【大船渡・佐々木投手】張本勲氏の放言に批判殺到!「ケガが怖かったら、スポーツ辞めた方がいい」「楽させちゃダメですよ」→ダル投手「このコーナーもう消して」

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年7月28日放送のサンデーモーニングの中で、大船渡高校(岩手)の佐々木朗希投手が、夏の高校野球・地区大会決勝戦で登板を回避その結果、同校が敗戦したことに対し、野球解説者の張本勲氏が激怒「ケガが怖かったら、スポーツ辞めた方がいい」「楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」などと発言したことに対し、各方面から批判が殺到している。

・この張本氏の発言について、シカゴ・カブスのダルビッシュ有投手は、「シェンロンが一つ願いこと叶えてあげるって言ってきたら迷いなくこのコーナーを消してくださいと言う」とツイート

・また、サッカー日本代表の長友佑都選手も「この記事が真実だとしたら非常に残念。苦境に立たせて大怪我をしたらマイナスでしかない」とツイート。これらの声に多くの賛同の声が寄せられている。

張本氏、佐々木の回避一番残念「絶対投げさすべき」

張本勲氏が28日、TBS系テレビ「サンデーモーニング」に出演。決勝戦を登板回避し甲子園出場を逃した大船渡(岩手)佐々木朗希投手(3年)の問題についてコメントした。

まずは「最近のスポーツ界でね、私はこれが一番残念だったと思いますね。32歳の監督(大船渡・国保監督)でね、若いから一番苦労したと思いますがね、絶対、投げさすべきなんですよ。前の日にね、129(球)投げてますからね。大体、予選で4回(佐々木は準決勝まで4試合に登板)しか投げてないんですよ。合計で430、450(球)くらいしか投げてないのよ。昨年、吉田輝星(金足農)が800(球)くらい投げているんですよ、1人で」と話した。

~省略~

また国保監督については「彼はアメリカの独立リーグにいたんですよ。アメリカ流に考えているんですよ。アメリカは(投手の肩肘は)消耗品だと思っているから。日本は投げて投げて力を付ける。考え方が全然違うんですよ」とコメントした。

スタジオの他のコメンテーターからも「投げさせるべきだった」、「投げさせなかった監督は偉かった」と様々な意見が出た。

それでも張本氏は「将来を考えたら投げさせた方がいいんですよ。苦しい時の投球をね、体で覚えて大成した投手はいくらでもいる。楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」と最後まで主張を曲げることはなかった。

【日刊スポーツ 2019.7.28.】

張本氏による(お馴染み)非科学的な根性論と放言に、各方面から「喝っっ!!」の声!

出典:YouTube

サンデーモーニング(TBS)のスポーツコーナーを担当されている、野球解説者の張本勲氏によるこれらのコメントが大炎上しております。
確かに、「ケガが怖かったら、スポーツ辞めた方がいい」「楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」との発言は、さすがにどうかと思いますね…。

このBLOGOSの記事も張本氏の発言を痛烈に批判しているけど、こりゃ、あまりにも無責任な発言といわざるを得ないだろう。

もちろん、国保監督だって、出来ることなら佐々木投手を登板させたかった気持ちがあったのは言うまでもないし、監督自身が、佐々木投手のコンディションやその他の状況を考慮した結果、登板回避という「苦渋の結論」を出したのは言うまでもない。

結果として、試合には大敗してしまったけど、あくまでこれは結果論であって、もし勝利していたら「見事な采配と判断力」と讃えられていただろう
確かに、チームみんなが甲子園に行きたかったのは言うまでもないし、佐々木投手本人やその他のチームメートが何を思っているのかは知るよしもないけど、ただ、監督自身がチーム全体や佐々木投手のことを考えた上で、熟慮し尽くした末での采配だったのなら、周りがあれこれ批判をするような話ではないんじゃないかな。

結局、張本氏を筆頭に、多くの人たちが、そうした当事者たちの事情や心境も無視した上で、言いたい放題好き勝手に言っているというのが実情かもしれませんね。

とにかく、「ケガが怖かったら、スポーツ辞めた方がいい(つまり、「ケガしてもいいからとにかく投げろ」ってことかな)」「楽させちゃダメですよ、スポーツ選手は」なんていうのは、まさに無責任発言の極みだし、こうした外野の”騒音”が、佐々木投手やまだ若い国保監督、そしてその他チームメートをどれだけ精神的に追い込んでしまうのかを想像できない人が多すぎる。
これも、昨今の、困っている人や弱い立場の人に対して思いやりに欠けた社会風潮がもたらしている現象であるように感じているし、あまりに前時代的でカルトチックな根性論ばかり言っている張本氏は、あんまり相手にしない方がいいのかもね。

ボク自身も、以前より、高校野球のあまりに無茶なブラック日程や、前時代的な全体主義思想を問題視してきたけど、そろそろいい加減に、こうした問題が発生しないような日程やルール作り、時代に合わせた「科学的な視点」を取り入れた”体質改善”などの改革を進めていく必要があるんじゃないかな?

Pocket

 

 関連記事