■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

ウクライナ危機がかつなかったまでに緊迫!バイデン大統領「プーチン大統領が侵攻を決断したと確信」!ウクライナ東部では車の爆発や砲撃も!

ウクライナ危機がかつなかったまでに緊迫!バイデン大統領「プーチン大統領が侵攻を決断したと確信」!ウクライナ東部では車の爆発や砲撃も!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年2月18日、米・バイデン大統領がホワイトハウスで記者会見を行ない、「ロシア・プーチン大統領がウクライナ侵攻を決断した」との見方を明らかに。その上で、侵攻が行われない限り、24日に欧州で米ロ外相会談を開く考えがあることを表明した。

・一方で、ロシアが支援する親露派武装勢力とウクライナ軍の紛争が続くウクライナ東部のドネツク州やルガンスク州で車の爆発や砲撃が相次いでおり、ロシアのウクライナ侵攻と米露の大規模な軍事衝突を懸念する声が一層高まっている。

プーチン氏は「侵攻決断」 ウクライナ危機、外相会談へ―米大統領

【ワシントン時事】バイデン米大統領は18日、ホワイトハウスで記者会見し、ロシアのプーチン大統領がウクライナ侵攻を決断したとの見方を示した。その上で、なお外交努力を続けると強調し、侵攻が行われない限り、24日に欧州で米ロ外相会談を開くと表明した。

バイデン氏は、プーチン氏が侵攻に向けて決意したのかと問われ「現時点で彼は決断したと確信している。信じるに足る理由がある」と語った。ただ、理由の詳細には踏み込まなかった。一方で「ロシアはまだ外交を選択することができる」と述べ、緊張緩和に向けて対話を継続するよう訴えた。

~省略~

【時事通信 2022.2.19.】

ウクライナ東部で砲撃相次ぐ ロシア介入への懸念も

ロシアが支援する親露派武装勢力とウクライナ軍の紛争が続くウクライナ東部のドネツク、ルガンスク両州で17日、銃撃や砲撃などの停戦違反行為が相次いだ。親露派、ウクライナ軍共に相手からの「挑発行為」があったと主張し、非難の応酬が続いた。紛争地域での緊張は、ウクライナ国境付近に集結するロシア軍が介入する口実となりかねず、国際社会から懸念が出ている。

~省略~

【毎日新聞 2022.2.18.】

世界各国の動きが水面下で激化する中、「五輪終了後にロシアがウクライナ侵攻を強行する」との見立てが飛び交う!

出典:YouTube

緊張状態が続いているウクライナ危機ですが、バイデン大統領が「プーチン大統領がウクライナ侵攻を決断した」と発表したことで、世界中がかつてなかったまでの緊迫に包まれています。
巷では、「北京五輪終了後にロシアがウクライナ侵攻を強行するのでは」との見立ても飛び交っていますし、いよいよ”始まってしまう”のでしょうか…。

ボク自身は、ギリギリところでどうにか持ちこたえて、破滅的な事態(ウクライナ侵攻)には至らないと予測していたところなんだけど、ますます様々な情報が錯綜しており、本当のところ、一体どうなっているのか、実態の把握が非常に難しい状況になっている。
とにかくも、ロシア政府はもちろん、米国政府や欧州各国政府も、「一線を超える」こと自体何の得もないはずだし、実際のところ、(コロナ危機もウクライナ危機も)カオスと破滅を引き起こそうとしているのは、「破滅と創造」こそが人類社会をより素晴らしいものに変えることが出来ると信じ込んでいる、グローバルカルトの”超政府”(グローバル資本)勢力ということだ。
これらの”超政府勢力”が実体を隠しながら各国の政治家を操っている内情がある中で、言うまでもなく、大手マスコミは一切真相を報じない上に、ボクたち一般市民も「何が起こっているのか」を正確に理解し知ることが非常に難しい実情がある。

かつての世界大戦や、現代における紛争・武力衝突も、基本的に全て「同じ構図」の下で引き起こされていますし、以前と比べて、世界市民の間で強い厭戦感情が伴うようになっている中で、実際に世界大戦のような大規模な軍事衝突を起こすことは、これまで以上に難しくなっているのが実情です。

それだけに、「破滅的事態」はどうにか回避される可能性も十分にあるとみているし、とにかくも、今はこの先の成り行きをただ見守っていくことしかできないね…。

そうですね…。
ただのチキンレースで終わることを願うしかありませんし、「問題の本質」や「最も重要な話題」から遠ざけるための”スピンパフォーマンス”であることを祈るばかりです。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事