【出た】萩生田幹事長代行が「消費増税延期」を示唆!「『この先危ないぞ』と見えてきたら、また違う展開はあると思う」…”安倍カルト番組”「虎ノ門ニュース」内で言及!

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年4月18日、安倍総理を礼賛する集団が集結するインターネット番組「虎ノ門ニュース」に萩生田幹事長代行が出演し、「10%消費増税の延期の可能性」について言及した。

・萩生田氏は、「6月の日銀短観の数字をよく見て『この先危ないぞ』と見えてきたら、また違う展開はあると思う」と述べ、この場合には衆院解散選挙を行なう必要があるとの考えを明らかに。この発言に対して、各界で大きな波紋が広がっている。

自民・萩生田幹事長代行、消費増税見送りに言及=「国民の信問う」

自民党の萩生田光一幹事長代行は18日のインターネット番組で、10月に予定される消費税率10%への引き上げについて「6月の日銀の全国企業短期経済観測調査(短観)の数字をよく見て『この先危ないぞ』と見えてきたら、また違う展開はあると思う」と述べ、見送りの可能性に言及した。

萩生田氏は「増税をやめるなら国民の信を問うことになる」と語り、安倍晋三首相が衆院解散・総選挙に踏み切る必要があるとの認識を示した。

【時事通信 2019.4.18.】

百田尚樹氏 消費増税延期報道で番組名無視のメディアに怒り「名前くらい書けよ、クソメディア!」

構成作家の百田尚樹氏(63)が18日、大手メディアに憤慨した。

自民党の萩生田光一幹事長代行(55)は同日、インターネット番組「虎ノ門ニュース」の中で、10月の消費税増税を延期する選択肢もあることを示唆。

~省略~

これを受け、国内外の大メディアが「消費税延期も」と報道したが、その発言がどこから引用されたものなのか言及はなかった。

百田氏は「今日、多くの新聞やメディアが、『消費税延期もあり得る』という萩生田・自民党幹事長代行の発言をニュースとして報じているが、その発言がなされたのは、『虎ノ門ニュース』の中と報じているところはどこもない。他の番組の中の発言をニュースにするのはいいけど、名前くらい書けよ、クソメディア!」とツイート。

情報の発信源に敬意を払うよう訴えた。

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2019.4.18.】

出典:NAVERまとめ

ネット上では「やっぱり来た」との声が多く上がるも、与党内では「萩生田発言」に対して混乱・批判の声!

自民 萩生田氏 日銀短観の内容次第で消費税延期も

~省略~

自民 森山国対委員長「党として議論していない」
自民党の森山国会対策委員長は記者団に対し、「林幹事長代理を通じて二階幹事長に確認したが、党として萩生田氏が発言したような議論をしているということは全くない。党として、そういうことを決めたということではない」と述べました。

石破元幹事長「国民に対して無責任だ」
自民党の石破元幹事長は、記者団に対し「どういう場合に消費税率の引き上げを延期するのか、萩生田氏の話だけでは分からない。自民党内で、どういう状況になったら延期し、全世代型の社会保障の財源はどうするのか、議論を詰めないと国民に対して無責任だ」と述べました。

自民党の幹部は「萩生田氏は、どういう立場で発言したのか。そんな発言をする権限はない。立場を考え、発言には気をつけるべきだ」と批判しました。

また、別の幹部は「萩生田幹事長代行は、安倍総理大臣から指示を受けて 発言したわけではない」と述べました。

公明 石田政調会長「延期する状況ではない」
公明党の石田政務調査会長は、記者団に対し「どういう思いで発言したか分からないが、引き上げを延期する状況ではない。引き上げに向けて、さまざまな準備をして、予算も成立し、幼児教育の無償化も実施する予定にしている。株価も安定してきているし、ヨーロッパやアメリカの経済も若干落ち着きを取り戻している」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2019.4.18.】

日商会頭、萩生田発言「信じられない」=消費増税見送り論を批判

日本商工会議所の三村明夫会頭は18日の定例記者会見で、自民党の萩生田光一幹事長代行が10月に予定される消費税率の引き上げを見送る可能性に言及したことを「信じられない」と批判した。三村氏ら日商幹部は同日午前に麻生太郎財務相と会談し、引き上げに伴う軽減税率への対応などで協力を求められたばかりだった。

~省略~

【時事通信 2019.4.18.】

加計疑獄でも色々暗躍していたことが分かっている安倍総理直属の子分・萩生田幹事長代行が、安倍シンパが集結するネット番組「虎ノ門ニュース」の中で、消費増税延期の可能性について言及したみたいね。
ネット上では、「やっぱり来た」「予想通り」との声がたくさん上がっているけど、与党内や経済界からはこの発言について「信じられない」「どういう立場で発言したのか」などの批判の声や混乱する動きが起こっているみたいだわ。

最終的に安倍政権がどのような決断をするかは現時点では分からないものの、予定通りに消費税を10%にすれば、日本経済がかつてなかったまでにボロボロになり、一般国民にとってはかつてないほどの「大貧困時代」がやってくるのは間違いないだろうからね。

近くに行なわれる二つの衆院補選の結果によって、最終的な判断が行なわれる可能性が高そうだけど、いずれにしても、野党は「ありとあらゆるケース」を想定した上で周到に準備をしておかないと、確実に惨敗することになるぞ。

ここに来て、立憲民主の枝野代表が「野党候補の一本化」に言及し、ようやく「現実的な路線」に切り替える動きを見せていますが、野党側は最低限、「全ての候補の一本化」「大幅な消費減税(さらには消費税廃止)」くらいの思い切った公約を掲げない限り、勝利するのは難しい状況ではないでしょうか。

IWJさんが、安倍政権が「消費減税」を掲げて、衆参同時選挙に大勝利するシナリオを密かに持っている可能性について報じているけど、確かに、これも大いに有り得ることなんじゃないかな。

これまでも、安倍政権は様々なフェイクを駆使し、トリッキーなシナリオを展開しながら、巧みに日本国民を騙し誘導することでここまでの権力を手に入れてきたけど、次の選挙においても一般国民を欺く様々なシナリオや茶番を用意してくるのは間違いないだろう。
国民自身も、くれぐれもこれらのトリックに騙されないようにしなくてはならないし、野党自身も「あらゆるケース」に備えて、最低でも野党共闘態勢を万全に整えておかないと、いよいよ、安倍一派(の上に控えるグローバル資本勢力)による「日本国家の本格的な破壊」と、”憲法改悪”によるディストピアがやってくることになる。

次の国政選挙が、日本の未来を大きく占う”分水嶺”になるのは間違いないだろうし、改めて野党の議員には、日本を守る「最後の防波堤」として、徹底的な選挙対策を行なって欲しいと思うよ。

安倍政権のバックに巨大なグローバル資本勢力が控えている以上、野党にとっては本当に大変な選挙戦になりそうだけど…野党全体が一致団結した上で一般国民の心を大きく動かすような、大胆で魅力的で公約を掲げて支持拡大を図っていくことで、どうにかして安倍政権による”憲法改悪”によるディストピア化を食い止めて欲しいところだわ。

Pocket

 

 関連記事