【仰天】退院した飯塚幸三元院長に「替え玉説」が浮上!「耳の形が違う」「やけに肌が若い」などネット上で違和感を唱える声!

Pocket

どんなにゅーす?

先日に病院から退院し、報道陣の前に姿を見せた「池袋暴走死傷事故」を引き起こした元高級官僚・飯塚幸三”元院長”について、ネット上で「替え玉(偽者・別人)説」が浮上している。

・警察の事情聴取を受けるためにタクシーから降り、杖をつきながら今にも倒れそうな足取りで警察署に入っていった「サングラスにマスク姿」の飯塚元院長について、「耳の形が違う」「やけに肌が若い」などの違和感を唱える声が上がっており、様々な反応や憶測が湧き起こっている。

ようやくカメラの前に姿を見せた飯塚幸三元院長に、今度は「替え玉(偽者・別人)説」が浮上!ますます広がるネット上の憶測と疑いの声!

↓これまでネットやマスコミで流されてきた飯塚氏の顔写真。

出典:presented by masyu-maro

出典:Twitter(@aTHKxgjTgjd4Ume)

↓退院後にカメラの前に姿を見せた飯塚氏。

出典:YouTube

現行犯逮捕されなかったどころか、退院してもなお警察に逮捕されない方針が明らかになったことで、ネット上で怒りの声が上がっている元高級官僚で勲章受章者の飯塚幸三さんだけど、今度は、退院した後に報道陣の前に姿を見せた飯塚さんが、別人(替え玉)である疑惑が浮上しているわ。
ほんとに話題に事欠かない御仁だけど、なんだかいよいよスゴい話になってきたわね。

ボクも、彼の退院を伝える記事の中で、カメラの前に登場した彼について、「若干の”演出”の痕跡が見られる」と評したけど、実はボクも、これまで写真で伝えられてきた飯塚氏をイメージしていた中で、この(予想だにしなかった)「マスクにサングラス姿」の飯塚氏に対して、「あれ??」と、何か言葉にし難い”作為的なもの”や”違和感”のようなものを持ったところだったんだよね。

改めて、ネット上の声などを見聞きしたところ、このボクの違和感の原因は、「全体的な雰囲気や印象が報道で伝えられていた写真とかなり異なっていた」こと、そして、「87歳の老年にしては、やけに首や顔の肌にツヤや張りがあり、シワが少ない(一般的なイメージで50~60代前半くらいの感じか?)」ことだったことが理解できた。
ネットで声が上がっているように、確かに、上の画像を見比べてみると、全体の顔の骨格や耳の形もやや異なっているように見えなくもないけど、いかんせん、写真の数も限られており、はっきりしたことは言い難いし、単なる「思い違い」であることも考えられる
よって、現時点では、この人物が本人か別人かを判断するのは難しいだろう。

そもそも、ここまで日本政府の中枢部分に深く関わっては、勲章まで受章している御仁の割には、マスコミで伝えられている彼の映像や写真が極端に少ないのも気になるわ。(そもそも、報じられている写真もいつ頃のものか分からないものも多いし)
少しマスコミが取材をすれば、すぐに飯塚さんの過去の映像や様々な写真が手に入るのではと思うんだけど…。

そうなんだよね。
そうした側面を考えても、やはり、飯塚氏が厚い「バリアー」で守られている印象が拭えないし、マスコミが安易に突っ込むことが出来ない「特権」を持っている疑いが払拭できない。

そして、もし、仮にこの人物が「飯塚氏の替え玉」だった場合だけど、この人物が警察署に入り「数時間に及ぶ事情聴取」を受けたということなので、この時点で、警察もグルになって「茶番劇」に協力しているということになる。
したがって、いよいよとんでもない話になってくるし、この疑惑が本当だった場合、本物の飯塚氏は(政府に保護されつつ)どこかに「逃亡」してしまったということになるね。

まさか、そんなことはないとは思いたいけど…もしこれが本当なら、いよいよ飯塚さんはウルトラレベルの「特権階級」ということになりそうですし、同時に、日本政府の「闇」や恐ろしい「正体」が本格的に浮かび上がってくることになるわね。

どちらにしても、「飯塚幸三事件」はやはり多くの謎と不可解な部分が付きまとうし、正々堂々とその姿を見せ、記者会見などを開いて正式にコメントを発表するなどすれば、このような”憶測”が出回ることもないはずだけど…いまだに自身の運転ミスを否定しつつ、あろうことか大きなマスクに帽子・サングラス姿で「変装」し、自身の”存在”を懸命に隠しつつ、哀れさ・弱々しさなどを”演出”している時点で、強い疑問を感じざるを得ない。

今回新たに浮上してきた仰天「替え玉説」について、「ただの思い違い」であることを祈るとしよう。

Pocket

 

おススメ記事&広告