【悲報】新潟知事選、自公推薦の花角英世候補が青山繁晴氏を応援に呼ぶ!森友を全力応援しておきながら、あっさり手のひら返しの過去!

Pocket

どんなにゅーす?

・新潟知事選が接戦を繰り広げている中、自公推薦の花角英世候補が、熱烈な安倍シンパで、数々の奇行や珍言で知られる自民・青山繁晴議員を応援に呼んでいることが判明ネットで驚きと失笑が湧き起こっている。

・青山氏は、日本会議系宗教団体と連携している動きが見られる上に、籠池氏の森友学園をかつて全力で支援していたものの、安倍総理による尻尾切りとともに手のひら返しをした過去があり、花角氏本人も森友事件の捜査対象となっていた大阪航空局長の過去を隠している動きが見られることからも、「市民派」を装っている花角氏の”実態”が徐々に浮かび上がってきている状況に。

森友疑惑の捜査対象だった大阪航空局の局長を務めていた花角氏が、元森友学園熱血サポーターの青山繁晴氏を応援に呼んでしまう!

出典:Twitter(@supportV4D)

↓青山繁晴氏の手のひら返しを分かりやすくまとめた動画。

あらあら。新潟知事選もそろそろ終盤戦に差し掛かってきたけど、花角さんの”化けの皮”がどんどん剥がされてきているわね。
何かのジョークとしか思えないけど、自ら大阪航空局長の肩書きを隠してきていたのに、その一方で、(かつての「安倍総理ガンバレガンバレ」と園児に言わせていた頃の)森友学園の熱血サポーターの一人で、幼稚園の講演会にも登場していた青山繁晴さんを応援に呼んでしまったみたいよ。

ボクもこれにはちょっとビックリしてしまったけど、支持者の間において「青山さんが来てくれるのは心強い!」「これで花角さんの当選は確実!」などの歓声が上がっていることを見ても、花角氏本人と支援者らの実態が実によく分かったよ。
(しかも、花角氏本人が青山氏が国会議員であるのを忘れていて、後で訂正しているというのも、何とも笑えるというか…)

青山繁晴議員は、日本会議系愛国カルトの間では”教祖”のような扱いになっているものの、その行動をよく見ると、森友学園をめぐる対応に象徴されるように、ペテン師とみまごうばかりの胡散臭さと奇行や珍言が目立っており、ネットでもしばしお笑いネタの対象にされてきた経緯があるからね。

↓ポンペオ米国務長官を「”ポンペオ”と言うな。正しくは”パンピーオ””パンピーオ”だ」と言い張り、異様にこだわる青山氏。現地の発音を聞いてみると…?

 

うちのサイトでも、籠池さんが証人喚問に呼ばれた際に、青山議員が必死に気配を消しまくっている姿を捉えた”お笑い動画”を紹介したけど、こんなお方を応援に呼んでしまった花角さんは、かなりの失策をおかしてしまったんじゃないかしら?

花角氏も必死に自らの立ち位置を消しつつ「市民派」を装っていたけど、(先日の支援者による女性ヘイト発言といい)これでいよいよその隠していた正体が露わになってきた感じだ。

選挙戦の方は今でもかなりの接戦が伝えられているけど、どうか、新潟県民による良識のある投票行動を期待するとしよう。

↓おまけ:籠池氏の証人喚問時に、必死に自らの気配を消す青山氏。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事