【衝撃】河野外相、北方領土が「日本固有の領土」かの明言避ける!ネット「これぞ本当の売国」「強者(露)には媚びて、弱者(韓)にだけ強く出る安倍政権」

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍政権が、北方領土交渉でロシアに大幅譲歩する懸念が多く上がっている中で、河野外相が「(北方領土は)日本固有の領土か?」との問いに対して、「交渉の前なので、政府の考えについて申し上げるのは一切差し控えたい」と明言を避けたことに、ネット上で衝撃と怒りの声が噴出している。

河野外相「固有の領土」明言せず
北方四島、交渉への影響懸念

河野太郎外相は22日の会見で、北方四島が日本の領土に当たるかどうかについて、明言を避けた。「わが国固有の領土か」との問いに「交渉の前なので、政府の考えについて申し上げるのは一切差し控えたい」と述べた。

来年1月にも見込まれる安倍晋三首相のロシア訪問を控え、自身の発言が領土交渉に影響を与えることを懸念し沈黙を決め込んだ形だ。関係閣僚が「北方領土は固有の領土」とする発言を回避するのは異例。原則的立場を明らかにしない河野氏の姿勢は、議論を呼ぶ可能性がある。

~省略~

【福井新聞 2018.11.22.】

河野外相の衝撃「売国発言」に野党や国民から怒りが殺到!一方、安倍シンパの「エセ保守集団」は、河野氏に怒る共産議員に嫌がらせツイート!

出典:Twitter(@I_hate_camp)

出典:Twitter(@I_hate_camp)

安倍政権による「北方2島の売り渡し路線」に懸念が広がっている中で、河野外相がこれまでの政府姿勢を覆しかねないような発言を行ない、ネット上で驚きと怒りの声が殺到しています。
本来であれば、保守勢力からこそ、強い警戒感と凄まじい怒りの声が噴出するような事態かと思うのですが、普段から安倍政権を強く支持している「自称保守愛国」の人々は、相変わらず静まりかえっている状況ですね。

いやはや、「オムレツ太郎(またはバスタブ太郎)」氏が見事にやらかしてくれたね。
この発言を受けて、早速ロシアのメディア(イタルタス通信)もこの件を報じているし、いよいよ安倍政権がロシアに大幅譲歩する路線が目に見える状況になってきたね。

ネットの声をざっと見たところ、共産党の志位委員長が「北方領土は安倍総理の私物ではない」と怒っているけど、本当にその通りだ。
安倍総理がやっているのは、日本の領土を完全に「私物化」した上で、プーチンに気に入ってもらえるように、これまで日本政府が「自国の領土」と主張し続けてきた北方領土を適宜プレゼントしようとしている状況であり、当然のごとく、日本国や日本国民のための政治を求めている人々は、揃って怒りの声を上げるような事態だろう。

ところが、普段から安倍総理を熱烈に支持してきた「自称保守・愛国」の連中は、この事態にもダンマリどころか、安倍総理の売国に怒っている共産党の議員に意味不明の嫌がらせツイートを送っている連中もいるほどで、見事なまでに「その正体」を剥き出しにしているね。

つまり、安倍政権を熱烈に支持しては、安倍総理に怒る国民や野党を中傷してきた「自称保守・愛国」の連中は、単に自分の利権や金儲けを保守するために活動していた「守銭奴」か、本物の「売国奴」ということだろう。

安倍政権のその詐欺性や売国性が次々明らかになっていく中で、どんどん日本国内で醸成されてきた歪んだ構図や壮大なペテンが明るみになってきていますね。
今の日本は、安倍政権こそが、グローバル資本勢力や米露中の大国の利益のために邁進する「売国勢力」で、共産党や自由党などの安倍政権と大きな距離を置く(弱小の)野党こそが、日本国や日本国民の利益を守ろうとする「保守勢力」という構図になっています。

つまり、安倍政権や自民党が「日本を守る保守勢力」というウソの情報を繰り返し国民に刷り込むことによって、戦後に自民党を作った)グローバル資本勢力が長年にわたって日本国民の富を大量に吸い上げ、詐取してきたということだ。
そろそろこうした詐欺の構図にボクたち国民は明確に気がつく必要があるし、まずは日本国民に強力に植え付けられきた「右翼」やら「左翼」やらの概念を捨て去る必要があるのではと思うよ。

そして、北方領土交渉はいよいよ私たちが懸念していたとおりの展開になってきているので、今後も厳しい目を持ってウォッチしていく必要がありそうですね。

Pocket

 

 関連記事