【応援の声溢れる】自民・泉田裕彦議員が「検察庁法改悪」を批判!「強行採決は自殺行為」と退席を表明→衆院内閣委員のメンバーから外される!安倍一派の意向で泉田氏を”見せしめ”か!?

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年5月13日、自民党の泉田裕彦衆院議員が、安倍政権が強行採決を狙う「検察支配法案(検察庁法改正案)」を批判。自身のTwitterで「国会は言論の府であり審議を尽くすことが重要であり強行採決は自殺行為です」と綴り、強行採決に至った場合に退席することを表明した。

・およそ3時間後に、泉田氏は「『強行採決をすべきでない。』との声が届くのかわかりませんが、内閣委員をはずされることになりました。」とツイートし、内閣委員会のメンバーから外されたことを明らかに。安倍総理らの意向で、泉田氏が見せしめにされた可能性があり、ネット上では、その民主主義のプロセスと著しく乖離した強権的なやり口に、多くの国民から怒りの声が上がっている。

自民・泉田氏「委員はずされる」検察庁法案の審議批判後

~省略~

13日の衆院内閣委では、検察庁法改正案を含め、国家公務員の定年を引き上げる法案が審議されていた。検察庁法を担当する森雅子法相の出席を与党側が拒み、代わりに答弁に立った武田良太・国家公務員制度担当相は、野党の質問に対して「本来、法務省からお答えすべきだと思う」との答弁を連発。質疑はかみ合わず、野党は質問を打ち切って退席した。

その後、泉田氏はツイッターで「今、一部委員退席のため休憩中です。検察庁法の改正案は争点があり国民のコンセンサスは形成されていません。国会は言論の府であり審議を尽くすことが重要であり強行採決は自殺行為です」などと発信。検察庁法改正案を委員会で可決するため、与党が採決を強行することに反対を表明していた。

続いて同日夕の投稿で、泉田氏は「『強行採決をすべきでない。』との声が届くのかわかりませんが、内閣委員をはずされることになりました」と書き込んだ。

【朝日新聞 2020.5.13.】

自民・泉田議員、内閣委外される 検察官定年「強行採決なら退席」

~省略~

これに関し、自民党の森山裕国対委員長は記者団に「委員の差し替えはしょっちゅうある」と説明。立憲民主党の枝野幸男代表は泉田氏の投稿を引用する形で「与党の中でこのような発言をすること自体、非常に勇気がいると想像します」とツイートした。

【神戸新聞 2020.5.13.】

自民・泉田議員の2つのツイートが大反響!国民から大量の応援の声と安倍自民への怒りの声が大噴出!

出典:Twitter(@IzumidaHirohiko)

元新潟県知事の自民・泉田裕彦議員が、安倍政権が強行採決を企む「検察支配法案(検察庁法改正案)」の国会議論の低劣さを批判。強行採決に至った場合、退席することを表明したものの、その後に内閣委員会のメンバーを外されてしまう事態になってしまったようです。
恐らく、多くの自民議員が造反に回らないように、安倍総理の意向により泉田氏を素早く”見せしめ”にした可能性がありそうですね。

現在の安倍政権といえば、「世界最低」ともいわれるコロナウイルス対応により、多くの国民の失望感や怒りを買っている上に、安倍官邸が全面支援をしてきた河井夫妻が揃って逮捕される可能性が高まってきており、実際のところ、安倍政権は内心かなり焦っていることが予想される。
だからこそ、ウイルス対応も完全に後回しにながら、(公文書改ざんをはじめとしたこれまでの数々の安倍一味の違法行為を見逃してくれた)「官邸の番犬」こと黒川弘務検事長を検察トップに据えるための法改正を大急ぎで何としても決めてしまいたいわけで、つまりは、これが強行採決されるかどうかで、安倍政権そのものの命運が大きく左右することになるはずだ。
(これまで強大な権力を維持し続けてきた安倍政権がこういう状態である以上、(唯一といっていいほどに)党内で安倍総理と全面的に対立してきた石破氏にとっては「またとないチャンス」であり、「重要な勝負所」だと思うんだけど、果たしてどうするのかな?)

それにしても、泉田氏のこの一連のツイートに対し、本当にたくさんの応援と賛同の声が寄せられていることに驚かされる。
安倍サポ工作員による泉田氏への低レベルな嫌がらせコメントも散見されるけど、その工作コメントをはるかに凌駕するほどの国民からの生の声がたくさん集まってきているし、それだけ、多くの日本国民がこの「検察支配法案」をめぐる安倍政権の動きに、非常に高い関心と危機感を持ち始めているということだろう。

ここまで多くの国民が危機感を持ち始めている以上、何としてでも安倍政権による強行採決を食い止めたいですし、こうした国民の生の声を目の当たりにしているその他の自民党議員の方々も、この世論や風を読んで反対の声をたくさん上げて欲しいです。

安倍政権が国民への十分な支援をケチればケチるほど、国民からの不満や不信感はどんどん増大していくのは確実だし、すでに国民の信頼感を失っている安倍政権はひたすら落ちるだけだ。
これを機に、自民党内にも次期総理をめぐる権力争いが復活してほしいし、まさに大日本帝国の復活そのものともいえる、戦後未曽有の腐敗にまみれた「安倍カルト帝国」を一日も早くに終わらせてほしいよ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事