【やば…】加藤官房長官、「ワクチン接種は個人の自由意思に委ねる」と説明しつつ、裏では「俺は射たねーよ」!→ネット「やっぱそういうことか」「俺も射たねーよ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年11月19日、新型コロナウイルスの感染拡大を受け、ワクチン接種を国民の「努力義務」と位置づけ全額国が費用を負担する「予防接種法改正案」が全会一致で衆院通過した中、加藤官房長官は同日の記者会見の中で、「接種するかどうかは最終的に一人ひとりが自ら選択することになる」と説明。「ワクチン接種の判断は個人の自由意思に委ねる」との考えを示した。

・一方、19日発売の週刊新潮では、加藤官房長官が「俺は射たねーよ」などと語ったなどと報じており、日本政府が全力で推し進めているグローバル製薬企業による新型コロナワクチンのリスクや危険性について、国民の間で様々な意見が上がっている。

新型コロナ ワクチン費用「国負担」予防接種法改正案 衆院通過

~省略~

予防接種法の改正案は、ワクチンの接種を国民の「努力義務」と位置づけ、接種は市町村が行い、費用は全額国が負担するとしています。

また、健康被害が確認された場合は、医療費の支給などを行うほか、健康被害を受けた人に製薬会社が賠償した場合は、国が損失を補償することも盛り込まれています。

19日の衆議院本会議では、最初に討論が行われ、立憲民主党は、「ワクチンの接種は、からだに影響を及ぼすリスクもあり、副反応などの情報を迅速に公開してほしい」と求めました。

また、共産党は、「海外で有効性や安全性が確認されたワクチンでも、日本人に同じ効果を保証するものではなく、接種を『努力義務』とすべきではない」と主張しました。

続いて採決が行われた結果、改正案は、全会一致で可決され、参議院に送られました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.11.19.】

ワクチン接種は自由意思 加藤官房長官

加藤勝信官房長官は19日の記者会見で、新型コロナウイルスのワクチン接種無料化を柱とする予防接種法改正案に関し、「接種するかどうかは最終的に一人ひとりが自ら選択することになる」と述べ、個人の自由意思に委ねると説明した。また、自身が接種するか問われ、「ワクチンは開発中の段階だ。適切に判断していきたい」と述べるにとどめた。

【時事通信 2020.11.19.】

グローバル製薬企業(ビル・ゲイツ製)の「新型コロナワクチン」、99%の”奴隷”は接種させられて1%の”特権階級”は接種せず!?加藤長官「俺は射たねーよ」!

出典:週刊新潮

先日に、日本国民に新型コロナワクチン接種について「努力義務」を課す法案(予防接種法改正案)が全会一致で可決されましたが、加藤官房長官は記者会見で「接種するかどうかは最終的に一人ひとりが自ら選択することになる」と言いつつ、裏では、「俺は射たねーよ」と言ったそうです。

加藤”タワシ”しゃんの「俺は射たね~宣言」キターーー!!
新型コロナワクチンは「危険さMAX」確定にゃ!!

加藤長官は、新型コロナワクチンについて、ビル・ゲイツによる「ID2020」(マイクロチップ埋め込み)の特許技術に基づいた、最新鋭の「奴隷監視ワクチン」が採用されることをすでに知っているのかな?
記者会見の場においても、「長官自身は接種するか?」と記者に問われたのに対し、「ワクチンは開発中の段階だ。適切に判断していきたい」などとお茶を濁したようだし、つまりは、官房長官自身もはっきり「接種する」と答えることが出来ないような、得体の知れないヤバいワクチンが「全日本国民用」として用意される準備が急ピッチで整いつつあるということだ。

これまでも何度も述べてきたけど、通常10年以上かかって実用化されるようなワクチンがものの1・2年程度で全日本国民が接種する分を国が用意しようとしていること自体、正気の沙汰ではないし、99%の一般庶民自身が「生き残るための術」を知るには、1%の特権階級たちの間で(密かに)共有されている情報や内輪での言動などを知ることが何よりも有益だ。

…というわけで、加藤長官が本当に「俺は射たねーよ」と言ったのなら、日本国民も射たない方がいいだろうね。

加藤長官のこの様子を見ても、新型コロナワクチンのリスクや危険性が垣間見えていますし、新型コロナ危機の”発生”から、ワクチン開発や接種を促すの流れの”醸成”まで、どうも、「人為的で不可解な展開」が目立っています。

いずれにしても、グローバル資本勢力による「ニュー・ノーマル」「グレート・リセット」をお題目にした「デジタル奴隷監視社会」への流れが強力に推し進められていることは間違いないし、この先も「コロナ危機の深刻化→ワクチン半強制接種の流れ」について、強い警戒を続けていく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事