【火球か?】東北や関東、東海、近畿地方にかけて「謎の発光体」の報告が相次ぐ!ネット上でも目撃情報&動画の投稿が多数!

Pocket

どんなにゅーす?

・2017年11月21日21時半頃、東北地方から近畿地方までの広い範囲において、夜空に鮮やかな発光体が流れていく目撃情報が多数寄せられた。

・専門家は、小惑星や隕石が大気圏に突入し、燃え尽きる際に発生した「火球」ではないかとの見解を示しており、ネット上でも多くの話題に上っている。

スポンサーリンク

広い範囲で“発光物体”目撃相次ぐ 火球か

21日午後9時半頃、千葉県館山市に設置された日本テレビの情報カメラがとらえた映像には、物体が白く光りながら流れ落ち、途中で緑色のまばゆい光を放って3秒ほどで消える様子が映っている。

この発光物体は、成田空港や神奈川県の江の島に設置したカメラでも撮影できた。また、走行中の車のドライブレコーダーにも、この物体がとらえられていた。

国立天文台の山岡均准教授は、多くの目撃情報から、この物体は隕石などが大気圏に突入するときに光を放つ「火球」ではないかと話している。「火球」は国内でも数日に一回落ちているが、明るさや、夜まだ人が起きている時間帯だったことなどから、目撃が相次いだのだろうという。

【日テレNEWS24 2017.11.22.】

スポンサーリンク

 

にゃああっ!!
またまた「謎の光の球」が日本各地で目撃されたんだにゃあ。
しかも、動画を観てもとってもはっきり鮮やかに映っているし、生で観た人はさぞかしビックリしたと思うにゃ!

ボクも去年の6月に、謎の同じような光の球を生まれて初めて生で目撃したけど、あの時はほんとに驚いたものだ。
ここまで全国の広い範囲で、火球と思われるものがはっきりと目撃されたのもなかなか珍しいし、こういう現象を改めて見ても、ボクたち人間も、だだっ広い宇宙の一角の小さな惑星に住んでいる、アリンコ以下のミクロな存在であることを思い知らされるね。

にゃああ、そう聞くと、宇宙の壮大なロマンを感じちゃうにゃあ~!
にゃこもいつか、生で火球とかその他のビックリな自然現象を観てみたいにゃあ。

スポンサーリンク

おススメ記事&広告

 
Pocket