■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】森元組織委会長が「女性というにはあまりにも年だ」とまた最凶暴言!、スエズ運河のコンテナ船座礁・日本の船会社が甚大な賠償支払う可能性!?、「スポンサーファースト」の聖火リレーに不快感や批判が噴出!

【ゆるねと通信】森元組織委会長が「女性というにはあまりにも年だ」とまた最凶暴言!、スエズ運河のコンテナ船座礁・日本の船会社が甚大な賠償支払う可能性!?、「スポンサーファースト」の聖火リレーに不快感や批判が噴出!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2021年3月27日号)

まさにつける薬なし!森元組織委会長が「『女性』というにはあまりにも年だ」とまた最凶の暴言!→早速大炎上に!

森氏が発言「女性と言うには年」 知人秘書、また蔑視批判も

森喜朗元首相は26日夜、東京都内で開かれた河村建夫元官房長官のパーティーで、衆院議員会館の河村氏事務所にいるベテラン女性秘書に触れ「河村さんの部屋に大変なおばちゃんがいる。女性と言うには、あまりにもお年だ」と述べた。女性蔑視発言で東京五輪・パラリンピック組織委員会会長を2月に辞めたばかりで、批判が集まりそうだ。

~省略~

【Yahoo!ニュース(共同通信) 2021.3.26.】


出典:YouTube

もう、このじいさんは手の施しようがないわっ!!
「年を取った時点でもう女性じゃない」と言ってるのと同じですし、一体どこまで傲慢で歪みきった選民思想を持ってるのよっ!!

つまりは、ついこの前に世界中から批判が殺到したことに対しても、「なぜ自分が批判を受けたのか」を本人自身全く分かっていないということだし、さらには自分の考えを改める気も全くないってことだ。
平たく言えば、森氏本人が「女性とは根本的に我々男性より劣った生き物」との思想を強く持っている上に、「これこそが絶対的な真理」と信じて疑っていないってことだし、ここまで頑なにそう思い込んでしまっている以上、もうどうにもならない

どれだけ周りが批判し抗議しようと、これからも死ぬまでずっとこういった類の発言を続けていくだろうし、こうした「男尊女卑」の社会環境を少しでも改めていくには、森氏のような「男尊女卑」の宗教観念を持っている連中を権力の座から引きずり降ろさない限り、根本的な部分で変わっていくことはないだろう。

要は、女性がどんなに傷つき、社会的に不当に抑圧されたり劣った扱いを受けていこうと、「それが当たり前」っていう考えを持ってるってことですし、こうした考えが、ひいては、社会弱者全体が軽視され蔑まれていく社会に繋がっていくってことを私たち自身がよく認識した上で、これからも日本の腐敗しきった権力層の連中を一貫して批判・抗議し続けていく必要がありそうだわっ!

 

スエズ運河のコンテナ船「エバーギブン」座礁が長期化へ…!日本の船会社(正栄汽船)が甚大な賠償を払う可能性も!?

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事