【怪しい人】フィフィが丸山穂高議員の辞職勧告に疑問符!「世論に反するからといって辞任を迫るってどうなんだろ」…過去には野党議員を貶める悪質デマを拡散!

Pocket

どんなにゅーす?

・現行憲法を根底から否定している上に、日露領土交渉に深刻な亀裂を生み出しかねない「戦争肯定発言」によって、各所から激しい批判を受けている丸山穂高議員に対して、エジプト出身の安倍シンパタレント・フィフィが、野党が提出した辞職勧告案に疑問符を投げかけた。

・フィフィは、ツイッター上で「私は丸山議員と同じ考え方には無いが」とした上で、「世論に反するからといって辞任を迫るってどうなんだろ」とツイート。これに対してネット上で様々な反応が起こっている。

・フィフィは以前より、一見して中立をアピールしつつも、安倍政権を強力にサポートする言行を連発野党議員を不当に貶めるデマを拡散するなどの問題行動も度々起こしている。

これまでも怪しげな「安倍政権サポ活動」を展開してきたフィフィが、「憲法違反発言」を「世論に反する」と矮小化しつつ丸山議員を擁護!

出典:Twitter(@FIFI_Egypt)

出典:Twitter(@FIFI_Egypt)

これまでも、一見して「中立派」を装いつつも安倍政権を強力に援護してきたフィフィさんが、上記のツイートで野党が提出した辞職勧告決議案に疑問符を唱えています。
このツイートに対して(なぜか)大量の「賛同の声」が寄せられている状況ですが、安倍政権が丸山議員の辞職勧告に後ろ向きなのを受けて、ネット上でも丸山議員を擁護する世論誘導(情報工作)が始まっているのを感じます。

フィフィといえば、今年(2019年)の2月に、千葉・野田市で起こってしまった児童虐待死事件に乗じて「立憲・蓮舫議員が児童虐待防止法改正に反対した」という悪質なデマをツイッター上で流布させたことが記憶に新しい、非常に怪しげな外国人「安倍シンパタレント」だ。
当時、このツイートがデマであることが発覚した後には、「私の影響力ってw」との”悪ふざけツイート”をしたかと思えば、「何度も謝ってもダメなんですか?」と”逆ギレ”したり、はたまた「何度も何度も謝ってるのに、追い詰められてしまうなんて苦しいです。怖いです」などと”被害者面”に転じたりと、短期間の間に”おかしなツイート”を繰り返したことは当サイトでも当時に伝えた
当時の彼女の動向を見ても、微塵も信用に値しない「怪しげな人物」なのは言うまでもないかと思うけど、(あの後しばらく”沈黙状態”になっていた記憶があるけど)まさか、知らぬ間にちゃっかりと復活していたとはね。

しかも、一見すると正論っぽいことを言いつつも、その内容をよく読むと、悪質な詭弁による”安倍サポート(グローバリズム誘導)”がちりばめられているのも相変わらずだ。
丸山議員が辞職勧告を受けている”最大の理由”は、日本国憲法の根幹である「平和主義」「国民主権」「戦争放棄」を根底から否定する発言だったからなんだけど、それを彼女は「世論に反する発言」と大きく矮小化させてしまっているね。

それに、「選挙の際に国民に判断させるべき」と主張しつつ、「国会議員が勝手に辞職勧告すべきではない」との声も結構上がっていますが、そもそも、その国会議員こそが「選挙を通じて国民からの負託を受けて職務を行なっている状況」ですので、これ自体も特に大きな問題はないのではないでしょうか。

とどのつまりは、安倍政権による「丸山議員を邪険に扱いたくない」「同議員を政権の権力アップの”駒”に利用したい」などの思惑を遂行させるため、あの手この手の詭弁で世論誘導(国民騙し)が展開され始めてきたということだ。
フィフィのツイートに異様なまでに「賛同する意見」が寄せられているけど、恐らくこの中にネット工作員や安倍親衛隊が多く混ざっているだろうし、またしても、安倍官邸の”思惑通り”に事を進めて行くべく、様々な「騙し」や「誘導」が始まったとみるのが良さそうだ。

維新そのものが丸山議員に強力に辞職を促しているのも、どうも「一定の怪しさ」が伴っていますし、そもそも、他にも丸山議員と同じような路線の議員を多く抱えているにもかかわらず、「彼のみ」を追い出したことそのものも整合性が伴っていないように感じます。

丸山議員は、以前に松井氏や橋下氏にも噛みついていたことがあったし、とにかく自分たち(幹部)に従順な「奴隷議員」だけを抱えていたいのだろう。
とにかく、維新の動向もフェイク臭さがプンプンだし、(軍産グローバリストによる)新たな「国民騙し」の世論誘導が全開になってきていることについて、今後も強く警戒していくべきだろう。

Pocket