■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【一体何が】GACKTが突如「芸能活動の無期限停止」を発表!新型コロナやワクチンに懐疑的な意見を表明の中で!事務所「幼少からの神経疾患により一時は命に関わる状態に陥った」

【一体何が】GACKTが突如「芸能活動の無期限停止」を発表!新型コロナやワクチンに懐疑的な意見を表明の中で!事務所「幼少からの神経疾患により一時は命に関わる状態に陥った」
Pocket

どんなにゅーす?

ミュージシャン・俳優のGACKTが、突如「芸能活動の無期限停止」を発表。事務所の発表によると「幼少期からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にもかかわる状態に陥った」としており、現在重度の発声障害が出ていることから、主治医がいる海外で精密検査を受ける方針だという。

これまでGACKTは、新型コロナ危機やワクチンに対して懐疑的な意見を表明してきており、ネット上ではこれらとの関連を疑う声が多く上がっている。

GACKTさん 芸能活動 無期限休止を発表 病気治療のため

~省略~

マネジメント事務所の発表によりますと、GACKTさんは、先月6日に海外の滞在先から帰国したあと体調不良を訴え、その後容体が急変し「幼少期からの神経系疾患がきっかけとなり、一時は命にも関わる状態に陥った」ということです。

それから数週間は体調が悪化した状況が続き、現在、容体は安定しているものの、重度の発声障害を併発し声を出す仕事の続行は不可能だと医師の診断を受け、芸能活動を無期限休止するとしています。

今後は主治医がいる海外で精密検査を行い、活動再開に向けて治療に専念する予定だということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2021.9.8.】

GACKT 無期限活動休止、重度の発声障害 一時重篤…容体落ち着くも話すこともままならない状態

~省略~

エージェント事務所によると、GACKTは8月6日、所用のため滞在していたキプロスから帰国。「体調が悪い」と訴え、その後容体が急変。幼少からの持病である神経系疾患がきっかけとなり、一時は命に関わる状態に陥ったという。

体調が悪化した状態が数週間続き体重は10キロほど落ちたが、現在の容体は安定。ただ重度の発声障害が併発したため、声を出す仕事ができず無期限の活動休止となったという。関係者は「歌はもちろん、打ち合わせの会話もできない状態です。回復時期の見通しも立っていません」と明かした。

GACKTは現在、毎週土曜にニコニコ生放送「GACKTと一緒に家呑み!!」を配信している。8月14日から体調不良を理由に休止しており、同31日には9月の生配信を見合わせることが発表された。ファンの間では新型コロナウイルスへの感染も心配されていたが、エージェント事務所は「新型コロナではありません」とした。

~省略~

今後についてエージェント事務所は、主治医がいて活動拠点でもあるマレーシアに戻り、持病や発声障害に関する精密検査をした後、活動再開に向けた治療に専念するとした。

~省略~

【Yahoo!ニュース(スポニチアネックス) 2021.9.8.】

「コロナは風邪」GACKTにコロナ感染騒動 活動休止発表前に重病説も浮上

~省略~

GACKTはこれまで、新型コロナに対して、自身のライブ配信で極端なほどに楽観的な見方を披露してきた。5月には「まあまあまあ、皆さん、ちょっとコロナよくないすか? もうあんまり神経質になることやめないですか?」と語り、こうも続けていた。

「コロナコロナって言ってますけどね。もう風邪ですよ、これ。風邪。例年ね、風邪で亡くなるかたもいっぱいいるわけですから」

また、その1か月前には、「もう有名人の誰が感染したとかやめませんか? いまさら。別に誰が感染しようが、ニュースにする必要あります? クソですよ、これ」などと、コロナ恐るるに足らずと言わんばかりの持論を展開してきた。

なかには、「これ世界的な仕掛けがありますよね。誰が得してるかって話なんですけどね。どなたが儲かるんでしょう。どの国が儲かっているんでしょうか。考えてみてください」

と、アメリカのファイザー製薬の陰謀論を語ることも。

「こういった発言があったため、いまさらコロナの感染を明かしにくいから、それ以外の理由で活動休止を決めたのでは、という憶測が広がったのです」(前出・芸能記者)

~省略~

【NEWSポストセブン 2021.9.8.】

「幼少からの神経疾患が再発し一時期生命の危機に」の事務所発表を鵜呑みにする人はほぼ皆無!GACKTが突然姿を消した理由について様々な憶測飛び交う!

出典:Wikipedia

これはまた、何とも奇妙なことになってきたわね。
ただでさえ”正体不明”で、様々な「闇の世界」と通じているGACKTさんである以上、当然ながら、事務所による発表を鵜呑みにしている人はほとんどいないのが現状だわ。

●過去参考記事:”GACKTコイン”こと仮想通貨「スピンドル」が暴落!”無登録営業”によって「ガクト逮捕か?」の声も!会社と繋がる野田聖子総務相もピンチに!

おまけに、「翔んで埼玉」の続編が発表されたばかりで、本人からも(多くの人に大きな期待を抱かせるような)ノリノリのコメントが出されていた中での突然の事態だからね。
いずれにしても、事務所による「幼少からの神経疾患が再発し、一時期生命の危機に陥っては重度の発声障害が生じた」という発表は、GACKTの神格性や神秘性を印象付けるための”創作”である可能性があるし、真相は別にある可能性が高そうだね。

そうなると、日本国内でコロナ感染症に罹った(現在国内で入院中)か、あるいは、コロナ危機そのものやワクチンに対して懐疑的な意見を発信していたことで、相当に強烈な圧力や弾圧を受けた可能性がありそうだわ。

これまでも、(元N国立花氏など)「コロナはただの風邪」との意見を発信しつつ自らが発症したことで、自分自身でブランドイメージを下げてしまった有名人がいるけど、GACKTも同じパターンである可能性もあるし、もう少しうがった見方をすると、ワクチンに反対する意見を発信したことでグローバリストから相当に強い脅しを受けてしまい、当分(永久に?)日本で芸能活動を行なうことがどうしても出来なくなってしまった…?なんていうケースもあるかもしれないね。
とにかくも、「翔んで埼玉」の撮影が続行不可能になってしまっただけでも相当に莫大な額の損失が発生するのは間違いないし、「何かよほどのことが起こった」と考えるのが自然だね。

真相が表沙汰にされることは永久になさそうだけど、この先、ますますネット上で様々な憶測を呼ぶことになるのは間違いなさそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事