【怖い】長野・松本市「マウンテンサイクリングin乗鞍」で61人が蜂に刺される!キイロスズメバチか!2人がハチの被害でリタイア!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年8月26日午前10時頃、長野県松本市の乗鞍高原で開催された自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」で大勢の参加者が蜂に刺される事故が発生した。

蜂に刺されたのは61人にも及び、2人がリタイアしたとのこと。参加者を襲ったのはキイロスズメバチとみられており、スタート地点から4キロほどのガードレール付近に巣が作られていたという。

ハチに61人刺され負傷 長野・松本の自転車レース

26日午前10時ごろ、長野県松本市の乗鞍高原で開かれた自転車レース「マウンテンサイクリングin乗鞍」の参加者がハチに刺されたと松本署に通報があった。大会事務局によると、負傷者は61人に上り、いずれも軽傷。少なくとも2人がハチの被害でリタイアしたが、多くが治療を受けてレースを続行したという。

署によると、レースは乗鞍高原の山道を駆け上がる約20キロのコースで、スタートから約4キロ地点のガードレール付近にハチの巣があり、午前8時から9時半の間に通過した参加者が刺された。ハチはキイロスズメバチとみられ、レースでの負傷に備えて待機していた救助隊や医療関係者が治療に当たった。

レースには4千人以上が参加し、午前11時半に終了した。大会事務局は事前のコース点検でハチの巣は見つからなかったとしている。〔共同〕

【日経新聞 2018.8.26.】

自転車レースの大勢の参加者が、攻撃性の強いキイロスズメバチに刺される事故!その数61人!

出典:Wikipedia

ひぃいいい~~っ!!
長野県松本市で、自転車レースに参加された方のうち、61人がハチさんに刺される事故が発生したとのことですぅ~!!
これは、参加者の皆さんもさぞかしパニックになられたことかと思いますですぅ!

参加者を次々刺したのはキイロスズメバチと見られており、これは元来より攻撃性が非常に高く、巣の近くを通っただけでも刺されることがあるとのことで、体長はスズメバチ属の中では小型であるものの、毎年刺される被害が多数報告される種類だそう。(Wikipedia

Twitterでも指摘している人がいるけど、普段は交通量が少ない静かな道路において突如大量の自転車が通過したことにより、ガードレール付近に巣を作っていた蜂がビックリして、その防衛本能から次々参加者を刺した可能性が高そうだね。
(追記:自転車レースの公式サイトによると、ガードレールの支柱の中に巣が作られており、発見することが出来なかったとのこと。)

改めて、スズメバチの高い攻撃性や怖さを感じるし、今後、自転車レースやマラソン、ウォーキング大会などを開催する際には、今まで以上に入念に前もってスズメバチの巣のチェックをした方が良さそうだね。
今回は幸運にも全員軽傷で済んだみたいだけど、場合によっては重症化したり、アナフィラキシーショックによって死亡する危険もある。
中でも、スズメバチの活動が活発化し、子育てのために気が荒くなっている7月~10月くらいの期間は特に気をつけるようにしよう

スズメバチさんも巣作りや子育てで必死だからこそ、ますます凶暴化してしまうんですねぇ…。
なんだか近年は都市部や住宅地にも進出してきているみたいですしぃ、私たちも決して他人事じゃないですねぇ
私も普段から気をつけようと思いますですぅ!

関連記事:【お悩み】自宅の敷地に蜂の巣を作られた!どうすればいい!?

おススメ記事&広告

 
Pocket