■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【違法接待】総務省・秋本局長と湯本審議官を更迭!文春の「音声スクープ」で秋本局長が一転事実関係を認める!→ネット上では「菅総理長男を逮捕しろ」の声!

【違法接待】総務省・秋本局長と湯本審議官を更迭!文春の「音声スクープ」で秋本局長が一転事実関係を認める!→ネット上では「菅総理長男を逮捕しろ」の声!
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年2月19日、「菅総理長男と総務省幹部との違法接待疑惑」の追及が強まっている中、武田総務相が秋本芳徳情報流通行政局長と湯本博信官房審議官を20日付で官房付させることを発表。事実上の更迭とみられるが、加藤官房長官は「あくまでも転任。通常の人事異動と承知している」と更迭を否定した。

・秋本局長は、これまで、衛星放送事業に関する話をしていたことについて「記憶にない」などと否定していたものの、週刊文春が、虚偽答弁だったことを裏付ける音声データを公開これを受け、秋元氏は一転して事実関係を認める答弁をしていた。

武田総務相、幹部2人を更迭=菅首相長男は「利害関係者」―接待問題で局長認める

放送関連会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男から総務省幹部が接待を受けていた問題をめぐり、武田良太総務相は19日の記者会見で、秋本芳徳情報流通行政局長と湯本博信官房審議官を20日付で官房付に異動させると発表した。事実上の更迭となる。秋本氏は19日の衆院予算委員会で、長男が国家公務員倫理規程上、接待を受けることが禁じられている利害関係者に該当すると認めた。

秋本氏はこれまで、長男との会食中、衛星放送事業に関しては「話題に上った記憶はない」としていた。19日は「今となってはあったのだろう」と説明を一転。長男についても「(東北新社の)子会社である衛星基幹放送事業者の役員を兼任している。利害関係者だと認識している」と述べた。

武田氏は会見で、異動の理由に関し「法案審議などが控える中、諸情勢を鑑み、適所適材の配置として行う」と説明するにとどめた。

~省略~

【exciteニュース(時事通信) 2021.2.19.】

「あくまでも転任。通常の人事異動と承知」 総務省幹部2人の“事実上の更迭”に加藤官房長官

~省略~

この件について、「事実上の更迭に当たるか」と会見で問われた加藤官房長官は「東北新社の問題にかかる処分は今回の異動と関係ない。処分については、総務省における調査結果報告を踏まえ、国家公務員倫理審査会の承認を得た上で、必要に応じ総務省において適切に対応される」とした上で、「更迭といった言葉づかいだが、あくまでも転任。通常の人事異動という位置づけであると承知している」と述べた。

【BLOGOS(ABEMA TIMES) 2021.2.19.】

出典:YouTube

 東北新社 創業者親子が菅氏献金
長男接待問題 癒着が浮き彫りに

衛星放送などを運営するメディア関連会社「東北新社」に勤める菅義偉首相の長男が、総務省の高級官僚4人を違法接待していた問題で、「東北新社」の創業者と社長(当時)が、菅首相の政党支部に判明しただけで計400万円の献金をしていたことが政治資金収支報告書でわかりました。総務相を務めた首相と総務省、関係業界との癒着の構造の一端が浮き彫りになりました。

菅首相が代表を務める「自民党神奈川県第2選挙区支部」の政治資金収支報告書によると、東北新社の創業者、故植村伴次郎氏が2012年に150万円、長男で19年まで社長を務めた徹氏(20年4月死亡)が14年~18年まで計250万円の献金をしていました。

伴次郎氏は、秋田県由利本荘市出身で、菅首相と同郷です。

~省略~

菅首相は国会で、長男について「完全に別人格だ」などと語気を強め、“無関係”を装いました。

しかし、長男は首相が総務相時代、総務大臣秘書官を務め、今は創業者親子が首相に献金するなど関係の深い企業に勤務しています。

【しんぶん赤旗 2021.2.8.】

菅長男の総務省接待は「贈収賄の可能性あり」元検事が指摘

~省略~

元検事の落合洋司弁護士がこう言う。

~省略~

「東北新社の監督官庁であり、許認可権を持つ総務省の幹部が、継続的に飲食接待やタクシーチケットなどを手渡され、放送事業についてやり取りしていた事も認めた。この行為だけでも国家公務員法にも触れる恐れがありますが、贈収賄が成り立つ可能性は高い。更迭された幹部以外に接待を受けていた人はいないのか。あるいは飲食以外の何らかの接待はなかったのか。検察はすでに水面下で捜査を始めているかもしれないし、今後、弁護士グループなどから刑事告発の動きが出てくる可能性もあります」

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.2.19.】

菅首相ショック!長男の接待疑惑直前まで知らず…慌てて犯人捜しを指示

~省略~

永田町関係者の話。

「一連の接待問題は菅首相にとって寝耳に水。本当に文春が出る直前まで知らなかったそうです。安倍政権下の官房長官時代はこの手の“情報戦”はお手のものだっただけに、ショックも大きい。側近に総務省内の誰がリークしたのか、犯人捜しをやらせたそうです。結局は見つかりませんでしたが…」

~省略~

【Yahoo!ニュース(東スポWeb) 2021.2.19.】

ネットでは「正剛もスガもプリズン」との声!「トカゲの尻尾切り」のような更迭劇に、国民からますます不信感が噴出!

文春の音声スクープによって、ようやく秋本局長が観念して事実関係を認めたわっ!
これを受けて、秋本局長と湯本審議官が事実上の更迭処分を受けたけど、武田総務相や加藤官房長官は「通常の人事異動」なんてのたまっているし、あいかわらず、菅政権の(国民をバカにした)ふざけた対応が目立っているわっ!

武田総務相は先日に「本事案により放送行政がゆがめられたことは全くない」などと公言していたし、その発言との整合性をつけるために色々とごまかし取り繕っている様子が目立っている。
実際には「本事案により放送行政が激しくゆがめられた」ってことだし、どうやら「菅総理は全く知らなかった」という方向に持っていきつつ、総務省の幹部だけを「トカゲの尻尾切り」で切り捨ててどうにか逃げ切ろうとしているようだ。

ネット上では、「菅総理長男を逮捕しろ」との声が大きく盛り上がっているけど、専門家からも贈収賄事件に当たる可能性があるとの指摘が出てきている以上、菅総理の側からすれば、どうにかその罪を覆い隠して、長男が罪に問われる展開を何としても阻止しようとしているのは想像に難くない。
でも、「国民には”自助”を強いて、一方で長男は積極的に”公助”(捜査機関に働きかけて罪を見逃してもらう)する」なんて、こんな身勝手で自己中のやり方が許されるわけがないし、この先は、「どこまで菅総理が深くかかわっていたのか?」についても詳しく調査追及していく必要がありそうだ。

菅総理本人も、東北新社の創業者や前の社長と仲良しだったうえに、計400万円もの献金を受け取っていたみたいだし、そもそも、長男正剛氏と総務省の官僚とを結びつけたのは他でもない(正剛氏を総務大臣秘書官に抜擢した)菅総理本人なのだから、「私は全く関係ない」の言い分は通らないわっ!
いずれにしても、さらなる内情を徹底的に調べて、刑事事件として本格捜査を求めていくことも視野に入れつつ調査追及を続けていく必要がありそうねっ!

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事