【批判殺到】フリーカメラマン「堀田喬」氏が、セクハラ被害のテレ朝社員の実名を晒す!民進党・大塚代表の記者会見で!

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年4月19日、民進党による記者会見の最中に、「フリーの堀田」と名乗る人物が、福田事務次官からセクハラ被害を受けたテレビ朝日社員の女性記者の実名を晒して質問し、ネット上で批判が殺到している。

・ネットユーザーによって、この人物はフリーカメラマン「堀田喬」氏だったと特定されており、過去にも野党を激しく非難し、安倍政権や権力側にくみするような発言を繰り返していたことが指摘されている。

↓「フリーの堀田」の質問シーンは8分40秒くらい~(問題の箇所は編集・削除済み)

 

堀田喬氏による”晒し行為”によって、女性記者の画像と実名がツイッターや安倍礼賛系まとめサイトで拡散されまくる事態に…

被害女性の人権とプライバシーを守るために「個人名は公表しない方針」だってテレビ朝日側が説明していたにもかかわらず、たったの一日で被害女性の実名が暴露されるって、一体これはどうなっているのよ!?

ネットでは、これを受けて早速女性記者の実名と画像が大量に拡散されており、安倍礼賛系まとめサイトでこぞって取り上げられているほか、ツイッターでもセカンドレイプさながらの被害女性の尊厳を傷つけるコメントで溢れかえっている状況だ。

どうやら、この堀田氏というのは、永田町取材歴40年というフォトジャーナリストらしく、その上で、特に野党に対して波紋を起こすほどの過激な非難やパフォーマンスをしてきたとの情報がある。
上の動画での質問の様子を聞いても、民進党の大塚代表に対して、いかにもふてぶてしく高圧的な態度で質問していることが分かるし、今回の”実名晒し”も、被害女性を非難しつつ、センセーショナルな騒ぎを起こす目的で「確信犯的」に行なった可能性がありそうだ。

やっぱり今回も、立場の弱い被害女性ばかりがいわれのない中傷や非難を受ける事態になっているし、詩織さん事件の時とほとんど同じじゃないのよっ!!

●過去参考記事:【新潮】山口敬之氏の「レイプ被害」を訴える詩織さんを中傷する資料を内閣調査室が配布!安倍政権が主導し、ネットでのセカンドレイプを促進!

相変わらずこの国は、「弱いものいじめ」の体質がちっとも改善されないし、あくまで根底からモラルが退廃しきっている状態だわっ!

いわば、「弱いものいじめ」と「男尊女卑文化」のコンボと言ったところか。
やはり、こうした価値観や文化が日本の中に強固に根付いている以上、セクハラやレイプも「起こるべくして起こってきた」ということになるし、「多くのハンデを背負っている”弱いもの”こそ、最大限の配慮をしながら守る」という考えが国家や社会に広がらない以上、これからもこの国ではセクハラもレイプも蔓延し続けることだろう。

ネット上で、こうした被害者晒しや中傷に明け暮れている連中も、いわば根っからの奴隷根性が染みついてしまった”病人”だし、改めて、この国に蔓延しきっている「洗脳」の深刻さを感じているよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket