■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【異常】トラブル続出中の福島第一原発、今度は排水路で警報!くみ上げた水から前日の278倍の放射線を検出!東電は「問題ない」ことを強調!

【異常】トラブル続出中の福島第一原発、今度は排水路で警報!くみ上げた水から前日の278倍の放射線を検出!東電は「問題ない」ことを強調!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年3月3日、東電は、福島第一原発の「物揚場排水路」において、雨水の放射性物質濃度が1リットル当たり1500ベクレルを超えたことを示す警報が鳴ったと発表。くみ上げた水の放射線量を測ったところ、前日の3.1ベクレルから約278倍にあたる890ベクレルのベータ線を検出したという。

・東電は、排水路周辺設備などの巡回で異常が見当たらなったことなどから、汚染水の漏えいではないとしており、「問題はない」ことを強調

・この他にも、1号機建屋に4か所設置されている「放射性物質を含んだ粉塵を検知する装置」の一つが作動していなかったことも判明。先日のM7.3の福島沖地震以降、深刻なトラブルが連発している事態に、国民から不安と疑いの声が上がっている。

第一原発排水路で警報 東電発表 雨水の放射性物質上昇

東京電力は三日、福島第一原発の1~4号機西側に通る「物揚場排水路」で、雨水の放射性物質濃度が一リットル当たり一五〇〇ベクレルを超えたことを示す警報が鳴ったと発表した。排水路周辺設備などの巡回で異常がないことなどから、汚染水の漏えいではないとしている。

東電によると、二日午後六時二十分ごろ、排水路に設置している放射線検知器の警報が鳴った。くみ上げた水からは一リットル当たり八九〇ベクレルのベータ線が確認され、前日の三・一ベクレルから約二百八十七倍の上昇が確認された。東電は原因を調べている。

■1号機建屋、粉じん測定できず

東京電力は三日、福島第一原発1号機原子炉建屋の最上階周辺で、放射性物質を含んだ粉じんを検知する装置四カ所のうち一カ所で測定できていなかったと発表した。他の三カ所に数値の変動がないことなどから、粉じんが飛散した可能性は低いとしている。

~省略~

【福島民報 2021.3.4.】

福島第一原子力発電所 物揚場排水路における簡易放射線検知器「高警報」の発生について(続報)

3月2日午後6時18分、物揚場排水路に設置している簡易放射線検知器(PSFモニタ)の「高警報」の発生について、その後の状況をお知らせします。

簡易放射線検知器(PSFモニタ)指示値は継続して低下傾向にあり、当該警報について午後9時44分、警報はクリアしました。

また、プラント関連パラメータに異常がないことを確認しております。

~省略~

モニタ指示値が低下傾向にあること、プラントパラメータに異常がないこと及び分析結果から、汚染水の漏えいはないものと考えているが、全βが高い値を示していることから、念のため排水路ゲートを「閉」することとし、引き続き簡易放射線検知器(PSFモニタ)「高警報」発生の原因を調査します。

【東京電力 2021.3.3.】

福島沖地震で多くの部分で損傷を受けたか!?今度は、排水路で「前日の約278倍」にあたる890ベクレルの放射線量を検出!格納容器の水位低下も止まらず!

出典:Wikipedia

大手マスコミが全く報じていませんが、先日の福島沖事件以降トラブル続出中の福島第一原発において、今度は、排水路において警報が発生。くみ上げた水から「前日の約278倍」にあたる890ベクレルの放射線量を検出したとのことです。
格納容器の水位低下も(以前よりは低下量が少なくなっているものの)依然続いているようで、やはり、先日の地震によって原発内の多くの部分が損傷を受けたと見るのが良さそうですね。

そして、この放射線量が本当であれば、格納容器内の”超・高線量”の汚染水である可能性は低いものの、どこからか汚染水が漏れ出てきている可能性が高そうだ。
一方で、東電は「汚染水の漏えいではない」などと言っているようだけど、それだと、前日比で一気に278倍もの放射線を含んだ水が検出されたことに対する説明が付かないし、どうも、あらゆる要素において非科学的な希望的観測に基づいた楽観的な発表している傾向が強いようにみえる。

おまけに、「1500ベクレルを超えた数値を検出」した際に発動する警報が鳴ったにもかかわらず「890ベクレルしか検出されなかった」というのも不可解だし、過去の事例を考慮しても、東電が色々と重大な事実を隠していたり、ウソの発表をしている疑いも拭えない。

ほんとに、首を傾げざるを得ない「おかしなこと」が次々と発生していますね。
実際には発表されていない「重大な事実」が存在している可能性も排除できませんし、東電の信頼性がすでに地の底まで堕ちきっている中、「何があっても不思議ではない」との意識や心構えをしていくのがいいかもしれません。

そうだね。
あの破滅的な原発事故の際にも、重大な事実が徹底的に隠蔽されたし、今後も”異常連発中”の福島第一原発の状況について、これまで以上に警戒・注視していく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事