包囲外交も陰りを見せてきた中)日本のマスメディアの中でここ最近で強烈な「北朝鮮敵視プロパガンダ」が開始されており、朝鮮脅威論や朝鮮ヘイトを日本国内に(今まで以上)に蔓延させるキャンペーンが行なわれ始めたと見るのが良さそうだ。

三浦氏のこの発言も、そうしたキャンペーンの一環であり、例によって、ネット上でも彼女のこの発言を支持したり擁護する声も多く出てきている状況だ。
どちらにしても、三浦氏は、やはりネオコン軍産の意向を受けて、これらに利益誘導するために、日常的に国民を惑わせ陥れる言論活動を行なっている疑いが強まったということだね。

ネット上では、彼女の発言を機に朝鮮ヘイトがますますエスカレートしていくことを強く懸念する声が多くなっているけど、そもそも、こういう発言を繰り返す人たちが日本のテレビで重用されている現実を重く見るべきだわ。

まさに、本格的な「ヘイト助長」や「戦争プロパガンダ」を、大手のマスメディアが嬉々として民衆に展開しているという”現実”だ。
三浦氏個人の批判もいいけど、もっとこの現実を深刻に考えるべきだし、こうした事実を通じて、日本のマスメディアの「正体」について、もっと国民は目を配り、強く警戒していくべきだね。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket