”余命3ヶ月”全身ガン男性が「犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)」で完治!?「奇跡のような話」を世界のメディアが報道!

Pocket

どんなにゅーす?

全身にガンが見つかり、「完治率1%余命3ヶ月ほど」と宣告された男性が、犬の駆虫薬(虫下し)を服用したことで全身からガンが消えたという、奇跡のような話が世界中で話題になっている。

・この信じがたいような自身の経験を語るのは、米オクラホマ州に住むジョー・ティッペンズさん。犬の駆虫剤に含まれる「フェンベンダゾール」が大きく関係していることが考えられ、この知らせを受けたオクラホマ医療研究基金が、フェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。

がんが全身に転移…余命3カ月の男性が犬の駆虫薬で完治?

~省略~

全身にがんが転移し、「余命3カ月」と宣告された米国の男性が、犬の駆虫薬を飲むことで完全回復したというニュースが世界中の注目を集めている。

英紙「サン」(4月27日付電子版)などによると、この男性はオクラホマ州エドモンドに住むジョー・ティッペンズさん(写真)。

2016年に小細胞肺がん(SCLC)と診断されて治療を始めたが、17年1月には、がんは胃、首、脾臓、骨など全身に転移し、手の施しようのない状態になった。

医者からは「ここまで転移しては回復の見込みは約1%です。余命は3カ月ほど」と宣告された。

ジョーさんは「余命を1年まで伸ばせるかもしれない」という実験療法に参加すると同時に、何か奇跡を起こす別の方法はないものか、とあれこれ調べていた。

ある日、母校オクラホマ州立大学のフォーラムをチェックしていたら、「あなたが、もしくは知り合いががんにかかっているなら、連絡してみて」という投稿が目に入った。

連絡を取ってみると、驚いたことに投稿者は獣医だった。獣医はジョーさんに、次のように説明した。

「偶然、犬の駆虫薬として使われるフェンベンダゾールが、マウスのがん細胞を攻撃した可能性があることが発見されたんです。それでステージ4の脳腫瘍の患者にフェンベンダゾールを処方したところ、6週間も経たないうちに腫瘍が消えてしまったのです」

この話を聞いたジョーさんは実験療法を続けるとともに、フェンベンダゾールをネットで購入、服用し始めた。価格は1週間分でたったの5ドル(約560円)。

そして3カ月後、実験療法を受けている病院で、PET(放射断層撮影法)スキャンを受けたところ、がんがきれいに消滅していたというのだ。

「3カ月前……がんは頭からつま先まで、体中に転移していました。恐ろしい転移で、3カ月以内に100%死ぬという状態でした。ところが3カ月後、PETスキャンには何も映っていなかった。どこにもがんはありませんでした」

~省略~

「がん患者に誤った希望を与える」との批判も受けたが、ジョーさんは次のように語った。

「医学的治療に関するアドバイスをする資格はありません。でもできるだけ多くの人々に体験談を語る資格はあるはずです」

一方、フェンベンダゾールによってがんが治ったというケースが、ジョーさん以外に40件以上あることも判明。

ジョーさんの話を知ったオクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているという。

【Yahoo!ニュース(日刊ゲンダイ) 2019.5.4.】

肺・胃・首・脾臓・骨など、全身にガンが転移してしまった男性が、犬の駆虫薬(フェンベンダゾール)を飲んで嘘のようにガンが全て消えた!?

フェンベンダゾール

フェンベンダゾール は、広範囲な駆虫スペクトルを持つベンズイミダゾール系駆虫薬であり、代表的な商品名は Srifen や Clofen) 、Panacurである。以下のような消化管内寄生虫に対して用いられる:ジアルジア、回虫、鉤虫、鞭虫、テニア属の条虫(ただし犬で一般的な条虫である瓜実条虫に対しては効果があまりない)、蟯虫、肺虫、肺吸虫、円虫および糞線虫など。この薬剤はヒツジ、牛、馬、魚、犬、猫、うさぎ、アシカに投与できる。

~省略~

フェンベンダゾールは肝臓で代謝され、やはり駆虫作用のあるオキシフェンダゾールに変換される。オキシフェンダゾールの一部は、肝臓やルーメン内でフェンベンダゾールに戻る。[2][3]
また、フェンベンダゾール自身も、他の駆虫薬フェバンテルが代謝されて生じる、活性代謝物でもある。[4]

【Wikipedia】

えっええええっ!?
全身にガンが見つかって、手の施しようがない状態に陥ってしまった男性が、まさか、ワンちゃんの虫下し薬で綺麗さっぱりガンが消えたなんてぇ!?
こ、これは本当の話なんでしょうかぁ~!?

う~む。これが本当であれば、人類史上最大級ともいえるほどの大発見かもしれないし、これを発見した獣医さんはまさにノーベル賞ものなんじゃないかな。
ボクもにわかに信じがたいような気分だけど、海外のメディアもこれを伝えているみたいだし、こうした知らせを受けて、オクラホマ医療研究基金がフェンベンダゾールのがん治療の性質に関する研究を始めているというからね。

「一体、これまでの抗がん剤や高価ながん治療はなんだったんだ?」という話になりそうだけど、この人間社会を俯瞰して見てみると、今や多くの人類は、様々な加工食品やシャンプー・洗剤などの日用品、大気中などに含まれている様々な発がん性のある化学物質を日常的に摂取させられており、これが原因でがんに罹っている人も少なくないことが考えられる。
1%の世界支配層は、巨大多国籍企業などを通じて、食品や農産品、製薬などを通じて人類の健康や生命をコントロールしており、自分たちは高価で自然度の高い高品質な食品を口にしつつ、99%の庶民には粗悪で化学的な食品を食べさせながら、(様々な実験やテストを行ないつつ)思い通りに世界の人口を操作してきたことが、近年独立メディアなどの間で指摘されるようになってきた。

もしかしたら、すでに人類はガンに効果的に効く薬を開発しているのかもしれないし、「様々な理由や都合」があることで、これらの薬が世の中に出回っていないのかもしれない。
いずれにしても、サーフェス世界(表層世界)に生かされているボクたちにとっては、知り得ることが出来ないことだし、もしかしたら、今回の話も、すでにごく一部の先進的な医療関係者の間では知られていた話…だったのかも?しれないね。

つまりは、「表層世界」の中で生かされている私たちは、日頃から様々な情報操作や世論誘導の中で生きているせいで、「世の中の深層(真相)」のほんの少しも分かっていない可能性が高いってことなんですねぇ…。

そういうことだね。
それだけに、今回の話はかなり気になるし、これが今後世界のがん治療において新たな転機に向かっていくのか、それとも、このままウヤムヤで終わってしまうのか、今後も気にかけておこうと思うよ。

Pocket