■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

G7、菅政権の「今夏に東京五輪開催する決意」を支持!新型コロナワクチンの「世界中に普及させる必要性」も確認!米バイデン政権が主導し「グローバリズム(世界デジタル奴隷制度)」を強固に推進へ!

G7、菅政権の「今夏に東京五輪開催する決意」を支持!新型コロナワクチンの「世界中に普及させる必要性」も確認!米バイデン政権が主導し「グローバリズム(世界デジタル奴隷制度)」を強固に推進へ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月19日、G7(日本、フランス、アメリカ、イギリス、ドイツ、イタリア、カナダ)首脳によるオンライン会議が開催され、菅総理が主張している「今夏に安全・安心な形で東京五輪・パラリンピックを開催するとの日本の決意」について、各国首脳が支持する考えを明らかにした。IOCバッハ会長もG7の声明を強く歓迎した。

・このほか、新型コロナワクチンについて、発展途上国へ広く供給させるための枠組み「COVAX(コバックス)」などに75億ドルの支援を行なうことも確認。新たに樹立した米バイデン政権が主導する形で、「五輪開催のための世界的なワクチン普及」をはじめとした、世界政府主義(グローバリズム)が地球規模で再び強固に推し進められていく方向性が明確になりつつある。

G7、五輪開催決意を支持 菅首相、バイデン大統領も初参加

先進7カ国(G7)首脳は19日、テレビ電話会議を開いた。新型コロナウイルスに打ち勝つ世界の結束の証しとして今夏に安全・安心な形で東京五輪・パラリンピックを開催するとの日本の決意を支持するとの首脳声明をまとめた。発展途上国にも新型コロナワクチンの供給を目指す枠組み「COVAX(コバックス)」などへの75億ドル(約7900億円)支援を確認。今年を多国間主義への転換点と位置付け、トランプ前米政権で損なわれた国際協調路線への回帰を鮮明にした。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2021.2.20.】

出典:TBS News

G7各国が「東京五輪開催のためにコロナワクチンの世界的な普及を…」のキャンペーンに加担か?バイデン政権の誕生で「グローバリズムの深化(世界デジタル奴隷システム)」がますます加速!

予想(心配)していた通りの展開になってきているわね。
ネット上では、「G7は今夏の東京五輪開催自体に賛同したわけではない」との声が上がっているけど、東京五輪の開催について、各国の首脳から懸念や否定的な考えが全く出なかったのなら、これは事実上、「菅政権の東京五輪強行開催」に同意しているも同然じゃないかしら。

他の国の首脳たちは、日本の為政者と比べて計算高くて狡猾だから、当たり障りなく上手に振る舞っているのであって、実際に起こってきている「世界的な流れ」として、「東京五輪や(22年開催予定の)北京五輪開催のために世界的なワクチンの普及が必要である」との方向に物事を進めていこうとしているのは間違いないだろう。
共同通信では、今回の会議の内容について、「今年を”多国間主義への転換点”と位置付け、トランプ前米政権で損なわれた”国際協調路線への回帰”を鮮明にした」と報じているけど、これこそが、まさに「国境を持たない巨大な資本勢力による、『地球規模のデジタル奴隷システム』の構築」を指しているのであり、反グローバリズム寄りだったトランプ政権の失脚を機に、ビル・ゲイツグローバリストのアジェンダが、よりスムーズかつ強固に推し進められていく流れが、今回のG7でより明確に示されたといえそうだ。

●過去参考記事:【出た~】菅総理とビル・ゲイツ氏が電話会談!ゲイツ氏が「東京五輪強行開催」を要求!菅総理「五輪必ずやりきる」!→ネット「何でゲイツが五輪を推すんだよ」「ワクチン強制待ったなし」

ネット上をみてみると、「菅政権単体の批判」は盛んに行なわれているものの、その一方で、G7やグローバル機関に対しては賛辞・信仰するような風潮がみられるけど、もっとマクロかつグローバルな視点で日本や世界の問題をよく見つめ、「世界支配層(グローバル資本勢力)は日本や世界をどのようにしようとしているのか?」という視点を常に持ちながら、国内外の動向を注意深くウォッチし分析していくことが必要だ。

とにかくも、まさに菅政権は紛れもなく「グローバル共同体の一部」であり、グローバリストの意向通りに日本国民を苦しめ、民主主義システムの破壊をせっせと行なっているということを今回のG7で最確認できたよ。

ビル・ゲイツさんらが利権を握っている、グローバル製薬企業製の新型コロナワクチンが信じられないようなスピードで開発されては、あっという間に全世界に普及しようとしている状況を見ても、「全てが計画通り」に進んでいるようにしか見えないわ。
菅政権を徹底的に批判したことでこれを失脚させることが出来たとしても、反グローバリズム寄りの政権を樹立させない限り、次から次へと「国民を不幸にするグローバル傀儡政権」が誕生するだけですし、そろそろこの「死のスパイラル」から脱して、「真の民主主義を実現させるための思考の転換」を行なっていくことが重要なんじゃないかしら?

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事