■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【出た】IOCバッハ会長、東京五輪参加選手や関係者に「中国ワクチンを提供する考えある」!費用はIOCが全額負担!中国側も「東京五輪成功」のためにワクチンを積極提供する方針明らかに!

【出た】IOCバッハ会長、東京五輪参加選手や関係者に「中国ワクチンを提供する考えある」!費用はIOCが全額負担!中国側も「東京五輪成功」のためにワクチンを積極提供する方針明らかに!
Pocket

どんなにゅーす?

・IOCの総会がオンラインで行なわれた中、「東京五輪の強行開催」を一貫して明言してきたバッハ会長が、参加選手や関係者に中国製のワクチンを提供する考えがあることを明らかに。費用はIOCが全額負担するという。

・また、バッハ会長の発言に合わせるように、中国外務省の趙立堅報道官は、3月12日の記者会見で「我々はIOCと協力し、オリンピックに向け準備している選手たちにワクチンを提供したい」とコメントを発表東京五輪の強行開催に執着する日本政府やIOCに、中国政府が本格的に協力する(日本側に大きな”貸し”を作る)姿勢を見せ始めている。

IOC総会 バッハ会長 選手や関係者に中国製ワクチン提供の考え

~省略~

バッハ会長は「IOCが費用の負担を行う」と述べて、オリンピックとパラリンピックに参加する選手や関係者に中国製のワクチンを提供する考えがあることを明らかにしました。

参加者が2回接種できるだけのワクチンを確保できるとしています。

~省略~

丸川大臣「承認が前提 現時点で日本選手は対象外」
丸川オリンピック・パラリンピック担当大臣は閣議後の記者会見で、IOC側からの事前の調整はなかったとしたうえで「中国製のワクチンが承認された国において判断することだろうと思う。日本で中国の企業が承認申請をしているかどうか把握していない」と述べ、現時点では日本の選手らは接種の対象にはならないという認識を示しました。

そのうえで「東京大会はワクチンを接種していなくても安心して参加と受け入れをできるようにするため、総合的な感染症対策をとることにしている。ワクチンの接種を前提としないという原則は変わらない」と述べました。

中国 報道官「IOCと協力しワクチン提供したい」
中国外務省の趙立堅報道官は、12日の記者会見で「我々はIOCと協力し、オリンピックに向け準備している選手たちにワクチンを提供したい」と述べました。

一方で、どのような枠組みで提供することになるのかなど、具体的なことについては「提供できる情報はまだない」としています。

【NHK NEWS WEB 2021.3.12.】

出典:テレ朝news

中国が(絶妙なタイミングで)日本とIOCの”懐”に入り込み!二階幹事長らの掛け声により、中国が「東京五輪強行開催」に全面協力(ワクチン提供など)する流れに向かう可能性…!

ついに出たわねぇ。
私が予想していた通りの流れだけど、日本やIOCが「東京五輪の強行開催に執着」している中、この両者の懐に中国が入り込んでは全面的に協力する動きがはっきりと表に出てきたし、中国側からすれば、ここで出来るだけIOCや日本に恩を売っておけば、それだけ中国側に「多大なリターン」があるのは詳しく説明しなくても分かるわよね。

ほんと、WHOもIOCも完全に中国共産党のカネと色にすっかり染まってしまっている現状がますます露呈してきたし、下手をすれば、「東京五輪のために出来るだけ早くに全日本国民にワクチンを」との呼び声により、中国製のワクチンが本格的に日本に供給されるような展開もまるっきり有り得ないような話ではなくなってきたかもしれないね。
物凄くシンプルに考えてもらいたいけど、みんなは中国製のワクチン、打ちたいかな?
そこで瞬間的に感じたイメージや想像力を大切にしてもらいたいし、言うまでもなく、ボクは、欧米製のワクチンも中国製のワクチンもはっきり言って打ちたくない

今のところ、片山さつきさんなどは、表向きバッハ会長の突然の発言に対して強く反発しているけど、あなたの党の二階幹事長がこれを強く推進した場合、果たして真っ向から反対し強く批判することが出来るかしら??
どちらにしても、東京五輪を強行的に開催することは、日本の腐りきった権力層だけでなく、中国共産党にとっても(これらの上に控えている)グローバル資本勢力にとっても、とても都合がいいことであることは揺るぎようのない事実だわ。

ここで、中国共産党からの”協力要請”を断固として拒否しては、東京五輪の中止を決断することが出来れば、少しは菅政権を見直してもいいかなと思うけど、果たしてどうなるか
もし、中共から多大な支援を受けて東京五輪を強行開催することに成功した暁には、翌年の北京冬季五輪開催に向けて、今度は日本側が全面協力しないといけなくなるだろうし、そもそも、そうなった頃には、日本の政官財が事実上の完全なる中国の傀儡と化しているだろう。

まさに、今、グローバル資本勢力の”謀略”によって、日本が(従来までの「米国の傀儡」に加えて)完全なる「中国の傀儡」になるレールが敷かれている内情が浮かび上がりつつあるし、最悪の場合、(欧米製のワクチンがロクに入ってこない上に、国内のコロナ感染が”破滅的”に深刻な状況になった暁には)中国製のワクチンが日本国内で使用されるようになる可能性まで考慮しないといけなくなってきたかもしれないね。

(日本が中国の完全な傀儡になってしまった場合)日本国民がいずれウイグル族のような扱いを受けることになるのを危惧している声もあるけど、いずれにしても、私たちにとっては、非常に心配で危険な状況になりつつあるのは間違いなさそうね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事