■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【何だこりゃ】維新が「国会1日で文通費100万円はおかしい」と”正義の味方”ヅラ!→過去に吉村知事が「在職1日で100万円」を受け取っていたことが発覚!吉村氏「寄付を考えている」

【何だこりゃ】維新が「国会1日で文通費100万円はおかしい」と”正義の味方”ヅラ!→過去に吉村知事が「在職1日で100万円」を受け取っていたことが発覚!吉村氏「寄付を考えている」
Pocket

どんなにゅーす?

・維新・小野泰輔議員が、noteに「文書通信交通滞在費の額がどうにもおかしいのです。10月31日に当選したということで、歳費(いわゆる給料)は日割り計算(約3万円)となっているのですが、文書通信交通滞在費は満額の100万円が支払われました」と投稿し、国会議員における「文通費の支給のシステム」を疑問視。これを多くのメディアが報じ、維新に対する賛辞の声が醸成されている。

・これに、維新の顔である吉村大阪府知事は「どうやら1日だけでも国会議員の身分となったので、10月分、100万の札束、満額支給らしい」「これが国会の常識。おかしいよ」とツイートし大きく盛り上げたものの、吉村氏自身が衆院議員だった時に、在職日数1日にもかかわらず文通費100万円を受け取っていたことが発覚吉村氏は「6年前の文書通信費になるが、日割りで返還したい。寄付を考えている」などと弁明したものの、ネット上で批判の声が相次いでいる。

吉村知事や橋下徹の「国会議員の“文通費”批判」に盛大ブーメラン…維新議員は文通費公開と言いながら不適切流用や使途隠しだらけ

~省略~

ことの発端は、今回の選挙で初当選した元熊本県副知事の小野泰輔・衆院議員の指摘だった。小野議員は12日、「note」に〈文書通信交通滞在費の額がどうにもおかしいのです。10月31日に当選したということで、歳費(いわゆる給料)は日割り計算(約3万円)となっているのですが、文書通信交通滞在費は満額の100万円が支払われました〉と投稿。

これに反応したのが、維新の副代表である吉村洋文・大阪府知事だった。吉村知事は昨日13日、このようにツイートした。

〈維新の新人議員、小野さんから。なんと10月分の文書通信交通滞在費100万円が現金で満額支給されたとのこと。10月分?選挙の投開票日が10月31日なんだけど。どうやら1日だけでも国会議員の身分となったので、10月分、100万の札束、満額支給らしい。領収書不要。非課税。これが国会の常識。おかしいよ。〉
〈しかも、その任期って10月31日の投開票日のこと。1日で1ヶ月分、満額の100万の札束支給。僕は記者会見場でカツサンドの支給。うまかったけど。〉

この投稿が大きな反応を集めると、吉村知事は本日このように畳み掛けた。

〈このお金、経費と言いながら、領収書が要らないのは、やっぱりおかしいよね。文書通信交通滞在費とかまどろっこしい名前をつけてるけど、領収書は要らない。領収書不要の経費ってある?〉
〈維新の新人議員は、国会のおかしいと思う所をどんどん外に向けて発信して欲しい。内に向けて縮こまる必要はない。賢く無難に小さくまとまった所で巨大自民党には対抗できない。〉

「国会の非常識」「経費と言いながら領収書が要らないのはおかしい」──。こうした問題提起に対し、ついにはあの人も参戦。本日放送の『日曜報道THE PRIME』(フジテレビ)では、橋下徹がこの問題をぶち込み、こう憤ってみせた。

橋下「たった4時間、10月は4時間の在職時間でね、100万円の現金もらうって、どうですかこのいまの国会の仕組み!」
司会者「いままで問題になってなかったんですかね」
橋下「いや、たぶん維新の会は問題提起してきたのに、みんな黙っちゃうの国会議員」

そして橋下氏は、「こういうこと正さないと、分配だとか国民への負担なんてね、国民納得しないですよ! 国会議員ちゃんとしっかりやってくれ!」とカメラ目線で吠え、番組は終了した。

~省略~

【リテラ 2021.11.14.】

吉村知事「自ら1日で文通費100万円」問題の卑劣ごまかし手口! リテラの直撃のあとに自ら公開した体で認めるも悪質手口は隠蔽

~省略~

ところが、この文通費の問題を焚き付けてきた張本人である吉村知事に、とんでもないブーメランが判明した。吉村知事が、衆院議員時代に月の在職日数が1日しかなかったにもかかわらず、文通費を100万円、満額受け取っていたと認めたのだ。

吉村知事はまず、本日15時45分ごろからの会見で、「僕自身のことで、6年前のことになるが、議員をやめて大阪市長に挑戦することになった。そこも日割りになってないと思う。なので、僕も6年前の文書通信費になるが、日割りで返還したい。寄付を考えている」などとさらっと発言。16時半ごろには自身のTwitterに〈僕自身、6年前に国会議員の身分を捨て、橋下市長の後を受けて、大阪市長選挙に挑戦しました。その際、議員辞職日が10月1日だったので、記憶が曖昧ですが、文通費を受けています〉などと投稿した。

