【重大疑惑】加計学園が前代未聞の”不正入試”か!?韓国人受験生の面接試験を全員0点に!職員が文春に怒りの告発!識者からは「認可を取り消すべき」との声!

Pocket

どんなにゅーす?

・安倍総理と特別な関係を持つ加計孝太郎氏が理事長を務める加計学園(岡山理科大獣医学部)で、韓国人受験生の面接試験を全員0点にした”不正入試”疑惑が浮上した。

・加計学園の複数の職員が、証拠の内部文書とともに週刊文春に告発。先進国の教育機関では考えられない大々的な国籍差別が行なわれた内情を明かし、その他の一部メディアもこれを報じている。

・これまでも数々の疑いがくすぶってきた同学園のさらなる重大疑惑の浮上に対し、識者からは「認可を取り消すべき」などの声が上がっている。

韓国人受験生を全員不合格 加計学園獣医学部に「不正入試」疑惑

~省略~

加計学園の幹部職員、武田晶さん(仮名)が怒りを滲ませる。

「A方式の推薦入試を受験した韓国人受験生8名全員が不合格となっています。A方式の推薦入試は、学科2科目と面接試験、高校での成績を反映した評点平均値、各50点、計200点満点で採点されます。驚くべきことに、韓国人受験生全員の面接試験での点数は0点。なかには面接で10点でも取れれば合格点に達する受験生もいる。これまで面接試験で0点というのはほとんど見たことがありません。公平公正を重んじなくてはいけない入試で、国籍差別が行われている事実に怒りを覚えます」

週刊文春が入手した内部文書によれば、受験生の受験番号、出身地、得点、合否が記されており、面接の得点欄には「0」が並び、「不合格」と記されている。この面接結果について学内で獣医学部の教授陣は「日本語でのコミュニケーションが著しく困難だった」と説明している。だが、前出の武田さんは反論する。

「すべて日本語で記された科目試験で満点に近い優秀な成績を収めた学生もおり、韓国人受験者全員が、日本語に不自由だという説明は不可解極まりないです」

2月21日に加計学園に書面で事実確認を申し入れたが、1週間後に「担当者から連絡します」と言ったきり回答することはなかった。

文科省の担当者に見解を尋ねると、次のように回答した。

「仮に受験生の属性によって差異を設けるのなら、大学側は説明責任が生じます。その上で、不適切な入試と判断されれば、文科省などの調査・指導の対象となり、私学助成の対象から除外される可能性もあります」

~省略~

【文春オンライン 2020.3.4.】

これが事実であれば、差別どころか詐欺事件の可能性も!「アベ友学園」の常軌を逸したトンデモ実態がさらに明らかに!

出典:阿修羅

一体どうなっているのよこれはぁ!?
これまでも、大規模な補助金詐欺疑惑や、インチキなプロセスで認可と開校が強行された疑いが噴出してきた加計学園で、今度は、大々的な不正入試疑惑が浮上しているわっ!!

先進国の教育機関とはまるでかけ離れた”国籍差別”が行なわれた疑いに対して、ネット上では怒りの声が噴出しているけど、いやいや、これは、受験生全員が不合格にされている時点で、差別どころか詐欺事件の可能性も大だろう。
当然ながら、意図的に不正なプロセスで韓国人受験生全員が0点にされたのであれば、必然的に大学としての認可は剥奪だし、加えて、受験料を騙し取った「詐欺事件」として警察や検察が捜査する必要もあるはずだ。

それにしても、開学当時に受験生が全く集まらない事態を受けて、韓国で大々的に宣伝&受験生集めを行なっていたというのに、今度は一転して韓国人受験生全員を不正入試で0点にするとは、まるで訳が分からん。
ていうか、日頃からデマばかりを飛ばしている安倍シンパ・上念司氏や、長州礼賛カルト「日本会議」と非常に親しいモルモン教宣教師のケント・ギルバート氏らが客員教授を務めている時点で、おおよそまともな教育機関ではないのは明らかだし、今回の一件を見ても、もはや大学としての体をなしていないのが現状だろう。

しかも、こんなに不正とインチキまみれのトンデモ組織なのに、今治市がさらに20億円の補助金支給を決めたなんていうニュース出ているし、もうどこもかしこもモラルや秩序が大崩壊だわっ!!

加計理事長と安倍総理の血が繋がっているとの疑惑もいまだに晴れていないし、かつての大日本帝国時代に独裁的な権力を誇った安倍総理の長州一族が、時代を超えて再び不当な特権や独裁性をますます振りかざすようになっているのは間違いのないことだ。
以前にも述べたけど、この加計学園こそ、そんな明治以降連綿と続いてきた「安倍一族の闇」の一端を表しているもののように感じるし、これを機に、まんまとウヤムヤにされてしまった巨大疑惑をもう一度徹底的に究明していく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

   
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事