【検閲】「あいちトリエン」に対し、安倍政権が補助金不交付を決定!大村知事は政府決定に強い不服、裁判で争う姿勢示す!ネット上でも怒りの声が噴出!

Pocket

どんなにゅーす?

・テロ予告や脅迫が殺到するなどして3日で中止が決まった「表現の不自由展」を開催した国際芸術祭「あいちトリエンナーレ」に対して、文化庁が補助金7800万円を全額交付しない方針を決定した。

・萩生田文科相は不交付の理由について、「文化庁に申請のあった内容通りの展示会が実現できていない。また、継続できていない部分があるので、補助金適正化法等を根拠に交付を見送った」と説明している中で、大村愛知県知事はこれに反発。不交付の正当な理由が見当たらないうえに、事実誤認の部分があるとして、裁判で争う姿勢を示している。

文化庁、あいちトリエンナーレへの補助金不交付を発表 萩生田・文科相「相談あれば寄り添って対応していた」
審査の結果、①実現可能な内容か、②継続が見込まれるか、の2点を理由に「不交付」にしたと説明している。

国際芸術祭「あいちトリエンナーレ2019」の企画展「表現の不自由展・その後」が中止になった問題をめぐり、文化庁は9月26日、「あいちトリエンナーレ」に対して採択を決めていた補助金約7800万円について全額不交付にすると発表した。

~省略~

東京新聞編集局の公式Twitterで公開されている萩生田光一・文科相への取材動画によると、 萩生田氏は「残念ながら文化庁に申請のあった内容通りの展示会が実現できておりません。また、継続できていない部分がありますので、これをもって補助金適正化法等を根拠に交付を見送った」と説明した。

萩生田氏は、「すでに愛知県側では4月の段階で、会場が混乱するんじゃないか、展示を続けることが不可能なんじゃないかということで、警察当局と相談していたらしいのですが、文化庁にはそういった内容はまったく来ていなかった」と説明。「(文化庁に対しても)相談をされれば、運営方法などを一緒に協力することもできたかもしれません。仮に、あらかじめ相談をしていれば補助対象になったかどうかと聞かれても、仮定の問題なんですけど、何か相談があれば寄り添って対応したと思います」と話した。

【ハフポスト 2019.9.26.】

安倍政権は、「検閲」の事例を作り、表現規制を常套化させようとする動き!ネットでは表現者や有識者、一般市民からは怒りの声が噴出!


出典:YouTube

予想通りと言うべきか、安倍政権が「あいちトリエンナーレ」への補助金不交付を決定したわ。
萩生田さんもそれらしき詭弁や御託を並べながら、不交付の理由を説明しているけど…要は、政府による「検閲」の事例を作って、現行憲法の「表現の自由」を形骸化させたい意図があるのが見え見えだわ。

騒動が起こった当初からこうした流れを懸念していたけど、まさしくその通りの展開になってきているし、安倍政権にとっては、まさに”狙い通り”の展開に持っていくことができたね。

安倍政権下において、これまでも「表現の自由」を抑圧させようとする動きがしばしば見られてきたけど、戦時中に行なわれた露骨で急進的な”それ”とは違い、現代の支配層は、国民にはっきりとした”自覚症状”を与えないようにしながら、様々な嘘や詭弁を用いて、国民が無意識・無関心のうちにじわりじわりと民主主義や自由を破壊していく手法を好んで使っている。
今回の表現の不自由展の騒動においては、国民の側からすら「中止になって当然」なんていう意見や主催者側への非難が飛んでいるんだから、(まさに支配層の思惑通りに)国民自身が「自分で自分の首を絞める」ような動きさえ見せている状況だ。

今回の一連の騒動は、天皇問題や慰安婦問題の次元を大きく超えて、一般国民の表現の自由や民主主義そのものについて、「大きな(悪い)転換点」になっていく恐れがあるわ。
つまり、安倍政権は、今回の事例を「きっかけ」にして、政府にとって都合が悪い表現を”検閲”し”弾圧”していく風潮を徐々に広げていくことで、一般国民がはっきり自覚しないうちに、現行憲法の言論・表現の自由を骨抜きにして、憲法そのものすらを形骸化させたい思惑があるってことね。

津田氏や県の内部において、今でも色々と揉めている様子が見られるけど、どうやら主催者側においても準備の甘さがあったうえに、カルト系の宗教集団から猛攻撃を受ける可能性が高い「事の重大」さを理解できていなかった可能性があるし、言い換えれば、安倍政権とその下部組織のカルト宗教勢力に、こうした手口を用いる格好の”きっかけ”を与えてしまったことは否めないね。
ていうか、慰安婦問題や天皇問題に関しては、いわゆる左派系勢力にも(わざと衝突や混乱を引き起こす目的で)グローバル資本勢力と繋がる宗教組織が一部で入り込んでいる疑いもある(例えば、反政府運動の全共闘においてもCIAが水面下で扇動していたことが一部で指摘されており、グローバル資本勢力は昔から”両建て方式”で争乱や混乱を激化させてきた経緯がある)し、どちらにしても、あんまり感情的にならずに、適度な距離を置きながら、俯瞰的にこれらの問題の本質を考えていくのがいいだろう。

そうね。
とにかく、グローバリストによる市民への洗脳の手法はますます巧妙化してきているし、このまま安倍政権の長期政権化を放置していると、私たちが無自覚・無意識のままに、かなりのところまで「現行憲法の形骸化」を通じた、表現規制や自由の弾圧が進んでいってしまうことになりそうだわ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事