■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

東京五輪グッズが大量に売れ残り!「グッズの売れ行きに関することは外部に言わないように」と組織委がメーカーに圧力も!担当者「大量のごみと化すことを覚悟」「廃棄が数万点にのぼるかも」

東京五輪グッズが大量に売れ残り!「グッズの売れ行きに関することは外部に言わないように」と組織委がメーカーに圧力も!担当者「大量のごみと化すことを覚悟」「廃棄が数万点にのぼるかも」
Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ危機の深刻化の中での東京五輪の強行に、多数の国民から強い反対の声が上がっている中、東京五輪関連グッズが全く売れていない現状が報じられた。

5~7%ものロイヤリティーを組織委が徴収する仕組みの中で、すでに莫大なロイヤリティーを先に支払った業者もあるといい、メーカー担当者からは「大量のごみと化すことを覚悟している」「廃棄が数万点にのぼるかも」との悲痛な声が上がっているうえに、組織委からメーカーに対して「グッズの売れ行きに関することは外部に言わないように」との口止めや圧力ともとれる通達が行なわれたという。

売れぬ五輪グッズに“かん口令”? メーカー悲痛「大量のゴミと化すことを覚悟」〈dot.〉

~省略~

東京五輪・パラリンピック組織委員会とライセンス契約を結び、公式グッズを製造するメーカーは約90社ある。

メーカーは小売価格の5~7パーセントをロイヤリティー(権利使用料)として組織委員会に支払う仕組みだ。実際に売れた数ではなく、製造数に応じたロイヤリティーが生じる。さらに小売価格の2パーセントを、販売促進支援のための経費として支払う。

複数のメーカーに売り上げの現状を尋ねたが、厳しい状況をにおわせつつも「組織委を通して許可を得てからではないと、取材に応じられません」「話せないことになっている」などと回答を控える担当者が多かった。

匿名を条件に答えてくれたあるメーカーの担当者は昨年の春ごろ、組織委から連絡を受け「グッズの売れ行きに関することは外部に言わないように」という趣旨の“かん口令”を敷かれたという。「突然の連絡でしたし、文書で通知を受けたわけではなく口頭だったので真意は図りかねますが、時期も時期でしたので、五輪に関してマイナスなことは言わないようにという『口止め』のような印象を受けましたね」

この担当者はグッズの売れ行きについて、暗い見通しを口にする。

「弊社では数万点のグッズを準備しましたが、当初目標の3分の1でも売れてくれれば万々歳だと思っています。

~省略~

詳細な数字は明かせませんが、大量の売れ残りが出てゴミになることは覚悟していますし、相当な額の赤字が生じることは確実です」

~省略~

別のメーカーの担当者も、「うちも従業員が、組織委から売り上げに関する情報を出さないでくれという趣旨の連絡を受けた」と明かしつつ、

「この状況では隠したって仕方がない。売れ行きは全然だめです、本当にだめ。どのくらい売れてないか数字が出せないくらい売れていません。このままでは廃棄が数万点にのぼるかもしれない」と危機感を募らせる。

そして、

「契約前にあらかじめグッズの製造数の概算を出し、このくらいのロイヤリティーが支払えると見積ったうえで契約しており、ロイヤリティーはすでに組織委に支払っています。コロナなんて誰も見通せなかったし、こちらも利益が出ると見込んで契約を希望したので仕方がないことですが、たとえ五輪が中止になっても1円も返ってきません。売れないとメーカーの赤字が膨らむだけなんです」

とこぼした。

~省略~

【Yahoo!ニュース(AERA dot.) 2021.6.24.】

「当然の帰結」!?「世界中の人々を騙すウソと莫大な裏金」で実現した東京五輪によって、あらゆる要素で莫大な損失と損害が発生!

東京五輪の関連グッズが全くといっていいほど売れていない現状が報じられました。
中でも最悪なのは、組織委に(売り上げ量を前もって見積もった上で)ロイヤリティーを先払いしたメーカーで、予想外のコロナ危機の発生と国民からの強い反対の声によって、凄まじい額の損害を被る見通しが伝えられています。

まあ、安倍前総理による「アンダーコントロール」の稀代の大ウソスピーチと莫大な裏金を投じて実現させた東京五輪の行く末としては「全く当然のもの」であり、自業自得という感じではあるけど…とにかく「見通しを誤った」「判断を間違えた」としか言いようがないね。
それにしても、「ロイヤリティーを先払い」とか、「売り上げに関することを外部に伝えるな」とか、組織委は一体どこまで強大な(不当な)権力を持っているのだろう

猪瀬直樹元東京都知事が、IOCのことを「国家主権を超越した存在」などと言い放っていたけど、組織委もIOCに次ぐくらいの強大な権力を保有しているってことだし、要は、五輪関連組織やスポンサー企業が、国民や国家をも思いのままに支配するほどに強大な権力を得ている実態があるってことであり、(いつも言ってるように)東京五輪そのものが「グローバリズムのシンボル」ってことだ。

こうした(民間資本が国家を支配し、国民の生殺与奪を直接的に握る)構図は、特に小泉・竹中政権から顕著に表れるようになってきましたが、多くの人々がこれをよくよく認識できていなかった中で、東京五輪を機に、この「グローバリズム」の腐った構図が多くの日本国民に図らずも認識されるようになったこと自体は、唯一ともいえる幸いだったのかもしれません。

そうだね。
多くの人々が、東京五輪を通じて「民間の巨大企業が国家権力をも上回る権力を有するようになり、法律をも自由に歪めるほどの力を持っては、国民の血税や財産を思いのままに搾取・占有していく」というグローバリズムの恐ろしさを真に認識してくれることを願っているよ。

そして、このまま東京五輪を強行しても、ますます誰もグッズを買わないのは確実だろうし、むしろ、この土壇場で東京五輪を中止した方が「前代未聞の”幻の東京五輪”関連グッズ」と化し、もしかしたら大きなプレミアがついては購入希望者が殺到するかもしれないぞ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事