【大炎上】萩生田氏「少し『ワイルド』な憲法審査を進めないといけない」「令和になったらキャンペーン張るしかない」…”増税延期”に続きトンデモ発言連発!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月18日に配信された「虎ノ門ニュース」に出演した萩生田幹事長代行が、「消費増税延期」の可能性を示唆する発言以外にも、番組内で耳を疑うような発言を連発させ、大炎上に発展している。

・安倍総理の側近である萩生田氏は、総理自身が野望を抱き続けている”改憲”について、憲法審査会の開催に消極的な野党を非難した上で「自民党は少し『ワイルド』な憲法審査を進めないといけない」「我慢してきたのに、なかなか開けないということは、令和になったらキャンペーンを張るしかない」と発言。

・これに対して野党や国民から批判が殺到。スタンドプレー的な暴言に与党内からも苦言が出てくる可能性がある。

憲法審「5月以降はワイルドに」=萩生田氏が発言、野党反発

自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネット番組で、今国会で1度も開催されていない衆参両院の憲法審査会について、「(天皇陛下の)ご譲位が終わって新しい時代になったら、少しワイルドな憲法審査を進めていかないといけない」と述べた。

憲法審開催に主要野党が消極的だとして「国民の主権を奪っている。国会の一部の人たちが」と批判。「我慢してきたのに、なかなか開けないということは、令和になったらキャンペーンを張るしかない」と主張した。

この発言を受け、衆院憲法審の山花郁夫野党筆頭幹事(立憲民主)は同日、予定していた新藤義孝与党筆頭幹事(自民)との日程協議を欠席。国会内で記者団に、「出向こうとしたら横から殴られたような感じだ。撤回なり、謝罪なり、けじめをつけてもらわないことには(協議に応じられない)」と強調した。

【msn(時事通信) 2019.4.18.】

↓萩生田氏の「ワイルド発言」は1時間33分0秒くらい~。

さすが安倍総理の子分!?萩生田氏による「ワイルドな憲法審査を行なわないと」の発言に、国民から驚きと怒りの声が殺到!

出典:YouTube

さすが、安倍総理の子分というべきか、萩生田さんが「虎ノ門ニュース」で発した「ワイルド発言」がネット上で大盛り上がりになっているわ。
憲法審査会(国会運営)を「ワイルドに行なわないと」なんて、前代未聞のトンデモ発言ですし、ついに(国民からの負託を受けた)政治のお仕事を「ワイルド(乱暴に・荒っぽく)」にやろうとする人まで出現してきちゃったわ。

思わず、「あんたはスギちゃんか!?」と突っ込みたくなるような、萩生田氏のトンデモ発言だね。

ちなみに、動画を観ればよく分かるけど、聞き手の有本香氏による”誘導”にまんまと乗せられているというか、このスタジオ全体の「トンデモな雰囲気」に完全に飲まれてしまった感が否めない。

萩生田氏は、以前から「口が軽い」との懸念する声があったようだけど、まさにそれを地で行くかのような事態だし、これからは彼のことを「ワイルド萩生田」と呼んでいこうかな。
(まあ、安倍総理の忠実な子分だし、「とにかくワイルドに改憲をやってしまいたい」というのは、「安倍総理自身の心の声を代弁している」ともいえるのかも。)

ちなみに、ご本人も相当にワイルドな方みたいで、高校(早稲田実業)時代に高田馬場で朝鮮高校の生徒と大乱闘事件を引き起こして、警察沙汰になった挙げ句、停学処分にされた過去をお持ちとのことよ。
朝鮮カルトの統一教会との関係も深いみたいですし、色々な意味でワイルドな人ね。

自身の落選中に、あの加計学園の名誉客員教授のポストを与えてもらっていることも忘れてはならないね。

萩生田氏のみならず、安倍政権全体の国会運営そのものがどんどんワイルドになってきているし、このまま日本全体がワイルドになっていけば、いよいよ秩序もモラルもへったくれもない「修羅の国」と化してしまうんじゃないかな。

Pocket

 

 関連記事