これだけをみると、あたかも“俺は自ら受け取ったことを明かしたうえに、寄付をする、偉いだろ”と言わんばかりだが、冗談ではない。

じつは、吉村氏が月の在職日数1日で100万円を受け取っていたという問題は、吉村知事が今回の衆院議員当選組の100万円支給問題を騒ぎはじめた段階からTwitter上で指摘されていたのに、ずっと知らぬ存ぜぬを決め込んでいた。

ところが、2008年に当時の橋下大阪府知事に抗議した元大阪府庁職員で、先の衆院選で初当選を果たしたれいわ新選組・大石あきこ議員が、本日の13時37分に〈吉村知事が衆議院議員を退職した2015年10月1日。10月の文通費100万円を受け取ったか、衆議院担当部署に問い合わせたら「100万円受け取った」「返金してない」との回答でした〉とツイート。

さらに、本サイトも衆議院事務局に事実を確認した上、14時30分過ぎに、日本維新の会の党本部に電話でこの問題を直撃。吉村知事が100万円を受け取っていたのは「事実である」という確認をとっていた。

すると、吉村知事はさすがに事実自体をごまかしきれないと思ったのだろう。前述したように、本サイトの党本部直撃から1時間後に会見で「寄付する」などというごまかしを入れながら事実を認め、その直後にドヤ顔で事実を認めるツイートをしたのである。

姑息としか言いようがないが、しかも、吉村知事は事実を認めただけで都合の悪いことは何も説明していない。

~省略~

【リテラ 2021.11.15.】

維新「文通費」全額寄付パフォーマンスでブーメラン!政治資金への流用常態化が蒸し返される

~省略~

文通費が話題になって過去を蒸し返されたのは、吉村知事だけではない。維新は15年から文通費の透明化をうたって、所属議員の使途を公開しているが、呆れた支出だらけなのだ。

寄付は10月分だけ?

19年には、当時現職の21人全員が文通費の領収書を自分で自分に切ったうえ、自身の政治団体に寄付していたことが発覚。寄付の総額は、15年10月から19年3月に維新が受け取った約7.6億円の文通費のうち約5.7億円に上った。ネットでは「#セルフ領収書」「どこが身を切る改革なのか」と大炎上したものだ。

「透明化どころか政治資金への流用とは、セコイ話です。今回、文通費の問題で騒いでいるのもパフォーマンスですから、有権者はダマされない方がいい。制度上、国庫返納ができないため、維新は10月分の文通費を党として寄付することを決めましたが、今月以降はしっかり受け取り、使い切れなかった分は自分の政治団体にプールしていくのでしょうか。それこそ国民の理解が得られないと思いますが」(政治評論家・本澤二郎氏)

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.11.16.】

先の衆院選で(不可解な)躍進を遂げた維新が「正義の味方」ヅラで「改革アピール」全開!マスコミも無批判にこれに乗っかるも、早速”特大ブーメラン”が発覚!

出典:日本維新の会

何だか、またまたおかしなことになってるわね。
先の衆院選で(不可解な)躍進を遂げた維新が、自らの深刻な腐敗を棚に上げて”正義の味方ヅラ”してしまっているけど、当然のごとく、早速これらが「特大ブーメラン」だったことがバレて、ネット上で批判が殺到しているわ。

維新のペテン性はいつものことだけど、問題は、無批判のままこれを「維新のファインプレー」のごとく大きく報じているマスコミだ。
ボクが見たところ、先の選挙での維新の大躍進からマスコミの維新アゲ報道まで、何から何までグローバリストによるヤラセ臭がプンプンに充満しているし、こうやって、維新のイメージを極限までアップさせつつ「改革」機運を大きく盛り上げて、最後は”憲法改悪”を実現させて、ワクチン義務化やワクチンパスを完全に日本国内に根付かせようとしている魂胆が見え見えだ。

でも、維新本体があまりにも低レベルすぎて、早速完全に逆効果になっているし、このままでは、「テレビを盲信」する情報弱者の人々と、「自分自身で物事を考え調べる」情報強者との”格差”がますます広がって、さらなる分断や混乱が起こるのは確実だわ。

こうした、あまりにも稚拙すぎるグローバリストのプロパガンダに大多数の日本国民が引っかかってしまうのであれば、事はかなり深刻だけど…唯一の光明は、新たに当選したれいわの大石あきこ議員が、早速いい働きを見せ始めていることだ。
ボクも上の山本太郎氏の意見に同感だし、一番の問題は、文通費が支払われるのがおかしいのではなく、国会議員に割り振られたお金が、全てきちんと国民にとって有意義なことに使われているかどうかをチェックする機能が欠けていることだろう。
毎月支給される100万円が全て国民に役立つことに使われているのならボクは特に問題ないと思うし、とにかくも、維新やマスコミによる、物事の本質を大きく捻じ曲げたプロパガンダには注意が必要だ。

これらの政治・マスコミの動きの不自然さやおかしさにどこまで多くの人が気が付くことが出来るかが重要ですし、(自民党以上にコアなグローバリズムペテン集団である)維新については、これまで以上に最大級の警戒感を持って国民が監視していくことが必要ね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事