【まとも】共産党が「5%消費減税」を打ち出し、れいわと共闘へ!「民主党先祖返り集団」と「減税・廃止派(共産&れいわ)」で野党二分化へ

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月1日、共産党が「消費税減税・廃止を求める、新たなたたかいをよびかけます」と表明し、まずは5%の減税を通じて野党の共闘を呼び掛けていく方針を明らかにした。

・事実上、れいわ新選組との本格的な共闘を進めていくことを表明したことになり、ネット上で多くの賛同と応援の声が上がっている。

・一方で、主要野党の立憲民主党は、国民民主党や野田佳彦元総理らと共闘していく方針を明らかにしており、事実上、消費減税反対(増税容認)を主流とした「旧民主党勢力」減税・廃止を求める「共産&れいわ」で二分化していく動きを見せている。

共産党 消費税5%への減税呼び掛け れいわに同調

共産党の志位和夫委員長は30日の記者会見で、立憲民主党など主要野党に対し、消費税5%への減税に向けた協議を呼びかけたことを明らかにした。れいわ新選組の山本太郎代表が「5%への減税」を次期衆院選での野党共闘の条件に掲げる方針を示しているのを受け、野党の共通政策として掲げることを目指す。

~省略~

【毎日新聞 2019.9.30.】

消費税減税・廃止を求める、新たなたたかいをよびかけます

消費税10%強行に満身の怒りを込めて強く抗議する

本日、安倍政権は、国民の強い反対と危惧の声を無視して、消費税率を10%に引き上げる大増税を強行しました。日本共産党は、国民の暮らしの悪化も、景気と経済を壊すこともかえりみない、この愚行に対し、満身の怒りを込めて強く抗議します。

国民のみなさん。

たたかいはこれからです。この大増税は、強行されたからといって、そのままにしておくことは決してできません。耐えがたい重税によって、暮らしと経済が土台から破壊されることを、座視するわけにはいきません。

私たちは、この日にあたって、消費税の減税と廃止を求める新たなたたかいをおこすことを、心から訴えるものです。

~省略~

【日本共産党 2019.10.1.】

「消費減税派」を中心に”新しい野党勢力”を大きくしていかない限り、国民のさらなる貧困化とグローバリズムを止めることはできない!

いよいよ消費税が10%になってしまいましたが、そんな中、共産党が5%の消費減税を大々的に打ち出し、れいわ新選組と共闘していく方針を明らかにしました。
立憲民主や国民民主は、野田佳彦元総理らも仲間に入れたうえで、「旧民主党の再結成」のような動きを見せていますが、どうやら、野党の中で「増税容認派」と「増税絶対反対&減税・廃止派」に二分化していきそうな動きになってきましたね。

要は、連合などのグローバル資本勢力と強い結びつきがある(安倍政権に近しい)野党勢力と、グローバル資本勢力と距離を置きながら、「真に国民に寄り添った政治」を提唱している野党勢力とに分かれてきたという感じだね。

ネット上では、こうした共産党やれいわの動きに対して、「せっかくの共闘の動きを壊すな」などと激しく怒っている野党支持者がいるけど、こうした野田元総理らを中心とした「民主党大敗時の先祖返り」みたいな野党結集をしたところで、安倍政権下でどんどん加速しつつあるグローバリズムの動きを止めることは困難だし、どんどん貧しくなってきている国民の生活が改善することはありえないだろう。
なんせ、安倍政権が実行した「8%消費増税」を最初に打ち出したのが野田元総理だし、彼が共闘の中心にいる限り、「国民のための政治」が実現するはずもないどころか、かえって安倍政権を利するだけなのではないかな。

何と言っても、野田元総理は、安倍政権の独裁状態(日本の民主主義の破壊)を生み出してしまった張本人ともいえるような存在ですからね。
私たちにとっては、まさしく安倍総理に次ぐほどの「国民の敵」と言えるような存在ですし、あそこまで国民への裏切りをしておきながら、今でもしっかりと権力を維持しているのを見ても、グローバル資本勢力が「非常に使える人物」として彼を支援しているということなのでしょう。

こうした「(大敗・下野時の)民主党の先祖返り」のような動きに参加している枝野氏を見ても、どうしても「グローバリストの傀儡政治家」との疑いが増してきてしまうし、いつまでも、これらの”消費期限”を過ぎたような「旧民主党集団」に依存し続けるなら、いっそのこと、れいわと共産との共闘を軸に、グローバリストと距離を置いた「新しくフレッシュな人材」を、国民自身が主体となってどんどん国会に送り込んでいった方がよほどいいだろう。
政権を奪取した時の(鳩山・小沢を中心とした)民主党はなかなか良かったけど、みるみるうちに、民主党内の良心的な反グローバリズム勢力がどんどん無力化・駆逐されていって、野田政権の頃には、すっかり、国民生活よりも大企業(グローバリスト)の利益を優先する政党に成り下がっちゃったからね。

考え方を変えてみると、当時の民主党政権の誕生とその後に待っていた崩壊は、「国民に寄り添った政治勢力を完全につぶすために行なわれた、グローバリストの謀略」との見方もできるだろうし、その後の「安倍政権の誕生と独裁化」をあらかじめ”計画”していた中で、民主党があのように崩壊していったようにも見えてきてしまうんだよね。

どちらにしても、民主主義社会における野党勢力は、(グローバリストとは距離を置きながら)国民生活に寄り添った政策を積極的に打ち出すべきですし、安倍政権との明確な対立軸を示しながら、さらなる庶民の貧困化を生み出し、日本経済の崩壊をもたらすことにも直結する消費増税の反対や、減税・廃止の政策を掲げるのは、まともな野党であれば当たり前のことです。

ネットを見ると、野田元総理などの旧民主党勢力の支持者らしき人たちが、共産やれいわを叩いている動きもみられるけど、こうした人々は、基本的には安倍政権の支持者と同じグローバリストと考えるべき(あるいは知らずのうちにグローバリズムに洗脳されている人々)だろう。

それだけ、今の日本においては、「国民のための政治を行なう」ことが究極的なまでに困難になってきているということだし、それだけ、連合や経団連などをはじめとした(バックには国際銀行家や軍産複合体)グローバル資本勢力が日本の政界の中で、与野党問わずに強大な権力を握りつつあるということだ。

このような状況になってしまっている以上、ボクたち国民にとっては、グローバリストと明確に距離を置いている共産やれいわを支援し大きくしていくしか方法はないかと思うし、当サイトでは、消費減税や廃止を打ち出している野党勢力を積極的に応援していこうと思うよ。

Pocket

 

 関連記事