今治・菅良二市長も「安倍&加計面会」について職員から報告あったことを認める!安倍総理がウソをついている可能性がさらに高まる!

Pocket

どんなにゅーす?

・愛媛県から提出された「2015年2月に安倍総理と加計理事長が面会し、『新しい獣医大学の考えはいいね』と総理が応えていた」ことを記した文書を安倍総理が否定する中、今治市の菅良二市長が、問題の面会について、当時に市の職員から報告があったことを認めた

・これによって、当時に加計学園関係者が県や市に面会を報告していた可能性が大きく高まっており安倍総理が嘘をついている可能性がさらに高まってきている

「安倍首相と加計氏面会」と報告=今治市長-県文書を一部裏付け

学校法人「加計学園」の獣医学部新設問題をめぐり、愛媛県今治市の菅良二市長は25日、安倍晋三首相と学園の加計孝太郎理事長が2015年2月に面会していたと市担当者から報告を受けていたことを明らかにした。市役所で記者団の質問に答えた。日にちまでは特定しなかったが、県文書に記載された内容を一部裏付けた形だ。

菅市長は記者団から自身の記憶を問われ「『会ったみたいだ』『ああ、そうなの』ということだった」と語った。時期は15年2月と認めた。一方、職員への聴取結果として、関連文書や報告文書が残っておらず、県文書の内容の詳細については確認できなかったとも説明した。
全体的な再調査については「伝聞だから大きな意味はない」と消極姿勢を示した。

【時事通信 2018.5.25.】

愛媛知事「捏造主張はいちゃもんレベル」 提出文書巡り

学校法人「加計(かけ)学園」の愛媛県今治市への獣医学部新設をめぐり、県の関連文書を参院に提出した中村時広知事は25日の定例記者会見で、文書が捏造(ねつぞう)だという主張がインターネットなどで拡散しているとし、「いちゃもんのレベル。よほどこれが事実だと困る人がいるのかな」と述べた。文書には、安倍晋三首相が学園の加計孝太郎理事長と面会したなどと記録されていた。新たな文書の発見は現時点でないとした。

~省略~

この文書の途中で字体が異なっている部分があることから、ネットなどで「不自然」との意見も出ていた。中村知事は「(文書は職員の)口頭報告用の備忘録。間違えてはいけないという思いが強く、強調したい部分の字体を変えるのは当たり前のこと」と述べた。「よほどこれが事実だと困る人がいるのかなと。正々堂々とやりましょうと呼びかけたい。いくらそういういちゃもん付けても、何事も正直、真実というのを覆すことはできない」と強調した。

【朝日新聞 2018.5.25.】

愛媛県に加えて今治市も(渋々)事実関係を認め始め、日常的に嘘ばかりついてきた安倍総理の主張の信頼性はもはや”マイナス100”に!

↓やはり今回も、嘘つき安倍総理の大嘘だった可能性がますます高まる。

出典:情報収集中&放電中

大きく問題となっている2015年2月の安倍総理と加計理事長との面談ですが、愛媛県に加えて、今治市も当時に職員から面会の報告を受けていたことを認めました!
これで、いよいよ、面会の事実を否定する安倍総理が、(例によって)嘘をついている可能性がますます高まってきましたね

まさに、「息を吐くように嘘を吐き続ける」国賊・安倍総理の”いつもの病気”である可能性が大だね。

現在、「会っていない」と主張しているのは、安倍総理と加計学園側で、その加計学園はと言うと、15年当時に、自ら安倍総理の面会を愛媛県や今治市に吹聴して回って、「総理からお墨付きをもらった」ことを強くアピールしていたことが確定的となっているわけで、今頃になってこれを安倍総理と一緒になって否定したところで、なんの説得力も信頼性も無い

こんな胡散臭すぎる学園に、まともな教育が出来るはずも無いけど、ますます「安倍&加計」の2トップによる悪巧みと嘘の数々が浮き彫りになってきたね。

そもそも、安倍総理と”特異な関係性”を持ち、裏でこそこそと色々な利権の構築に勤しんでいる時点で、加計学園の信頼性は微塵も存在しない状態ですからね。
ここまで徹底的に反証が突きつけられている時点で、いい加減に安倍総理は、数々の「加計ありき・安倍ありき」の事実を認める段階に差し掛かっているのではないでしょうか?

「人に対して嘘をつかない」というのは、政治家以前に人間社会の根幹であり、この問題は、実はどんな重要議題以上に重要な「人間社会の根幹が崩壊するのを食い止めるため」の最重要問題だ。

ここまで人を欺くおびただしい数の大嘘を繰り返しながら、国民を平気で騙し続ける安倍総理は、政治家以前に人として失格であり、これ以上悪質な嘘が日本社会に蔓延しきってしまう前に、この問題を徹底究明させた上で、ここまで日本社会と国会を破壊し続けた責任を取らせるべく、安倍総理を一刻も早く辞職させる必要があるのは言うまでもない。

そして、嘘つきの安倍総理を守るために、一緒になってさらなる嘘を社会にばらまき続ける配下の政治家・官僚やその支持者の責任も重大ですね。

野党議員らが「誰が嘘つきか?」の街頭調査を行なったけど、これがまさに当然の結果だろう。
正常な判断力や感性を持っている国民であれば、安倍総理が日常的に数々の大嘘をついていることは簡単に分かることだし、いまだにアクロバットに安倍総理を擁護し、意味不明の理屈で面会の事実を否定し続けている人たちは、「自民党からもらっている」か、普通の人ではない可能性が大だね。

もはや、安倍政権のやり口を模倣する連中が出始めていることで、政治以外の社会でも次々ウソが蔓延してきて、半ばボクたちの感覚も麻痺しかかってきているのも本当に恐ろしいことだけど、人間社会がこれ以上崩壊しないためにも、まずは嘘をつき続ける国のトップになんとしても責任を取らせることが必要だね。

Pocket

 

 関連記事