■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【超異例のバタバタさ】岸田総理が「衆院解散」を宣言!”戦後最短”の解散&選挙戦に!岸田総理「与党で過半数を確保することが勝敗ラインと考えている」

【超異例のバタバタさ】岸田総理が「衆院解散」を宣言!”戦後最短”の解散&選挙戦に!岸田総理「与党で過半数を確保することが勝敗ラインと考えている」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年10月14日、岸田総理が衆議院の解散を宣言政権発足後最も短い期間で衆議院解散となり、19日公示・31日投開票の日程が確定した。

岸田総理は「与党で過半数を確保することが勝敗ラインだと考えている」とコメント。一部のメディアでは自民党が大きく議席を減らすことが予測されている中、政権を選択する重要な選挙に勝利すべく、与野党が一気に慌ただしく動き始めた。

【詳報】衆議院解散 総選挙へ 一日の動き

岸田総理大臣は衆議院を解散しました。各党は、今月19日公示、31日投開票の衆議院選挙に向けて事実上の選挙戦に入ります。新型コロナウイルス対策や経済政策などが争点になる見通しで、各党は、事実上の選挙戦に入ります。

~省略~

衆議院の解散を受けて、岸田総理大臣は14日夜、記者会見し今回の衆議院選挙は「未来選択選挙」だとして、「コロナ後の新しい未来を切りひらいていけるのは誰なのか選択いただきたい」と支持を呼びかけました。

また、衆議院選挙の勝敗ラインについて「従来から申し上げてきたが、与党で過半数を確保することが勝敗ラインだと考えている」と述べました。

~省略~

きょうの衆議院の解散は、岸田総理大臣が今月4日に就任してわずか10日後の解散となりました。

総理大臣就任から解散までの期間は戦後最短となりました。

これまで最も短かったのは、昭和30年に当時の鳩山一郎総理大臣が、就任から45日後に解散したときでしたが、これよりも35日短くなりました。

また、今回は、解散から投開票までの期間も17日と、こちらも戦後最短で、異例の短期決戦となります。

憲法54条では「解散の日から40日以内に衆議院選挙を行う」と規定されていることから、これまでは解散から30日程度で選挙が行われることが多くなっていました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.10.14.】

NHKは今回も「お笑いフォント」で衆院解散を盛り上げ!史上最短の解散&選挙戦に野党は大わらわ!

岸田総理が、当初の予測通りに「政権発足後史上最短」で衆議院の解散を宣言
まさに”バタバタ状態”の中で、31日の投開票に向けて、「次の政権」を決める非常に重要な選挙戦がスタートしました。

出た~~~っ!!
前回に続いて、NHKしゃんがこの「金ぴかお笑いフォント」で衆院解散を盛り上げてきたにゃ~~!!

おー出た出た!
4年前にもこのフォントが大きな話題になって、当サイトでもネタにしたけど、こりゃNHK、狙ってやってるとしか思えんな。

●過去参考記事:【なんじゃこりゃ】NHKが表示させた「衆議院解散」のテロップがネット上で話題に!「このフォントのセンスは…」「『5000兆円欲しい!』みたい」

…さて、そろそろ本題に入ろうかと思うけど、今回の衆院選における最も大きな問題(テーマ)は、このあまりにも短い選挙戦の中で、野党がどれだけ、国民に寄り添った魅力的かつ大胆な公約を発表しつつ、各野党間でうまくまとまり、効率的に候補者を立てることが出来るかということだ。
野党が大きく躍進しないかぎり、自民・公明・維新によるグローバリズムの深化を止めることは難しいし、簡単に言えば、自民党が今回も安定数を確保した場合、既存の民主主義システムがいよいよ土台まで崩れ去っては、ワクチンパスやマイナンバーなどを柱とした「デジタル監視奴隷社会(グローバル共産主義社会)」が近い未来に本格的に到来することになる。

自民党の議席が微減しただけではこの流れを止めることは不可能ですし、少なくとも、野党が過半数に迫るまでに大きく議席を増やさないといけない状況のはずなのですが…果たしてどうでしょうか。

少なくとも、先の「東京8区騒動」のようなゴタゴタや内紛を繰り返している限りは絶対に無理だし、やはり、最大の問題は立憲だろう。
立憲が連合などの(”上流階級労組”の)顔色ばかりうかがいつつ、グローバリズムにどんどん傾斜し、共産党やれいわとの連携や協調をぶち壊そうとすれば、必然的に選挙に負けるし、まさしく、枝野氏が「グローバリストの犬」になるか、それとも「国民の味方」になるかによって、勝敗の明暗を分けることになるだろう。

その上で、無党派層の関心を大きく引き、投票率を大きく上げないと、野党が大きく躍進することは難しいですし、どちらにしても、私たち庶民にとっては非常に難しい戦いになることは確実です。

だからこそ、(「消費税廃止」などの)出来るだけ分かり易い大胆で魅力的な公約を掲げることが大事なうえに、なおかつ、この「超短期決戦」の中で野党同士で密に連携して候補者を統一させていかないといけないし…まさに、難しい課題や問題がてんこ盛りだね。
一部メディアでは、自民党が大幅に議席を失うことを予想する記事も出てきているけど、これは、野党側を油断させるためのフェイク情報の可能性もあり、要注意だ。
野党側が最上級の危機感を持って万全の選挙戦を戦わないと、日本の既存の民主主義システムや憲法で定められている自由を守ることはできないと考えているし、前回の衆院選時のように、今回もまたあっと驚くような”野党共闘潰しの奇策”が飛び出す可能性も大いにあるからね。

まさに、私たちにとっては、数多くの難関や関門が立ちはだかっている状態ですし、(グローバリストが仕掛ける)あらゆる罠や落とし穴にも細心の注意を払っていかなければなりません
とにかくも、一人でも多くの反グローバリズム系の議員を国会に送り込んでいく必要がありますし、私たちもこれまで以上の緊張感をもって情勢をウォッチし、皆さまにお伝えしていこうと思います。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事