【うわぁ】時事通信の「ラグビーW杯」カルト風記事に批判殺到!「まるで戦時中みたい」「気持ち悪い」…電通によるプロパガンダ全開で日本メディアは”ラグビー一色”に!

Pocket

どんなにゅーす?

・ラグビーW杯「日本対アイルランド」戦において、大方の予想を覆し日本が勝利したことを受けて、日本のマスコミがお祭り騒ぎに。ラグビーW杯の利権を電通が大々的に握っている影響で、日本のメディアがラグビー報道一色になっている。

・そんな中、時事通信では、まるで戦時中を思わせる異様な文体で、日本の勝利をたたえる記事を配信。これに対して国民から「気持ち悪い」「不気味」などの違和感や批判の声が殺到している。

両陛下も大喜び=ラグビーW杯

日本がアイルランドを倒した吉報は、天皇、皇后両陛下に直ちに届けられた。両陛下は茨城国体の役員懇談会に臨席。試合終了直後、会場で進行役が「日本がアイルランドに19-12で勝利しました」と興奮気味にアナウンスすると、天皇陛下は「これは素晴らしいことですね」と、そばにいた茨城県の大井川和彦知事に話されたという。

両陛下の周りにいた大井川知事、萩生田光一文部科学相、日本スポーツ協会の伊藤雅俊会長らもガッツポーズをするなどして大喜び。約500人の懇談会出席者はどっと沸いて会場は大きな拍手に包まれ、「万歳!」の声が至る所で上がった。

【時事通信 2019.9.28.】

時事通信の気色悪い「戦時中」を思わせるプロパガンダ記事に批判殺到!ラグビーの勝利も台無しに!

出典:Twitter(@jijicom)

時事通信による、ラグビーW杯「日本対アイルランド」戦の勝利を伝える記事に対し、違和感や危機感を唱える声が殺到しています。
確かに、戦時中の大本営報道を思わせるような異様な文体ですし、最近の日本の劣化ぶりを象徴するような、気味の悪い記事です。

ツイートだけでなく、上の報道記事そのものも、戦時中をほうふつとさせるような異様な文章が支配しているし、黒いカネの疑惑や不祥事を連発させている萩生田氏まで記事に登場させて、天皇陛下とともに礼賛の対象になっているように感じさせるのも非常に不快だ。

そして、安倍政権になってからというもの、スポーツと政治との距離が非常に近しくなりつつあり日本代表の国際大会などが、自政権の不祥事をぼかすための”煙幕”に使われたり、「国威発揚の道具」と化してきている現状がある。
特に、このラグビーW杯は、電通が強大な利権を握っているからか、安倍官邸が相当に力を入れて盛り上げている様子が見られるし、マスメディアも「お祭り騒ぎ」さながらに、朝から晩までラグビー報道を国民にゴリ押ししているような状態だ。

ボクみたいな人間にとっては、こうした露骨な「国民洗脳キャンペーン」はかえって気分が大きく白けてしまい、もはや競技そのものの純粋な面白さや興奮もすっかり冷めてしまったような状態だけど、それだけ、ラグビーW杯については、安倍官邸やグローバル支配層による、莫大な金儲けや国民洗脳を企む「黒い思惑」が渦巻いているということだね。

そして、この時事通信の反知性極まる露骨なプロパガンダ記事ですから、相当におかしなことになってきていますね。
幸い、強い違和感を感じる声が国民から多く上がっているのが救いですが、こうした風潮に多くの国民が違和感を感じなくなってしまったその時こそ、日本が本格的な”崩壊”に向かう時なのではないでしょうか。

Pocket

 

 関連記事