浅間山が噴火!噴煙が1800メートルに達する!気象庁はレベル1から3に引き上げ!居住地域に影響を及ぼす可能性も…

Pocket

どんなにゅーす?

・2019年8月7日22時8分頃、群馬県と長野県の境にある浅間山が噴火。映像を観ると、赤い溶岩とともに黒煙が上がる様子が映っており、噴煙の高さが1800メートルに達したという。

・気象庁は噴火警戒レベルを1から3に引き上げ、今後、居住地域に影響を及ぼす可能性があるとして注意を呼びかけている。

浅間山で噴火、警戒レベル3…噴煙1800m超

7日午後10時8分頃、群馬・長野県境の浅間山(2568メートル)で小規模な噴火が発生した。同山で噴火が起きたのは2015年6月以来、4年2か月ぶり。

気象庁は、浅間山の噴火警戒レベルを1(活火山であることに留意)から、3(入山規制)に引き上げた。火口から上がった噴煙は高さ1800メートルを超え、周辺の半径4キロには火山灰や噴石が降る恐れがある。同庁は今後、居住地域の近くまで影響が及ぶ可能性があるとして注意を呼びかけている。

~省略~

【Yahoo!ニュース(読売新聞) 2019.8.7.】

レベル1(自由に登山可)の状況にあった浅間山が噴火!日中に噴火していれば、登山者が巻き込まれていた可能性も…?

出典:YouTube

浅間山が2015年6月以来に噴火したとのニュースが入ってきたわっ!
早速、「小規模噴火で大きな問題はない」みたいな声が多いみたいだけど、映像を観たら、赤い溶岩が流れ出して真っ黒な噴煙を発している様子が見えるし、本当に大丈夫なのかしら…?

どうやら、浅間山はこの度噴火を起こす瞬間まではレベル1(活火山であることに留意)に設定されていたみたいで、自由に山頂までの登山が出来る状況にあったみたいだけど、これ、昼間に噴火していたら大変なことになっていたんじゃないかな?
(噴火警戒レベルの詳細については、気象庁のサイトを参照のこと)

御嶽山の時みたいに、山頂付近にいた登山者の間でけが人や犠牲者が発生していたかもしれないし、レベル1の火山がいきなり噴火している時点で、気象庁の設定方法はかなり問題があるのではないかな?

なんだか、そうした声が不思議なくらいに上がっていない状況だけど、現段階で「全く問題ない」と全てを決めつけてしまうのは危険かと思うし、風向きによっては周辺地域に火山灰が飛んでくる可能性もあるだろう。
いずれにしても、この先の浅間山の火山活動に注意していく必要があるし、今回は夜遅くに噴火したから良かったものの、昼間に噴火していたら登山者が巻き込まれていた可能性がありそうだ。

これまで管理人さんが指摘してきたように、やっぱり、火山の噴火の予測は地震同様にほとんど出来ない現状があることが明らかになったってことね…。
気象庁の設定方法や火山に対する安全対策そのものを検討し直した方が良さそうだし、今後の情報に注意をする必要がありそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket