フィギュア・ソチ五輪銅のデニス・テン選手(25)が強盗に襲われ死亡 カザフスタン国民が悲しみの声、村上佳菜子さんら日本のフィギュア界からも

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年7月20日、14年のソチ五輪でカザフスタン史上初のフィギュア銅メダルを獲得したデニス・テン選手(25)が、強盗に襲われ死亡した。

・報道によると、テン選手は、カザフスタン南東の都市アルマトイの街中にいたところ、自身の車のミラーを盗もうとしていた2人組の男と口論となり、右太ももをナイフで刺されたという。

・テン選手は病院に搬送されたものの、すでに3リットルの出血をしており、懸命の救急措置も叶わなかったという。カザフスタン国内は深い悲しみに包まれており、日本や世界のフィギュア界やファンからも悲痛な声が続々寄せられている。

デニス・テン選手、強盗に襲われ死亡 ソチ五輪・フィギュアで銅

フィギュアスケート男子で2014年ソチ冬季五輪で銅メダルを獲得したデニス・テン選手(25)=カザフスタン=が19日、同国のアルマトイで強盗に遭い刺殺された。地元メディアの「KAZINFORM」などが報じた。

報道によると、事件は午後3時(日本時間同6時)ごろ起きた。男2人組とみられる強盗が、テン選手の車からミラーを盗もうと試みたのが発端。口論が次第に激しさを増し、最後はナイフでテン選手が刺されたという。通りかかった人が救急車を呼んだが、太もも上部から大量に出血しており、すでに意識はない状態だったという。緊急搬送された病院で、2時間にわたって蘇生措置が施されたが、午後5時半に死亡が確認された。

カザフスタンのスポーツ界をリードしていたテン選手の死は大きな衝撃を与えており、カザフスタンのほかロシアメディアも速報で伝えた。また、カザフスタンのスポーツ文化相は死亡が確認される前、「大きな悲劇で、頭の整理ができない。みんな彼が回復することを祈っている」と語っていた。

エフゲニー・プルシェンコさん(06年トリノ五輪で金メダル)らを育てたことで知られるロシアのコーチ、アレクセイ・ミーシン氏はノーボスチ通信の電話取材に「デニスは立派な人間、輝けるフィギュアスケート選手、すばらしい息子、同僚として、私の記憶と全フィギュア・スケート界の記憶に残る」と語った。

【ハフポスト(朝日新聞) 2018.7.19.】

カザフスタンの国民的スケーター突然の死に母国のみならず、世界中から衝撃と悲しみの声

出典:Twitter(@Tenis_Den)

そ、そんなっ…!!
デニス・テン選手といえば、14年のソチ五輪で圧巻のフリーの演技で銅メダルを獲得した選手よね…!!

こんなことって、あるの…っ!?

早速、世界中から衝撃と悲しみの声が寄せられていてぇ、日本のフィギュア関係者やファンの皆さんからもたくさんのショックの声が湧き上がっている状況ですぅ…!

報道を見る限り、本当に突発的なトラブルに巻き込まれてしまい、亡くなってしまった感じなのだろうか。
(現時点で犯人は捕まっておらず、警察が行方を追っているとのことだ。)

太ももを刺されたことが致命傷になってしまったのも、かなり運が悪かったように思えるし、多くの不運と悪い偶然が重なり、このような事態になってしまったのかもしれない。

ボクも、オリンピックなどの世界大会での存在感のある演技が印象に残っていたし、まだ多くの展望と未来が残されていたはずだったのに、まさかこのような形で彼の演技が二度と観られなくなってしまうとは…

特にカザフスタンの母国の人々の悲しみは計り知れないだろうし、彼の演技がとても好きだったボクも、心からのご冥福をお祈りするよ。

関係者の方からの声を聞きましても、とっても優しくて紳士的な人柄だったことが伝わってきますですぅ…。
私も、テンさんのご冥福を心よりお祈りしますですぅ。

おススメ記事&広告

 
Pocket