【香港デモ】警察が高校生に実弾を発砲、重体!射撃の瞬間を撮影した動画が拡散!香港警察の暴力行為がますますエスカレート!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年10月1日、中国建国70周年を記念する行事が中国国内で行なわれる中、香港での反政府デモが激化。ついに、高校2年生の男子生徒(18)が警察に実弾で撃たれる事態が発生した。

・男子生徒は病院に搬送されたものの危篤状態にあるとのこと。周庭氏が警官が男子生徒に実弾を発砲する瞬間の動画をツイートしたことで、その衝撃的な映像がネット上で大きく拡散されている。

香港で警官が実弾発砲、抗議行動の高2重体 北京では建国70年軍事パレード

中国建国70周年を迎えた1日、香港各地で「国難の日」と位置づけた抗議活動が激化した。香港紙「東方日報」(電子版)によると、郊外の荃湾(せんわん)地区であった衝突で警官が発射した実弾が高校2年の男子生徒(18)の左胸に命中し、病院に搬送されたが重体だという。実弾発砲による負傷者は「逃亡犯条例」改正案を巡る一連の抗議行動で初めて。

香港大学学生会が発砲の瞬間を撮影したとしてネット上で公開した映像には、鉄の棒で殴りかかろうとする男子生徒に対し、警官が至近距離で発砲し、男子生徒が倒れ込む様子が映っている。香港メディアによると、各地でデモ隊と警察当局が衝突し、重体2人を含め66人が負傷、100人以上が拘束された。

~省略~

【Yahoo!ニュース(毎日新聞) 2019.10.1.】

香港警察による暴力行動が激化!ついに実弾を用いて男子高校生の左胸に発砲!

出典:Twitter(@chowtingagnes)

中国の建国70周年にちなんだ行事が行なわれる中で、香港のデモが激化
ついには、警察が実弾を用いてデモ隊の高校生をピストルで射撃する事態が発生してしまいました。

ネット上では、この射撃の瞬間を捉えた動画が、世界中で大きな衝撃を持って拡散されているようだし、すでに香港警察は市民を殺すことすらも躊躇しなくなってきているようだ。
この様子だと、恐らく、激しい衝突や混乱の中で警察に殺された人々も結構いそうだし、いよいよ天安門事件の悲劇と似たような展開になってきてしまった

一部の情報によると、過激な暴力行動を起こしているデモ隊の中に中国側の工作員が入り込んでいるとの情報が出てきているし、どうやら、香港デモを意図的に”泥沼化”させて、社会の大きな混乱を促している勢力がいるみたいだね。

こうなると、最も甚大で深刻な犠牲を強いられるのは、またも一般市民ということになってきますし、現時点でも全く沈静化の道筋がみえていないだけに、これが世界的なカオスに発展していく危険性もあります。

ああ。これ以上香港の混乱がエスカレートしてくと、香港・中国発で「世界的な戦乱や争乱(第3次世界大戦)」に発展していく危険性があるし、「リーマンショックを超える規模」ともいわれている世界的な金融危機が警戒されている中、様々な条件やフラグが揃いつつある非常に怖い展開になってきている。
ここに中国人民軍が本格的に参戦してくると、習近平氏に対する国際的な批判も一気に高まってくることになるだろうし、とにかく、今後の展開を厳しく注視していく必要がありそうだ。

Pocket