【知っ得】高速道路で降りる予定のICを通り過ぎた時、どうすればいい!?こうすれば安全かつ余分なお金もかからない!

Pocket

どんなにゅーす?

「高速道路を利用したものの、降りる予定だったインターチェンジを通り過ぎてしまった」こんな時にどうすればいい?

・このような想定外の”ハプニング”が起こった際に、安全かつ余分なお金もかからないベストの方法を紹介。

通り過ぎた先のICの料金所で「有人(一般)のレーン」に入り、「誤って通り過ぎてしまった」ことを申告する

行き先を間違えてしまった!行き過ぎてしまった!

高速道路での転回(Uターン)は絶対にしないでください

Uターン禁止
高速道路は一方通行です。間違えて入ってしまったり、降りるインターチェンジを通り過ぎても本線上や料金所付近でのバックや転回(Uターン)は絶対にしないでください。また、サービスエリア・パーキングエリアでは、本線車道に戻る際に進行方向を間違えないように注意してください。

~省略~

間違えて、目的のインターチェンジを行き過ぎてしまった!

目的のインターチェンジを行き過ぎてしまった場合は、高速道路上でバックやUターン(転回)はせず、そのまま走行し、次のインターチェンジで降りてください。インターチェンジ出口では料金所スタッフがいるレーンをご利用いただき、料金所スタッフにお申し出ください。
目的のインターチェンジまでお戻りいただけるようご案内しますので、料金所スタッフの指示に従ってください。
その際の通行料金は当初流入インターチェンジから目的のインターチェンジまでの通行料金となります。
なお、インターチェンジの構造等によっては対応できない場合がありますので、あらかじめご了承ください。

【NEXCO中日本】

通り過ぎた次のICで「ETC・一般共用レーン」に入る場合、あらかじめETCカードを抜くこと(抜かないと料金がカウントされる)

えええっ!?うっかり間違ってICを通り過ぎてしまった場合、こんな方法があるですねぇ~!

ボクは今まで間違って通り過ぎたことはないけど、このように、安全にかつ余分なお金がかからない方法があるなんて、全く知らなかったよ。
抑えておくべきポイントは、「有人の(一般)レーンに入って申告する際、ETCとの共用レーンだった場合は、あらかじめETCカードを抜いておくこと」みたいで、こうすれば、予定していたICまで安全に戻ることが出来、かつ余分な料金はかからないで済むとのこと。
(係員の指示に従って予定していたICに戻った場合も、先と同様に有人のレーンに入って申告をする。)

また、一般道から間違って入る予定のない高速のICに入ってしまった場合は、通行券を受け取る機械に備え付けてあるインターホンを通じてその旨を伝え、係員の指示に従って戻ることができるとのこと。
しかし、首都高など、中にはUターンが不可能なICもあり、こういう場所に入ってしまった場合、残念ながらUターンや返金は不能とのことで、こうなると、諦めて次のICまで行かなければいけないようだね。

いずれにしても、間違っても独自の判断で無理矢理Uターンをしたり、最悪の大事故に繋がる「逆走」だけはしないように十分に気をつけるようにしよう。

出来る限り、降りる予定のICを通過してしまったり、間違って入ってしまう事態は避けたいものだけど、知らない道などを走っているとついつい起こってしまうことも大いに考えられるので、こうした知識を持っておくだけでも損はないかなと思うよ。
良かったらみんなも参考にしてみてね

はぁい!!
私も免許を取って車を運転するようになった時には、是非ともこれを覚えておいて、万が一の時には焦らないようにしたいと思いますですぅ!

おススメ記事&広告

 
Pocket