安倍総理の施政方針演説、「八ッ場ダムが台風被害を防いだ」など多くの虚偽や誇張!「桜名簿」は「個人情報」を理由に隠蔽するのに、自らの宣伝のためには個人情報も躊躇なく晒す「自己中ぶり」にも批判!

Pocket

どんなにゅーす?

・2020年1月20日、安倍総理が行なった施政方針演説に、例によって多くの虚偽や誇張が含まれていたことが発覚。東京新聞などの一部メディアがファクトチェックを行ない判明した。

・また、安倍総理が「地方創生の移住促進策」の成功例として実名を挙げて紹介した、島根県江津市の男性が昨年末に県外へ転居していたことが発覚したことについて、「桜を見る会疑獄」においては、「個人情報」を理由に招待者名簿を徹底的に隠ぺいし続けている中で、自らの宣伝のためには「一国民の個人情報」を躊躇なく晒したことについて、多くの批判が集まっている。

施政方針演説 地方創生の成功例で紹介 島根の男性、既に転居

安倍晋三首相が二十日の施政方針演説で、地方創生の移住促進策の成功例として紹介した島根県江津市の男性が昨年末に県外へ転居していたことが分かった。北村誠吾地方創生担当相は二十一日の記者会見で「個人的な事情から、現在は江津市を離れている」と認めた。

首相は、居住の実態がなくなった事例を取り上げて地方活性化や若者の起業支援の成果を語っていたことになる。菅義偉(すがよしひで)官房長官は二十一日の記者会見で「男性は三年以上居住していた。演説で紹介するのは問題ない」と強調した。

~省略~

江津市によると男性は昨年末に市役所に転居を報告。男性は県外へ移ったが、農業関連事業は継続しているという。市の担当者は「施政方針演説で、男性の話題が使われるとは知らなかった。事前に聞いていたら、別の事例を紹介できたかもしれない」と困惑を隠さない。市に国から昨年末に問い合わせがあり、市の人口増減データなどを提供したが「施政方針演説に使われるとは知らなかった」と話している。 (中根政人)

【東京新聞 2020.1.22.】

<論戦ファクトチェック>首相「八ッ場ダムが被害防止に役立った」 でも利根川6ダムや遊水地も貯水

安倍晋三首相は二十日の施政方針演説で、昨年十月の台風19号の際に「八ッ場(やんば)ダム(群馬県)が利根川の被害防止に役立った」と述べた。だが、当時は他の施設もフル稼働して水位を調節しており、利根川の治水で八ッ場ダムの効果だけを紹介するのは説明不足で、誤解を招きかねない。

国土交通省関東地方整備局によると、台風19号で八ッ場ダムは約七千五百万立方メートルの水を貯留した。完成前に水をためて安全性を確認する「試験湛水(たんすい)」の段階にあり、担当者は「極めて低い水位から満水近くにまで達した特殊な状況だった」と説明。完成後も同じ量の水を貯留できるわけではないとの見方を示した。

~省略~

経済・雇用関連でも首相演説には誇張が目立った。「九割近い中小企業で賃上げした」と強調したが、従業員百人未満の企業の調査結果を含んでいなかった。別の民間調査では、賃上げは六割近くにとどまる。

内閣府によると、演説に引用されたのは厚生労働省の「二〇一九年賃金引き上げ等の実態に関する調査」で、百~二百九十九人規模の企業が賃上げした割合は89%。三十人以上の一部企業も対象だが、集計中で反映されていないため、厳密には不正確な状態だ。

~省略~

【東京新聞 2020.1.21.】

一時期「八ツ橋ダム」と安倍シンパネット工作員が揃って間違えていた八ッ場ダムの効果を捏造・誇張!その他も、実態を都合よく捻じ曲げた「ペテン発言」を連発!

出典:Twitter(@DJ49148702)

東京新聞さんなどの一部メディアで安倍総理の施政方針演説のファクトチェックを行なってくれたけど、やっぱり今回も、安倍政権の成果を喧伝するために、誇張と虚偽のオンパレードだったみたいね。
中でも、私たちが以前に紹介した、昨年の台風被害と「八ッ場ダム」を結び付けて、確たる根拠が何もない「八ッ場ダム効果」を声高に謳っていたのは興味深いわ。

当サイトでは、昨年に台風19号による被害が関東各地で発生した直後に、ネット上で「八ッ場ダム」を「八ツ橋ダム」と揃って間違えたうえで、「”八ツ橋ダム”のお陰で関東地方の利根川流域が守られた」…みたいな世論誘導コメントが大量に発生したを紹介したけど、この件をまさか安倍総理自身が施政方針演説で語るとはね。

●過去参考記事:民主党を非難する安倍シンパ、「八ッ場ダム」を「八ツ橋ダム」と揃って間違える!ネット「中間で取りまとめる人間が間違えたのか?」

やはり、一時期ネット上に溢れていた「八ッ場ダムが関東を救った」みたいな怪しげなコメントの数々は、安倍官邸から出された「指示」が配下のネット工作組織に伝達され、これが、どこでどう間違ったのか「八ツ橋ダム」に名前が変わってしまったうえで、これを最下層のネット工作部隊がTwitter投稿していた可能性がますます高まってきたね。

やっぱりね。
ネット上に溢れ返っている、奇妙でおかしな「安倍礼賛コメント」や「野党叩きコメント」は、安倍官邸が配下のネット工作部隊を使って量産させている実態がまた一つ見えてしまったわね。

そして、安倍政権による「地方創生政策」の効果を喧伝するために、すでに居住実態がない男性の実名を挙げたうえで、施政方針演説で声高に紹介したのも、これもあまりにも酷い話だ。
テレビや新聞でこの件が報じられているけど、安倍総理が国会で演説した内容にもかかわらず、男性の実名を伏せて(音声を消して)報じざるを得ない状態で、つまりは、安倍総理は一国民の男性に対してとんでもない迷惑をかけてしまったということだ。
しかも、菅官房長官は、男性に対して大変な迷惑をかけてしまったにもかかわらず、「問題ない」と言い放つ始末で、いかにこの政権が自己都合だけを最優先にしては、国民に対する配慮も思慮も微塵もないのかがよく分かるね。

ほんと、国民のことを「カネを吸い上げるための真性奴隷」にしか考えていないのに、自らにとって都合が悪い事態になった途端に、「個人情報につき詳細を控える」なんていう詭弁を用いて、国民に配慮するフリをしながら自己保身に腐心しているんだから、これ以上ないほどの下衆政権だわ。

とにかく、何から何まで、やることなすこと、デタラメやインチキやごまかしやウソばかり
国民を守るはずの政権が、24時間365日、徹底的に国民を騙して私腹を肥やすことしか頭にないのだから、必然的にこの日本がどんどん堕落し続けているわけだよ。

まさに、こうした安倍政権の本質が凝縮したかのような施政方針演説だったし、国民はもっと本気でこの政権に対して怒りの声を上げていかないと、そう遠くない未来に、単に「なけなしの財産を搾取される」だけでは済まないような事態になっていくだろう。

Pocket

 

 関連記事