【驚き】幻の怪魚・アカメが大阪湾で捕獲される!環境省が絶滅危惧種に指定!専門家「大阪で見かけることはまずない。学術的に大変貴重」

Pocket

どんなにゅーす?

環境省が絶滅危惧種(レッドリスト)に指定している、幻の魚「アカメ」が大阪湾(安治川河口)で捕獲され、話題になっている。

・大阪府の環境農林水産総合研究所によると、2018年8月20日、高石市漁業協同組合に所属する男性漁師から「変な魚が捕れた」と連絡があり、研究所が確認したところ、アカメだったという。

絶滅危惧種
大阪湾で「アカメ」捕獲

大阪府立環境農林水産総合研究所は20日、大阪湾で今年8月、環境省のレッドリストで絶滅危惧種に指定されている魚「アカメ」が捕獲されたと発表した。大阪湾で確認されたのは1993年以来2回目。同研究所は「大阪で見かけることはまずない。学術的に大変貴重だ」と説明している。

研究所によると、高石市漁業協同組合に所属する男性漁師が8月20日朝、大阪市港区の水族館「海遊館」付近の安治川河口で、水深約11メートルに仕掛けた網でアカメ1匹(全長82センチ、重さ9.3キロ)を捕獲。「変な魚が捕れた」と研究所に連絡した。

アカメはスズキによく似ており、光で照らすと目が赤く見える。高知県や宮崎県近海を中心とした西日本の太平洋沿岸に生息し、大阪湾で確認されることは極めて珍しい。標本を大阪市立自然史博物館で保存し、発見の経緯などを論文で発表する予定。【津久井達】

【毎日新聞 2018.9.20.】

絶滅危惧種に指定されたアカメが大阪湾で捕獲され、専門家もビックリ!

アカメ(赤目、英: Japanese lates、学名 Lates japonicus )は、スズキ目・アカメ科に分類される魚の一種。西日本の太平洋岸だけに分布し、河口などの汽水域によく侵入する大型の肉食魚である。

~省略~

保全状態評価
絶滅危惧IB類 (EN)(環境省レッドリスト)

分布が狭く生息数も少ないため各地で保護活動が行われている。しかし希少価値があるために稚魚が密漁される他、環境汚染や海辺の開発などで稚魚の生息地となる藻場も消失している。環境省レッドリストでは1991年版で「希少種」、1999年版では「準絶滅危惧(NT)」だったが、2007年版では2段階上がり「絶滅危惧IB類(EN)」として掲載された。
また2006年には、宮崎県が指定希少野生動植物の一種としてアカメを指定し、捕獲などを禁止した[2]。これはニホンカモシカ等と同じ扱いである。高知県も同様に指定しようとしたが釣り人らの反発に遭い、指定には至っていない。

地方版レッドリストカテゴリー
徳島県:準絶滅危惧 (NT)
愛媛県:情報不足 (DD)
高知県:注目種
大分県:情報不足
宮崎県:絶滅危惧II類

【Wikipedia(アカメ)】

にゃにゃっ!?
大阪湾で、とっても珍しいお魚「アカメ」が捕獲されたみたいだにゃっ!!
にゃこもこんなお魚、初めて知ったにゃ!

ボクは、子供の頃におばあちゃんから買ってもらった魚の図鑑をボロボロになるくらいまで読んでいたから知っているけど、これは本当に珍しいことだ。
大阪では1993年に続いて2例目とのことだし、生息域が西日本の太平洋岸のみ、しかも高知や宮崎でしか滅多に見ることはないらしい。

アカメは、スズキに近い種類の肉食魚で、大きいものは1メートル以上に達するとのこと。
また、海水と淡水が混じる汽水域にも頻繁に入ってくるようで、今回も安治川の河口で捕れたようだね。

暗い場所で光を当てると、角度によっては目が赤く光ることから「アカメ」と名が付いており、一部の水族館で飼育もされているようなので、これを機に、生きている貴重なアカメを見に行くのもいいかもしれないね。

ほんとかにゃ!?
にゃこも一度アカメしゃんを生で観てみたいにゃ~!

とにかく、環境省のレッドリストに入るほどの貴重な魚なので、この先も絶滅してしまわないよう、保護していくことが大切だね。

Pocket

 

おススメ記事&広告