【おバカ集団】安倍政権、コロナ終息後の「Go Toキャンペーン」に1.7兆円!一方、感染拡大防止策にはたったの6700億円!NEWS23星氏「あなたがた正気ですか?」

Pocket

どんなにゅーす?

・新型コロナ(COVID-19)の国内感染拡大に伴い、重傷者や死者が大きく増加している中、安倍政権が、感染拡大防止に関する予算をおよそ6700億円しか計上していない一方で、ウイルスが収束した後の観光やイベントなどを後押しするための「Go Toキャンペーン事業」におよそ1.7兆円もの予算を計上していることに、国民から多くの怒りの声が上がっている。

・NEWS23が(TBS)がこの事態を大きく取り上げた中、アンカーの星浩氏は「官僚に対して思わず、あなたがた正気ですか?と聞いてしまった」「今、火事が燃え盛っているのに、火事が収まった後の宴会の話をしているようなもの」と痛烈に批判。改めて、安倍政権による反知性ぶりと「お友達企業優遇体質」が浮き彫りになっている。

「Go Toキャンペーン」1兆7千億円に非難殺到、星浩も「正気か」! 一方、官邸は異常な楽観論、田崎史郎も「夏の観光に間に合うようコロナが収束」

~省略~

昨日22日放送の『news23』(TBS)では、安倍首相が時間を浪費してまとめた緊急経済対策の中身に疑義を呈した。その最たる例として挙げられたのが、「Go To キャンペーン」予算だ。

本サイトでも以前すでに取り上げたが、あらためておさらいすると、この「Go To キャンペーン」というのは、経産省の説明によると〈感染症流⾏が収束した後、国内における⼈の流れと街のにぎわいを創り出し、地域を再活性化するため〉におこなわれるもので、旅行や飲食、イベント、商店街への消費喚起のための「Go To Travel キャンペーン」「Go To Eat キャンペーン」「Go To Event キャンペーン」「Go To 商店街 キャンペーン」を実施するという。その事業費に、なんと1兆6794億円も計上しているのだ。

この予算がいかに異常なものかは、喫緊に必要だといわれている予算と比較すれば一目瞭然だ。実際、「マスク、消毒用エタノール等の物資の確保」に1838億円、「人工呼吸器の確保」に265億円、「ワクチン・治療法の開発促進等」に275億円、「国立病院機構・地域医療機能推進機構における医療提供体制の整備」に65億円、「検査体制の確保」に49億円(すべて厚労省補正予算案から)しか計上されていない。この厚労省補正予算案で「感染拡大防止策と医療提供体制の整備及び治療薬の開発」のために計上されているのは、トータルで6695億円だ。

~省略~

にもかかわらず、いつ収束するのか世界中の誰も知る由もない収束後のレジャーや外食などの消費喚起キャンペーンの費用に1兆6794億円も計上し、一方で厚労省による医療現場用のマスクなどの物資確保やワクチン・治療法開発、医療提供体制の整備、検査体制の確保などの緊急性の高い分野には、消費喚起キャンペーンの約3分の1しか予算を充てていない……。「どこが緊急?」と言われて当然の内容だろう。

~省略~

だが、こうした補正予算案のなかでもバカバカしさが飛び抜けているのが、環境省のある施策だ。環境省は「国立公園等への誘客・ワーケーションの推進と収束までの間の地域の雇用の維持・確保」に30 億円を計上しているのだが、関係事業者の雇用の維持・確保しようという部分は理解できる。問題は、「国立公園等への誘客・ワーケーションの推進」のほうだ。

環境省の説明によると、〈ワーケーションとは、「ワーク」と「バケーション」を合わせた造語〉で、〈観光地といった通常の職場以外でテレワーク等で働きながら休暇も楽しむもの〉。今回、環境省は新型コロナ収束後の「ワーケーション」を後押しするべく、〈約6億円かけて国立公園内のキャンプ場などに通信環境を整備する〉(朝日新聞4月7日付)というのである。

市中では自宅待機中の患者が死亡するという恐れていたことが起こりはじめているというのに、この国の政府は収束後の「Go To キャンペーン」に1兆6794億円も計上したり、〈自然の中でクリエイティブに仕事ができる場として国立・国定公園の新たな魅力を打ち出す〉などと悠長なことを宣っているのである。「頭イカれている」としか表現できないだろう。

~省略~

【リテラ 2020.4.23.】

「Go Toキャンペーン」を開始する頃には、すでに国民生活は”壊滅”!「庶民が滅ぶ寸前」でもなお「自らの利権」と「お友達企業優遇」を追求する安倍政権!

出典:Twitter(@altoext)

一体どうなっているのよこれはぁ~!!
そもそも、コロナを完全に封じ込めることが出来ない限り、観光やイベントの再開も永久にできないっていうのに、現状のコロナ危機を乗り越えるための予算がたったの6700億円なのに対して、観光やイベントの盛り上げのための予算(Go Toキャンペーン事業)を1.7兆円もの「大盤振る舞い」で計上してるって…!
やっぱり、この安倍政権の連中は、「正真正銘、本物のおバカ集団」みたいねっ!!

あの、終始控えめな星氏ですら「あなたがた正気ですか?」「今、火事が燃え盛っているのに、火事が収まった後の宴会の話をしているようなもの」と言わしめるほどの、最凶の反知性ぶりだ。
これというのも、安倍政権の連中は、こんな「戦時以来の国家的危機」の最中にあってもなお、自らの選挙対策や金儲けばかりに目がくらんでおり「そもそも、国民間に究極的な貧困や疲弊が広がり、遊びに行くお金すら全くなくなった時点で、観光業活性もへったくれもない」ということに気がついていないということなのだろう。

つまりは、1%のグローバル資本勢力によって長年にわたって日本国民に施されてきた「国民総愚民化計画」を通じて、多くの国民が選挙にすら行かなくなってしまったことにより、今や与党政治家までに「知能劣化」が本格的に広がっており、気がつけば、総理大臣を筆頭に、閣僚・与党政治家や官僚までもが、ほとんど全てが”おバカ”になってしまったということなのではないかな。

新型コロナの蔓延以前に、「こっち」の方が、日本壊滅の危機そのものだわっ!!
ていうか、こんな「おバカ集団」に実効性のあるウイルス対応なんてできるはずがないし、この安倍政権をまずはどうにかしない限り、必然的にウイルス危機も日本国家の危機も乗り越えられないってことじゃないのよっ!!

そういうことだ。
「国民を守る」という使命感や矜持を持っている、良心的で実行力のある政府であれば、今回のコロナ危機だって最小限の被害で食い止めることが出来るはずだし、実際、台湾を筆頭に、韓国なども被害を深刻化させずに「収束モード」に持ち込むことに成功している。

結局は、日本国民を最も窮地に陥れるのは安倍政権そのものということだし、ボクたち日本国民は、「コロナ&安倍政権」という史上最凶のコラボによって、より悲惨な事態に見舞われていくことになるだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

 
こちらの「いいね!」ボタンを押して頂くと、
ゆるねとにゅーすの最新記事が届きます。

 関連記事