■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

安倍政権、「検察人事介入法案」を審議入り!コロナ禍のどさくさに紛れて「強行成立」させる狙いか!安倍総理「政権が政治的な意図をもって検察に介入するのは、あり得ない」

安倍政権、「検察人事介入法案」を審議入り!コロナ禍のどさくさに紛れて「強行成立」させる狙いか!安倍総理「政権が政治的な意図をもって検察に介入するのは、あり得ない」
Pocket

どんなにゅーす?

・2020年4月16日、日本中が新型コロナウイルス感染拡大による「緊急事態宣言」に大揺れの中、安倍政権が「政権による検察人事介入法案」といわれる検察庁法改正案を審議入り。国民がコロナウイルスで激しく疲弊する中、「火事場泥棒的なやり口」として批判が殺到している。

・事実上の、検察が政権与党の政治家による犯罪を逮捕出来なくなる内容(実質的な独裁政治体制の確立)に対し、野党や法律の専門家、多くの国民が強い反対の声を上げている中、審議入りを強行させた安倍総理は、「政権が政治的な意図をもって検察に介入するのはあり得ない」などと、野党議員の追及に白々しく抗弁した。

国家公務員や検察官の定年引き上げの法案が審議入り

国家公務員や検察官の定年を段階的に65歳に引き上げるための法案が、衆議院で審議入りし、野党側は、検察官の定年延長は検察の人事に内閣が介入することになると批判しました。

16日開かれた衆議院本会議では、国家公務員の定年を令和4年度から段階的に65歳に引き上げるなどとする国家公務員法の改正案と、これに合わせて、検察官の定年も段階的に65歳に引き上げ、定年延長を最長で3年まで可能にすることなどを盛り込んだ検察庁法の改正案の趣旨説明と質疑が行われました。

この中で、検察庁法の改正案について、国民民主党の後藤祐一氏は「国家公務員法の定年延長の規定を検察官にも適用するとしているが、今後、検察官に定年延長の規定を適用する場合、内閣の意向が反映される可能性があるのではないかという国民の疑念を、どう払拭(ふっしょく)していくつもりか」とただしました。

これに対し、森法務大臣は「検察官の定年延長ができるのは、内閣が定める事由、または法務大臣が準則で定める事由があると認めるときに限られ、それらの事由は事前に明示することとされていることにより、乱用が防止されており、適正に運用されるものと考えている」と述べました。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2020.4.16.】

「コロナ緊急事態宣言中」でも全くお構いなし!安倍総理自身の”逮捕防止対策”だけは「先手先手」で「検察人事介入法案」を強行的に審議入り!

出典:TBS News

安倍総理が、新型コロナで窮地に陥っている国民に10万円を配ることを決めたけど、どうやらこれは、これらの「悪行」をぼやかしては私たち国民を油断させる算段があったみたいね!
本当に国民のことを守る気持ちがあるのなら、緊急事態宣言の真っただ中にこんなふざけた法案を強行的に審議入りさせるはずがないわっ!!

その通り。
本来であれば、「不要不急」の法案を全て後回しにしたうえで、今は、新型コロナから国民を守るために必要な対策や法整備に全ての労力を注ぎ込むべきはずなのに…まさに「火事場泥棒」そのものというか、「今の間に強行的に押し通してしまえ」と”悪だくみ”している本音が丸出しだ。

安倍総理本人は、「政権が政治的な意図をもって検察に介入するのはあり得ない」などと白々しく抗弁しているけど、自らの”逮捕防止対策”のために、コロナ禍のどさくさに紛れてこれを強行成立させようとしている本人がこれを主張したところで、万引き現場が防犯カメラに映っていた本人が「万引きなんかやってない」と主張するのと同じようなもんで、説得力は「ゼロ」どころか「マイナス100」だろう。
(それにしても、上のNHKの記事を読んでも、この法案のメチャクチャさや恐ろしさが全くと言っていいほど伝わってこないし、NHKの「アベ広報化」もかつてないまでに酷くなっているね。)

相変わらずこの男は、口をついて次から次へとウソが飛び出てくるわねっ!!
私たちが疑っていた通り、「一人当たり10万円」を決めたのも、国民からの怒りの声が大殺到して自分が失脚させられるのが怖かったからなのがよく分かったし、国民に適当にエサを撒いて黙らせておきながら、その間にさっさと「完全独裁体制」を構築させようと企んでいるのは明白だわっ!

ほんと、(ツイッターでも声が上がっているけど)コロナ対策はひたすら後手後手のくせして、自身の逮捕防止対策だけは先手先手で実に素早いのだから、この「究極的な自己中」と「実によく働く悪知恵」には恐れ入る

たかだか1回こっきりの「10万円」で大喜びしていたら、ボクたちにとって「最も大切なもの」が奪い取られてしまうし、この先も、物事の本質を見失わないようにしながら、国民みんなでもっと怒りと抗議の声を上げていく必要がありそうだね。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ピックアップカテゴリの最新記事