昭恵夫人が”仰天”野党批判!?「世界が大変な時に日本国内で争っている場合でしょうか」→ネット「大麻の影響か?」「あんたの犯罪疑惑を追及してんだろ」

Pocket

どんなにゅーす?

・2018年11月11日、佐賀県内にて「北海道開拓の父」といわれる佐賀藩士・島義勇の銅像建立記念イベントが開催され、同じ佐賀県出身の森永製菓の創業者・森永太一郎の外曾孫娘である昭恵夫人が登場し、講演を行なった。

・イベントに参加した国民民主・原口一博議員によると、昭恵夫人はその場で「世界が大変な時に、日本国内で争っている場合でしょうか」などと野党批判とも取れるコメントを炸裂。この発言がネット上に広がり、国民からの批判が殺到している。

昭恵夫人がまたも信じがたい「トンデモカルト発言」を炸裂か!まさかの”野党批判”めいたコメントに、ネットでは怒りと突っ込みが殺到!

またしても、昭恵夫人が常識では考えられないような「トンデモカルト発言」を炸裂させたのねっ!!
「世界が大変な時に日本国内で争っている場合でしょう か」って、そもそも、昭恵夫人本人が日本国家を私物化した上で国民の財産を不正に横流しした疑惑を野党が追及してるのに、本人が国民からの要求も無視して証人喚問から逃げ回りまくっているのが全ての元凶でしょうがっ!!

そもそも民主主義の政治というのは、権力側の不正や腐敗を国民からの負託を受けた野党側が追及したり、与党側が出してくる法案に対しての様々な論戦を通じて、内容の精査や問題点を明らかにさせていくのがあるべき当たり前の姿だし、これを「争っている」なんてねじ曲げて解釈した上で、「争いのない政治」がもたらされてしまったら、それこそ、民主主義から最もほど遠い独裁体制そのものになってしまう。

相変わらず、昭恵夫人による究極的なまでの勘違いぶりが際立っているし、どこまでいっても、あくまで「自分自身が何をしてきたのか」すらよく分かっていないみたいだね。
思わず(夫人自身が愛用している)大麻サプリの副作用を疑ってしまいたくなるほどの思考の破綻と、支離滅裂な妄想や幻想に満ちているけど、まさにこの夫人については「つける薬が見当たらない」と表現するしかないだろう。

こんなにもクレイジーな昭恵夫人に西川先生もすっかり洗脳されちゃったし、まさしく、こんな夫人がファーストレディーでいる限り、日本の国民間でも思考の破綻と知性・モラルの破壊が次々伝染して、取り返しがつかないような事態になってしまいそうだわっ!!

本当に、非科学的な妄想や幻想に支配され、全く論理的な思考が持てなくなってしまう点で、カルト(宗教)というのは実に始末が悪いし、また非常に恐ろしいものだ。
この日本は、まさしくそんな「カルト夫婦」に強力に支配されている状態だし、日本国民はもっとこの現状に危機感を持った方がいいのではと思うよ。

おススメ記事&広告

 
Pocket