■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【うわぁ】安倍元総理が細田派(清和会)に”出戻り”!会長に就任し「安倍派」に改称へ!→ネット「恥ずかしくないのかな」「”嘘つき派”の誕生か」「モラルの低下は底なし」

【うわぁ】安倍元総理が細田派(清和会)に”出戻り”!会長に就任し「安倍派」に改称へ!→ネット「恥ずかしくないのかな」「”嘘つき派”の誕生か」「モラルの低下は底なし」
Pocket

どんなにゅーす?

安倍元総理が、かつて所属していた自民党の最大派閥・細田派(清和会)に復帰することが明らかになった。

・衆院議長に選出された細田博之元官房長官に代わって、安倍氏が会長に就任するといい、派閥の名称も「安倍派」に改称されるという。

安倍晋三元首相が細田派会長就任へ 「安倍派」に改称

安倍晋三元首相(67)は11日にも、自民党の細田派(清和政策研究会)の会長に就任する見通しとなった。現会長の細田博之元官房長官(77)が10日に衆院議長に選出されることに伴い交代する。細田派は9日にも臨時の幹部会を開いて安倍氏を会長とする人事案を承認、11日の総会で正式決定し、細田派は「安倍派」となる見込みだ。

~省略~

【毎日新聞 2021.11.8.】

【独自】安倍元首相を特使でマレーシア派遣調整 “安倍派”も誕生へ

~省略~

複数の政府関係者が明らかにしたもので、マレーシアが日本を開発モデルとして導入した「ルックイースト政策」が来年、40周年を迎えるのを前に安倍氏が現地を訪れ、イスマイルサブリ首相と会談する方向で調整を進めているということです。政府は、国会日程などを見極めた上で、最終決定する方針です。

また、安倍氏が出身派閥で党内最大の細田派に11日にも復帰し、次期会長に就任する見通しとなったこともわかりました。

~省略~

【TBS News 2021.11.8.】

影響力低下が著しい安倍元総理が、細田派への復帰(出戻り)とともに会長に就任!「権力維持」に必死な安倍氏に内部から冷ややかな声も!

安倍元首相の「派閥復帰・会長就任」は歓迎一色とはほど遠い…派内に流れる複雑な空気

~省略~

細田派の西村康稔事務総長は「全会一致で歓迎する」とコメントしているが、派内は“歓迎一色”とはほど遠いという。

「安倍さんの派閥復帰と会長就任に対して、派内には複雑な空気が流れています。もともと清和会は、岸信介と福田赳夫にルーツがあり、安倍系と福田系に色分けされている。安倍一色ではありません。なのに、安倍さんは10年近く派閥を離れていた時も、オーナー気取りだった。福田系は“なに、エラソーに”と思っていたはずです。9日の役員会で細田さんが、“安倍さんに会って、ぜひ派閥に戻って会長をやって欲しいとお願いしている”と話した時も、歓声は上がらず、シーンとしていたようです」(自民党関係者)

「清和会」の事情を知る早川忠孝元衆院議員は、9日付の自身のブログにこう書いている。

<細田さんだから一つに纏まっていたようなもので、ここで安倍さんが入会して安倍派に衣替えしようとしても果たしてすんなりそうなるか><安倍さんが派閥の長になっても大したことは出来ない。表向き何も言わなくとも、腹に一物も二物も持っている人が今は多いはず><安倍さんの政治生命は、そんなに長くない>

~省略~

【日刊ゲンダイ 2021.11.10.】

出典:NHK NEWS WEB

ここ最近、「じり貧傾向」が目立っている安倍さんだけど、今度は、かつて所属していた細田派に”出戻り”しては、会長に就任することになったとのことよ。
私もこのニュースをみて「権力維持に相当必死になっている」ことを感じたけど、思っていた通り、内部からは早速冷ややかな声が上がり始めているみたいね。

まあ、簡単にいえば、岸田総理もいよいよ安倍氏の言うことを素直に聞かなくなってきた中で、党内において自らの権力や影響力を誇示したいがために、自ら会長を”渇望”したということだね。
全体的な動きを俯瞰すると、明らかに安倍元総理はかつての影響力を失いつつあるようにみえるし、先日に(これまで関係性を自ら頑なに否定してきた)朝鮮カルト・統一教会関連のイベントに堂々と登場し、現在の実質的な教祖(韓鶴子総裁)への賛辞を惜しまなかったのも、これまで以上に教団に強い支援を求めることで、自身の影響力をどうにか維持したいことの表れだったといえる。

先の衆院選においても、地元での得票数を2万4千票も減らしたというし、権力の低下によって検察が自身に本格的に捜査の手を伸ばすことに対して、これまで以上にかなり怖がっているとみえるわ。

本人が権力の座に必死にしがみつこうとすればするほど、国民の間にますます白けた空気が広がっては、「安倍はもう引っ込め」との声が噴出するだろうし、もういい加減に観念して、自身の数々の不正や売国行為と向き合って、自身が犯した数多くの罪を償う覚悟をすればいいのに

少なくとも、まっとうな感性を持っている国民であれば、こんなにも反社会勢力やカルト、海の向こうのグローバリスト勢とズブズブのいかがわしい人物を支持するわけがないし、「安倍派」の結成とともにまたおかしなことをやり出さないか、国民は厳しく監視していく必要がありそうだ。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事