■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【天変地異】トンガ付近の海底火山(フンガトンガ・フンガ・ハアパイ)が破滅的大噴火!日本にも津波が押し寄せる!気象庁は急遽避難を呼びかけ!

【天変地異】トンガ付近の海底火山(フンガトンガ・フンガ・ハアパイ)が破滅的大噴火!日本にも津波が押し寄せる!気象庁は急遽避難を呼びかけ!
Pocket

どんなにゅーす?

・2022年1月15日、南太平洋のトンガ付近にある海底火山、フンガトンガ・フンガ・ハアパイで過去最大規模の大噴火が発生。各国の沿岸に津波が押し寄せている中、日本の気象庁も16日朝に津波警報・注意報を発令した。

・気象庁は、当初「日本では多少の潮位の変化があるかもしれないものの、被害の心配はない」と発表していたものの、一転して津波警報を発令した中、日本国内で大きな混乱が発生世界中から衝撃と地球規模の被害を心配する声があがっている。

トンガで大規模噴火 周辺で1m近い津波発生 日本でも津波警報

~省略~

気象庁によりますと、日本時間の15日午後1時10分ごろトンガ諸島の火山島「フンガ・トンガ フンガ・ハアパイ」で大規模な噴火が発生しました。

ニュージーランドのウェリントンにある航空路火山灰情報センターによりますと、噴煙は上空1万5000メートル余りに達していたということです。

太平洋津波警報センターなどによりますと、この噴火でトンガで最大で80センチの津波が観測されたということです。
気象庁は日本への津波の影響を調べ、15日午後7時すぎ「日本では多少の潮位の変化があるかもしれないものの被害の心配はない」と発表しましたが、16日午前0時15分、津波警報を鹿児島県の奄美群島とトカラ列島に発表しました。また岩手県にも新たに津波警報を発表しました。

その後、16日午前7時半に奄美群島とトカラ列島は津波注意報に切り替えられました。岩手県は津波警報が引き続き出されています。

岩手県で予想される津波の高さは3メートルです。津波が沿岸に到達しています。決して油断せず避難を続けてください。

~省略~

トンガ当局は、一連の噴火に関する写真や情報を連日、SNSで更新していますが、日本時間の16日午前0時現在、大規模な噴火に関する情報は投稿されていません。

最後の投稿は15日の大規模な噴火の前に行われていて、一連の噴火による火山灰が噴火による火山灰が午前7時20分ごろに確認され、また噴火は10分から15分続いたとしています。

現地で暮らす人たちには潮の流れや火山灰への注意を呼びかけるとともに、硫黄やアンモニアの刺激臭がする場所ではマスクの着用を推奨しています。
トンガ当局が現地時間の15日未明に投稿した一連の噴火とみられる写真からは、海上から灰色混じりの噴煙が激しく立ちのぼっている様子が確認できます。

噴煙は海上から20キロの高さまで達したとしています。

ロイター通信は、ツイッター上にトンガで撮影したとされる動画が投稿され、大きな波が海岸線に押し寄せ、人々が車で逃げようとしているなどと伝えています。

さらにニュージーランドのメディアはトンガの首都ヌクアロファでは押し寄せた波によって浸水した住宅があるほか、車が波に浮いているのを見た住民もいるなどと伝えています。

また、噴火の際の爆発音は2300キロ離れたニュージーランドでも聞こえ、500キロ離れたフィジーでは大きな雷鳴のように聞こえたと伝えています。

一方、周辺国も津波への警戒を呼びかけていて、このうちオーストラリアの当局は最大都市シドニーを含む南東部の沿岸に警報を出して津波への警戒を呼びかけています。

また、アメリカの当局は、西海岸にあるワシントン州とオレゴン州の沿岸に津波のおそれがあるとして注意を呼びかけています。

トンガなどを所管する外務省の大洋州課によりますと、噴火と津波の発生を受けてトンガ在住の日本人の安否や現地の状況について情報収集を進めているということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.1.16.】

出典:テレ朝news
↓トンガに押し寄せた津波の映像。

出典:Yahoo!ニュース(テレ朝news)

出典:テレ朝news

トンガ付近の海底火山で破滅的大噴火が発生!気象庁が急遽「想定外の津波警報」を発令!地球の気象が大きく変化する可能性も!

まさに「天変地異」というべき事態が発生しました。
トンガ国内に関する情報が極端に少ないと感じていましたが、どうやら噴火により通信機能が遮断されているらしく、被害情報はもちろん、現地の政府が機能しているかすら分からない状況になっているみたいです。

前日は気象庁が「若干の海面変動があるものの心配はない」と言っていたのに、朝起きたら大々的に津波警報が出ているものだからほんとにびっくりしたよ。
当サイトでは、以前より日本の気象庁の対応のマズさや情報収集や分析の質の悪さなどをずっと批判してきたけど、やはり今回の対応も重大な判断ミスと言わざるを得ないだろう。

噴火の規模や情報を入手していたのであれば、前日の時点で「当面は注意するように」「場合によっては注意報や警報が出されるかもしれない」といった慎重な対応を行なっていればよかったのですが、あのような発表内容では、大多数の日本国民が前日の時点ですっかり安心してしまっていたことが推測されます。

まあ、それだけ気象庁にとっても、想定の範囲を大きく超越したとんでもない規模の破滅的大噴火だったということだろうし、これまで経験したことが無いような「未知のメカニズムで発生した津波」ともいえるかもしれないね。
通信機能の遮断により、現地付近の情報があまりにも少ないので、今はあくまで推測することしかできないけど…わずかな映像や衛星写真などを見る限り、地球全体に大きな影響を及ぼすほどの凄まじいパワーと衝撃が起こったことが考えられるし、大量の噴煙や噴石などによって、生態系や気候そのものに「大きな変化」が発生する可能性がある。

最も考えられるのは、大量の噴煙や火山灰により太陽光が遮られることで気温が低下する可能性がありますし、地球規模で深刻な人的・物的・経済的被害が発生する恐れがあります。

さらには、大規模な地殻変動により地震が発生する可能性もあるし、正直言って「この先何が起こるか分からない」ような状態だ。
しばらくの間は日本も様々な災害に警戒した方がいいだろうし、押し寄せる津波がさらに大きくなる可能性もある以上、引き続き最大級の注意が必要だ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

世界のにゅーすカテゴリの最新記事