【醜悪】「黒い雨訴訟」広島市と広島県の控訴の背後に、安倍政権からの強い意向!市と県は控訴に消極的だったものの、厚労省がこれを覆すよう”圧力”!

Pocket

どんなにゅーす?

・広島への原爆投下時に、国が定めている援護対象区域外で「黒い雨」を浴びて健康被害を受けた住民が起こした「黒い雨訴訟」において、広島地裁が、被告の広島市と広島県に原告84人全員に被爆者健康手帳を交付するよう命じた判決について、市と県が控訴することを決めた中、この控訴判断の背後に安倍政権による強い意向が介在していたことが判明した。

・市と県は、援護対象区域を拡大するよう国に求めており、今回の判決についても、「被害者救済」を重点に置きつつ控訴に消極的だったものの、厚労省が市と県に控訴するよう強く要請。政府側が「援護対象区域の拡大にもつながる検証を行なう」との要件をちらつかせてきたため、市と県もやむを得ず控訴の方針を受け入れたという。

「黒い雨」訴訟 広島市と県が控訴 原告「逃げの姿勢で許せず」

広島に原爆が投下された直後に放射性物質を含むいわゆる「黒い雨」を浴びて健康被害を受けたと住民たちが訴えた裁判で、被告の広島市と県は、国と協議した結果、全員を被爆者と認めた広島地方裁判所の判決を受け入れず、12日控訴しました。

~省略~

判決について、広島市の松井市長は12日記者会見し、「国の要請を受け、法律の手続きに従って控訴せざるを得なかった」と述べ、控訴期限の12日、県とともに控訴したことを明らかにしました。

広島市と県は、従来から援護を受けられる区域の拡大を国に求めてきたことから控訴に消極的な意向でしたが、裁判に補助的な立場で参加した国は「判決は科学的な知見が十分とは言えない」などとして控訴するよう要請していました。

これを受けて、広島市と県が協議した結果、国が援護区域の拡大も視野に区域の検討を行う方針を示したとして、国の要請を受け入れて控訴しました。

先月の広島地裁の判決は、国が定めた援護区域の外でも黒い雨の影響が及んだと認め、訴えた住民などからは同様の立場の人たちの救済につながる可能性があると期待されましたが、控訴によって引き続き法廷で区域の妥当性などが争われることになります。

~省略~

原告の住民「許せない 早く裁判を」
広島市と県が控訴したことについて原告の住民たちが記者会見し、高野正明原告団長(82)は、「広島市や県が国が提示した条件をのみ、控訴を断念する勇気がなかったのは残念だ。国は科学的根拠ということばで判決を批判しているが、結論ありきの逃げの姿勢で許すことができない」と述べ、怒りをあらわにしました。

そのうえで「裁判だけでも5年がたち、私たちの余命も長くはないので早く裁判に取りかかってほしい」と訴えました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.8.12.】

【速報】「黒い雨」訴訟 控訴について安倍首相が発言

一審の判決で原告全員が被爆者と認められたいわゆる「黒い雨」訴訟で国が控訴したことについて、安倍総理は12日午後、次のように述べました。

「本日、上訴審の判断を仰ぐことといたしました。同時に広島県、広島市のご要望も踏まえまして、厚生労働省において黒い雨地域の拡大も視野に入れ、検証することと致しました」(安倍首相)

そのうえで、安倍総理は引き続き、被爆者に対する支援に取り組んで行く考えを示しました。

【TBS News 2020.8.12.】

どこまでも原爆被害者を徹底的に踏みつける安倍政権!グローバル軍産勢力の利益のために、日本国民を徹底的に蹂躙&売り渡し!

やっぱり!!こういうことだろうと思ったわっ!
広島市と県は、真摯に原爆被害者の人々を救済する方針を示していたっていうのに、この安倍政権の連中はどこまで日本国民を徹底的に踏みつければ気が済むのよっ!?

なるほど、被爆者健康手帳を交付する権限を持っているのは、市や県ではなく厚労省だし、だからこそ、市や県はどうしても政府側の方針や意向にある程度従わざるを得ない実情があるわけだ。

ネット上では、「それでも人間か!?」「どこまで人でなしなんだ!」など、怒りの声が殺到しているけど、そもそも、安倍一派を筆頭とした大日本帝国の長州一味は、潜在的に日本に恨みを持っていては、日本を売り渡す”ミッション”を遂行するためにグローバル資本勢力から強大な権力を与えられているんだから、ある意味、連中にとっては「当然&必然の行動」であるといえるだろう。

そうした”大前提”を踏まえつつ、今回の安倍政権の動きを分析してみると、低線量被ばくによる健康被害を何としても認めたくない思惑があるとともに、日本国内の「軍事拡大路線」を見据えつつ、核兵器に対する「寛容な姿勢」を維持していきたい意向が反映されている可能性もある。
なんせ、低線量被ばくの救済基準を拡大していくと、福島原発事故についても同様に、(甲状腺がん患者などの)被ばく者に対して多大な賠償金や支援金を支払う必要が出てくるだろうし、現在安倍政権は、核兵器禁止条約に反対しているほどに「核容認(拡大)路線」を支持しているような状況なので、はっきり言えば、今の安倍政権に原爆被害者を救済する気はゼロと言っていいだろう。
(なんだか、安倍総理は、いかにも被害者を救済するようなコメントを発しているけど、いつものお得意の大ウソであることが見え見えだ。)

とどのつまりは、日本の原爆被害者を徹底的に見捨てては、グローバリスト連中の意向通りに、日本を戦争が出来る国にどんどん”改悪”させていって、最後は、全ての日本国民を命や健康を重大な脅威に晒そうとしているってことね!
こうした様子を見る限り、この連中だったら、日本国民全員を皆殺しにすることさえ、何の躊躇もせずにやってのけそうな勢いだわっ!!

今の安倍政権の本質や実態は、大日本帝国のそれとほとんど同じといってもいいだろうし、一見すると、戦後のこれまでの政権と同じような”民主主義政権”を装っているものの、今の政権に日本国民の健康や生命を守る観念は微塵もないといってもいい。
(つまりは、「朝鮮”民主主義”人民共和国」みたいなもんだね。)

大抵、よく見ていると、「日本を守り抜く」やら「日本が大好き」などとわざわざ大声でアピールしている連中こそ、日本を破壊し、グローバル勢力に売り渡す仕事を請け負った「真性ペテン師」であることがほとんどだし、もっと多くの人々が、日本社会に蔓延している様々な詐欺やペテンから目覚めては、安倍政権の恐ろしい実態や、嘘や騙しにまみれた「グローバル資本主義」の本質などをよりよく理解する必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事