■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【不気味な茶番臭】北朝鮮が日本上空を通過するミサイル発射!各地でJアラートのサイレンが鳴り響く!グローバル軍産勢力による日本国民に軍事脅威を煽る動きが激化!

【不気味な茶番臭】北朝鮮が日本上空を通過するミサイル発射!各地でJアラートのサイレンが鳴り響く!グローバル軍産勢力による日本国民に軍事脅威を煽る動きが激化!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年10月4日午前7時22分ごろ、北朝鮮が弾道ミサイル1発を発射NHKは「東北地方の上空を通過したあと、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の太平洋に落下したとみられる」と報じた

・これに伴い、政府がJアラートを発令し、テレビでは緊急特番が放送され各地で避難を呼びかけるサイレンが鳴り響く事態に。グローバル軍産勢力による日本国民に軍事脅威を煽る動きが激化している可能性があり、ネット上で様々な疑いの声が上がっている。

北朝鮮ミサイル 過去最長の飛行距離 岸田首相「暴挙で強く非難」

~省略~

防衛省によりますと、4日午前7時22分ごろ、北朝鮮内陸部から弾道ミサイル1発が東の方向に発射されました。

ミサイルは東北地方の上空を通過したあと、日本のEEZ=排他的経済水域の外側の太平洋に落下したとみられています。

政府関係者によりますと、ミサイルは発射後、およそ20分間、4000キロ以上飛行し、日本列島の東3000キロ余りの海域に落下した可能性があるということです。

防衛省などによりますと、これまでのところ、被害の情報は確認されていないとしています。

この発射に関連して、政府は、人工衛星を通じて自治体などに緊急に情報を伝えるJアラート=全国瞬時警報システムやエムネット=緊急情報ネットワークシステムで情報を発信しました。

北朝鮮による弾道ミサイルの発射について、政府がJアラートやエムネットで情報を発信したのは、5年前の2017年9月15日以来です。

北朝鮮は、アメリカ軍と韓国軍が9月下旬に日本海で共同訓練を行ったことなどに対して反発を強め、9月25日以降、1週間で弾道ミサイルを4回発射していました。

北朝鮮によるミサイル発射は、巡航ミサイルも含めてことし23回目です。

岸田首相「暴挙で強く非難」

岸田総理大臣は午前8時過ぎに総理大臣官邸で記者団に対し「先ほど北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、我が国上空を通過し、太平洋上に落下したとみられる。最近の度重なる弾道ミサイルの発射に続く暴挙であり、強く非難する」と述べました。

~省略~

青森県 太平洋沖の大型のイカ釣り船などに被害なし確認

青森県水産振興課によりますと、北朝鮮によるミサイルが発射された当時、青森県の太平洋沖では大型のイカ釣り船など合わせて4つの船が漁に出ていましたが、午前8時の時点でいずれも被害はないことが確認されたということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.10.4.】

統一教会問題で岸田政権に批判が集中する中、(教団と直で通じる)北朝鮮がミサイルを発射し、(こちらもまた教団と通じる)日本政府はJアラートで日本国民に向けて恐怖と不安を盛り上げ!

出典:TBS NEWS DIG

またしても、何ともおかしなことが起こったわね!
岸田政権は統一教会問題で支持率が大きく低下しているけど、(日本政府と同じく)統一教会と深く繋がっている北朝鮮が日本を飛び越えるミサイルを発射し、政府やマスコミが日本国民に恐怖や不安をしきりに刷り込んでいるのだから、何から何まで茶番臭がプンプンだわ!!

Jアラートのサイレンを各地で高らかに鳴らして日本国民を不安やパニックに陥れようとしたのかもしれないけど、上の動画を観る限り、街行く人々は誰も相手にしていない様子だけどね。
ていうか、防衛省は迎撃ミサイルを撃たなかった(「日本国民に危害が加わることはない」と判断したということだろう)とのことだけど、それならどうしてJアラートを盛大に鳴らして「建物の中や地下に避難してください」と呼びかけたのか?
何から何までが矛盾してておかしな点がてんこ盛りだし、やはり、統一教会を介してそれぞれが深く繋がっている日米朝による茶番劇の疑いが非常に強い

私たちは、北朝鮮について、日本や韓国とも同様に、グローバル軍産資本がアンダーコントロールしている傀儡国家であることを疑っているけど、統一教会そのものが日米韓朝を股にかけて各国の政治に強大な影響力を及ぼしているグローバルカルト教団ですし、今回の奇妙な茶番劇も、日本における統一教会追及キャンペーンに水を差して、人々の関心を他に逸らすために仕組まれたパニックイベントの疑いがあるわね!

ここで注意しないといけないのは、グローバル資本勢力の連中は、「本当に一般市民を大量に殺す茶番劇も何の躊躇もなく行なう」ということだ。
過去の世界大戦もいわば「市民の大量虐殺を伴った地球規模の茶番劇」だったし、ただのマッチポンプの安っぽい芝居ではなく、取り返しがつかないほどの大量虐殺や破滅を伴った茶番劇に日本が巻き込まれる危険が高まってきていることを頭に入れておかないといけない。
一部では北朝鮮が核実験に踏み切る危険性を唱える声も出ているし、今回のような茶番劇をネタにして、岸田政権が憲法改悪を強行し、仮想敵国同士による戦争(破滅を伴う茶番劇)が引き起こされることも真剣に危惧していかないといけない

確かに、アメリカと激しい戦争をした大日本帝国は、ロスチャイルドやロックフェラーと深く通じていた長州テロリスト連中によるグローバル傀儡国家だったし、この時と同じような「大きな破滅を伴った茶番劇」がアジアで引き起こされる危険が高まっているということね。

統一教会への追及の機運が大きくなるほどに北朝鮮による日本への挑発行為がエスカレートしてきているのも気になるし、ネオコン戦争屋連中の最近の動きをみても何とも言えない気味の悪さがある。
(ただでさえろくに統一教会の問題を取り上げていない)NHKはここぞとばかりに特集番組を組んで北朝鮮の軍事脅威を煽っているみたいだし、今後の北朝鮮と、日本のマスコミ、米イスラエルの戦争屋連中の動きをそれぞれ注視していくとしよう

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事