【怖すぎ】凝った首をほぐす「首ポキ」で脳卒中に!「動脈破裂・左半身麻痺」で28歳男性が緊急入院!(米オクラホマ州)

Pocket

どんなにゅーす?

・首筋を伸ばそうと「首ポキ」をした男性が、首の骨に繋がる動脈破裂による脳卒中で左半身麻痺を引き起こし、緊急入院する事態に見舞われたニュースが世界で話題になっている。

・悲劇に見舞われたのは、米オクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。医師によると、首をひねり音を鳴らした際に、首の骨につながる動脈が破裂したとみられており、ジョシュさんは集中治療室で4日間過ごした後入院治療を受けた上に、「2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも困難な症状」にも襲われたという。

・現在はリハビリによって自立した生活を送れるようになったものの、現在も体の左側が少し痛み、前ほどは自由に動かせなくなったという。

「首ポキ」で脳卒中、左半身まひで入院 米男性

(CNN) 首の痛みを覚えて伸ばそうとしたら、ポキッという音。次の瞬間、左半身がまひし始めた――。米国の男性が取材にそんな経験を振り返った。

男性はオクラホマ州ガスリーに住むジョシュ・ヘイダーさん(28)。この時は氷枕を取りに台所に向かったが、まっすぐ歩くことができなかった。「どうしても左約45度の方向に進んでしまった」と振り返る。

義父に連れられて緊急救命室に入り、血栓を溶かす薬を投与された。その後は規模の大きなマーシー病院に転院し、集中治療室で4日間を過ごした後、さらに入院治療を受けた。

マーシー病院で治療に当たったバンス・マコロム医師は「音が鳴った際、首の骨につながる動脈が破裂してしまった」と解説。首をひねったことで血管が切断されたとの見方を示す。

同病院に搬送されてきた際、ヘイダーさんはまひや、物が二重に見える複視などの症状を呈していた。血管を撮影したところ、動脈に損傷があることが判明したという。

この出来事が起きたのは3月14日。リハビリを経て、現在は自立した生活を送ることができている。

「今は車いすや杖(つえ)なしでも歩けるが、前よりずっと疲れやすくなった」とヘイダーさん。「体の左側が少し痛むし、以前より重く感じられる。前ほどは自由に動かせない」と語る。

しゃっくりが止まらなくなるという奇妙な症状にも見舞われた。「卒中後2週間しゃっくりが止まらず、しまいには数秒間息をすることも難しくなった。怖かった」

~省略~

【CNN 2019.5.3.】

何気なくやった「首ポキ」が、ここまでとんでもない事態に!

ひぃいい~っ、首の疲れを感じて何気なくやった「首ポキ」が、まさかここまで大変な事態になってしまうなんてぇ~っ!!
「首ポキ」って実はこんなに危険なものだったんですねぇっ!

いやあ、これは恐い
首は「頭と胴体を繋ぐ部分」であり、運動神経や自律神経や感覚神経、さらには消化器や気管、動脈までもが狭くなった部分に凝縮しているために、身体の中でも弱点であり急所の一つといえる。
手足がちぎれても、適切な処置をすれば死ぬ可能性はそこまで多くないけど、首がちぎれると間違いなく死ぬし、それだけに、普段から首に無理な負担をかけたり強引にひねったりするのはとにかくやめた方がいいだろう。

日常生活において、自然な体勢で動かしたり、準備運動で首を回すくらいであれば問題ないかと思うけど、音を鳴らすために無理に力を入れてひねったりすると、一歩間違えるとこの男性のように、動脈の破裂などによる脳卒中(脳梗塞)を引き起こし、場合によっては深刻な麻痺や命に関わるような事態に発展する恐れがあるということだね。

私は幸い首を鳴らすクセはありませんけど、お父さんが時々首を鳴らしているのを小さい時からみますですぅ。
お父さんにこのニュースを教えた上で、今後は絶対に「首ポキ」しないように、強く伝えておきますですぅ!

ボクは、(肩こりがひどい時などに)肩をボキボキ鳴らすクセがあるんだけど、これもやめておいた方がいいのかな…。
とにかく、「首(頸部)」は人間の中で非常に重要な上に繊細な部位であることを認識した上で、普段から無理な負担をかけないように気をつけておくのが良さそうだね。

Pocket

 

おススメ記事&広告