【批判殺到】「運動員に違法報酬支払い」検察が河井夫妻ら全員を不起訴に!克行被告の「ジャガイモ配り」や「秘書へのスピード違反強要」も全て不起訴に!

Pocket

どんなにゅーす?

・河井克行元法相夫妻による大規模選挙違反(買収)事件について、検察は、運動員に違法な報酬を支払った容疑について、河井夫妻とカネを受け取った運動員全員を不起訴処分にすることを決めた。

・また、克行被告が有権者にジャガイモなどを配ったされる公選法違反の疑いや、車を運転していた秘書にスピード違反を強要したとされる事件(道交法違反容疑)についても、検察は全て不起訴にすることを決定。この事態に対し、国民から検察に対して怒りの声が噴出している。

河井前法相夫妻を不起訴 車上運動員に違法報酬疑い 速度違反教唆容疑も

参院議員の河井案里被告(46)が初当選した昨年7月の参院選広島選挙区で車上運動員14人に違法な報酬を払ったとされる公選法違反事件で、広島地検が案里被告と夫の前法相克行被告(57)=衆院広島3区=を不起訴処分にしたことが10日、関係者への取材で分かった。嫌疑不十分とみられる。地検は、違法報酬を受け取った車上運動員の刑事処分をしない方針も固めたもようで、同事件の捜査は終結する見通し。一方で、大規模買収事件については原資などの捜査を継続しているとみられる。

この事件では、昨年7月19~23日に車上運動員14人に法定上限の2倍の1日3万円の報酬計204万円を渡したとして、同法違反(買収)の罪で起訴された案里被告の公設第2秘書立道浩被告(54)が広島地裁で懲役1年6月、執行猶予5年の有罪判決を受けて控訴中。克行被告の政策秘書だった高谷真介被告(44)も起訴され、広島地裁で公判が続いている。

~省略~

公選法では買収目的の現金を受け取った側も罪に問われるが、関係者によると地検は車上運動員14人全員の刑事処分を見送る方針を固めた。報酬額などを考慮したとみられる。

ただす会は、克行被告が昨年10月ごろにジャガイモなどを有権者に配ったとされる公選法違反容疑のほか、同10月に陣営スタッフに対し、広島県内の高速道路で法定速度を60キロ上回る140キロの速度で走行させたとする道交法違反(教唆)容疑でも刑事告発していた。同会によると、地検がいずれの容疑についても8日付で不起訴処分にしたとの通知を受けたという。

【Yahoo!ニュース(中国新聞) 2020.7.11.】

安倍一派の「長州パワー」はいまだ強力に健在か!?またも「金額が少ない」との理由で起訴が見送られる展開に!

出典:YouTube

またしても、検察による不可解な不起訴のケースが出たわねっ!!
ウグイス嬢の人たちに違法な報酬を渡したについては、すでに案里被告の秘書が逮捕されて有罪判決まで出ているっていうのに、どうして河井夫妻が「嫌疑不十分」との理由で不起訴になってしまうのか、ちょっと意味が分かんないんだけど…!!

河井夫妻については、多くの地元議員にカネを配った容疑で既に逮捕・起訴されているものの、こちらの件については、あまりに不可解な展開になってるね。
なんせ、この「ウグイス嬢に対する違法報酬の件」については、関係者同士で「河井ルール」との隠語でやり取りされているLINEの存在まで大きく報じられてきたし、どこからどう見ても、克行被告本人が以前から常習的にウグイス嬢に違法な報酬を払っていたうえに、今回も自らの秘書と案里被告の秘書に指示を出して違法報酬を払わせていたのが丸分かりではないか。

加えて、秘書へのスピード違反強要や有権者にジャガイモなどを配っていた件についても、全て不起訴にしてしまったみたいだし、全体の構図を見ていると、どうも、菅原元経産相や黒川元検事長を不起訴にした件とのバランスを取ったというか、一種の「つじつま合わせ」を行なったように見えてくるし、「少ない金額だったからOK」みたいなパターンがいよいよ常態化してきた感じがするね。

つまりは、「安倍トモ関係者の場合は『多少の違法行為』なら問題なし」みたいなお墨付きを検察自らがやってしまったも同然で、今後は、この程度の違反行為なら「どれだけやってもOK」ってことになってしまったってことね!!
こんなの狂ってる!マジで狂ってしまってるわっ!!

そして、こうした検察の動きを見ていると、いよいよ、日刊ゲンダイが報じた「検察が安倍一派とすでに手打ちし、1億5千万円の闇と、安倍事務所の選挙資金ネコババ疑惑には触れないことで同意」の疑いがより一層増してくる事態になってきた。
まさに、「長州安倍特権恐るべし」という事態だけど、それだけ、安倍政権も検察も、どちらもグローバル資本勢力のてのひらで転がされていては、ともに売国行為や日本国家の破壊を繰り返している限り、その地位は永遠に安泰…ということだね。

…ということで、どうも事態が良くない方向に向かってしまっているように見えるけど、もし、本当にこのまま”本丸”に踏み込むことなく、一連の捜査を全て終了させてしまった暁には、日本の検察の信頼が戻ることは永遠にないのは間違いないことだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事