自民・鴻池祥肇元防災相が死去 森友事件に関する会見で大きな話題に!山本太郎議員「『野党おとなしすぎるぞ』が先生から戴いた最後の言葉でした」

Pocket

どんなにゅーす?

・小泉政権で防災相、麻生政権で官房副長官を担当した自民・鴻池祥肇参院議員(78)が死去したことが伝えられた。

・鴻池氏は、17年に森友疑獄において、籠池夫妻から国有地取引の件で便宜を図ることを求められたことを認める会見を開き、籠池氏の妻から差し出された封筒について「金なのかコンニャクなのかは知らん」などと発言し、大きな話題になった。

鴻池祥肇元防災相が死去 籠池夫妻めぐり会見、話題に

防災相などを歴任した自民党の鴻池祥肇(こうのいけ・よしただ)参院議員が死去したことが、25日分かった。78歳だった。複数の関係者が明らかにした。

鴻池氏は兵庫県尼崎市出身。運送会社社長や日本青年会議所会頭などを経て、1986年から衆院議員を2期務めた。95年に参院に転じ、4期目だった。

小泉政権で防災相、麻生政権で官房副長官を務めた。体調や高齢を理由に来年夏の参院選に立候補せず、今期限りで引退する意向を固めていた。

2015年には安全保障関連法案を審議した参院特別委員会の委員長を務めた。与党が委員会採決を強行したが、法成立後、「こういう大事な法案は、できるだけ、合意形成に近づけたかったというのが思いだし、反省だ」と述べた。

森友学園への国有地取引問題をめぐって昨年3月に記者会見を開き、理事長だった籠池(かごいけ)泰典氏と妻から「紙に入ったもの」を面会時に渡され、「投げ返した」と説明。「金なのかコンニャクなのかは知らん」と述べ、話題になった。

~省略~

【朝日新聞 2018.12.25.】

森本疑獄のキーマンの一人・鴻池元防災相の「突然の訃報」に、驚きと惜しむ声!

出典:日テレNEWS24

ええっ…あの、森友事件で印象的な会見を開いたあの鴻池さんが亡くなっていたなんて…っ!!
これは私もビックリだし、つい最近まで元気な様子を見せていた様子だったみたいだけど…。

ボクも、この突然の鴻池氏の訃報には驚いてしまったよ…。
森友疑獄での「こんにゃく発言」も大きな波紋を呼んだけど、安保法強行裁決時の委員長だったりと、何かと話題になる機会が多かった上に、野党議員に対しても日頃から交流を持ったりエールを送るなど、義理堅く人情がある一面もあったようだね。
ある意味、一昔前の自民党や日本社会を象徴するような、「どこか憎めない”頑固親父”みたいな議員」だったし、予想以上にかなり早くにあっけなく逝ってしまった感じがするね。

学園にも足を運んだことがあった鴻池氏は森友事件に関する内情を多く知っていたはずだし、多くの「秘密」を墓場まで持っていってしまったのは本当に残念だけど…気概のある野党やジャーナリストたちには、是非とも、今後も粘り強く調査や取材を続けて、自民・維新・日本会議・大手金融機関など、複雑で壮大な相関関係や「多くの深い闇」をはらんだ巨大疑獄の真相究明を続けていって欲しいと思うよ。
(ちなみに、19年の夏に参院選が行なわれることから、欠員による補選は行なわれないとのことだ。)

山本太郎議員や小池晃議員のツイートを読んでも、鴻池さんの豪快で大らかだった人柄が伝わってくるし、こういう話を聞いても、最近の安倍政権の主流派議員の激しい劣化(カルト化)をますます強く感じてしまうわね…。
鴻池議員のご冥福をお祈りしたいと思うわ。

Pocket