■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

【ゆるねと通信】五輪汚職・特捜がKADOKAWA幹部2人を逮捕!、谷口源太郎氏「五輪とその周辺はブルシット・ジョブの巣窟です」、田崎スシローが”統一教会フォロー”を全開に!

【ゆるねと通信】五輪汚職・特捜がKADOKAWA幹部2人を逮捕!、谷口源太郎氏「五輪とその周辺はブルシット・ジョブの巣窟です」、田崎スシローが”統一教会フォロー”を全開に!
Pocket

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

(ゆるねと通信 2022年9月6日号)

東京五輪汚職事件・特捜がKADOKAWA幹部2人を逮捕&高橋治之容疑者を再逮捕!ワイロの額は7600万円!

【速報】東京五輪汚職 組織委元理事を再逮捕 KADOKAWAからもワイロ7600万円 東京地検特捜部 KADOKAWA元専務らも逮捕

東京五輪・パラリンピックをめぐる贈収賄事件で、東京地検特捜部は、大会スポンサーで、出版大手の「KADOKAWA」からワイロを受け取った疑いで、元組織委理事の高橋治之容疑者(78)を、受託収賄の疑いで再逮捕した。また、高橋容疑者の知人でコンサルタント会社代表の深見和政容疑者(73)を受託収賄容疑で、「KADOKAWA」の元専務と元担当室長についても、贈賄容疑で逮捕した。

調べによると、高橋容疑者は、「KADOKAWA」が大会スポンサーに選定されるよう便宜を図った見返りに、2019年~2022年にかけて、合わせて7600万円のワイロを受け取ったとされる。これらのワイロは、「KADOKAWA」名義の口座から、深見容疑者が経営する会社の口座に振り込まれていたという。特捜部は、容疑を裏付けるため、きょう午後から、東京・千代田区の「KADOKAWA」本社など、関係先の一斉捜索に乗り出した。

高橋容疑者は逮捕前、周囲に対し「希望者がいなかったから自分からKADOKAWAに頼んだ」と話し、謝礼を受けとったことを否定していた。

~省略~

【Yahoo!ニュース(FNNプライムオンライン) 2022.9.6.】

KADOKAWA本社を家宅捜索 東京五輪汚職巡り角川会長宅も

東京オリンピック・パラリンピックを巡る汚職事件で東京地検特捜部は6日、スポンサー選定で便宜を図ってもらった見返りに大会組織委員会元理事の高橋治之被告(78)=受託収賄罪で起訴=に対して約7000万円の賄賂を渡した疑いが強まったとして、東京都千代田区にある出版大手「KADOKAWA」の本社や新宿区にある角川歴彦(つぐひこ)会長の自宅に家宅捜索に入った。

~省略~

【毎日新聞 2022.9.6.】

東京五輪贈収賄事件 「大広」を捜索 KADOKAWAからも多額資金か

~省略~

新たに捜索を受けているのは広告会社・大広の大阪市の本社や東京本社です。

関係者によりますと、大広は東京オリンピック・パラリンピック組織委員会からスポンサー募集の業務を委託されていた大手広告会社・電通の販売協力代理店として、サービス系の企業のスポンサー契約を担当し、報酬を得たということです。

その後、大広は、紳士服大手のAOKIホールディングス側から賄賂を受け取った疑いで東京地検特捜部に逮捕された、組織委員会元理事の高橋治之容疑者(78)の知人が経営する会社に、千数百万円を送金した疑いがあるということです。

電通の協力代理店になるためには組織委員会の了承が必要だということで、特捜部は大広が、協力代理店に選ばれるよう高橋元理事側に働きかけ、資金を提供していた疑いがあるとみて捜査を進めるものとみられます。

大広は「東京地方検察庁の捜査に協力していることは事実です。事態を厳粛に受け止めるとともに、引き続き当局の捜査に全面的に協力してまいります」というコメントを発表しました。

大広から資金が提供された疑いがある元理事の知人の会社をめぐっては、ほかにも大会スポンサーだった出版大手のKADOKAWAから2019年以降、総額7000万円がコンサルタント料として支払われていたことが関係者への取材で新たに分かりました。

この知人は「KADOKAWAを元理事に紹介した」と周囲に説明しているということで、KADOKAWAは事実関係を調査し、特捜部もすでに角川歴彦会長から任意で事情を聴いているということです。

特捜部は、東京大会のスポンサー契約をめぐり複数の企業が絡んだ元理事周辺の資金の流れについてさらに実態解明を進めるものとみられます。

KADOKAWAは「東京地方検察庁による任意の捜査に協力していることは事実です。事態を厳粛に受け止め、当局の捜査に全面的に協力してまいります」などとコメントしています。

捜索受けた「大広」とは
「大広」は、大阪市に本社を置く広告会社で1944年に設立されました。

広告業界2位の「博報堂DYホールディングス」の100%子会社で、従業員は650人余り、昨年度の売り上げは280億円余りです。

関係者によりますと、「大広」は東京オリンピック・パラリンピックなどに関連して、高橋元理事のコンサルタント会社や元理事の知人が経営する会社と取り引きがあったということです。

~省略~

【NHK NEWS WEB 2022.9.5.】


出典:YouTube

東京五輪汚職事件について、特捜の捜査の手がますます広範に伸びてまいりました。
KADOKAWAの夏野剛社長は、以前に「クソなピアノの発表会なんかよりも東京五輪の方が大事」などとのたまって大炎上しましたが、今になって彼のこの発言の意味がとてもよく分かりますね。

なにげにAOKIが高橋容疑者に渡した額(5100万円)よりもさらに金額が大きいし、こりゃ、さらに掘り進めていけば、ますますすごいネタが出てきそうだね。
返す返すも(すでに「大コケ」が伝えられていた)河瀬直美監督の「五輪礼賛映画」がますます空疎で滑稽に見えてきてしまうし、やはり、東京五輪について言葉にしがたい不快感や様々な疑念を持ち、強い反対の声を上げてきた人の感性は正しかったということだ。
KADOKAWAの他にも、博報堂傘下の広告代理店である大広にも家宅捜索に入ったみたいだし、このままいけば、さらに多数の企業から多くの逮捕者が出ていきそうだね。

あとは、特捜が政界にも本格的に足を踏み込んでいくのか…!?というところですし、日刊ゲンダイによると、特捜は「国内スポンサー64社と政治家2人」を標的にしているとのことです。

リオ五輪においてもワイロ関連で逮捕者が出たけど、東京五輪についても、一部の大企業や特権階層の懐を肥やすために(コロナ危機の真っただ中だったにもかかわらず)強行された「黒いカネと利権にまみれた薄汚れた大会」だったと世界中が強く認識している状況だ。
森喜朗氏がかなり高齢で弱ってきていることから、強行的に逮捕&勾留に踏み切るのかどうかは微妙な情勢だけど、東京五輪ワイロ疑獄が一体どこまで拡大していくのか(特捜がどこまで踏み込んでいくのか)、目が離せない展開が続いていきそうだ。

 

スポーツジャーナリスト・谷口源太郎氏が重要で興味深い指摘!「五輪とその周辺はブルシット・ジョブの巣窟です」

記事の続きは、月額ウェブマガジン「ゆるねとパートナーズ」の有料会員登録を行なっていただけますと閲覧することが出来ます。

↓ゆるねとパートナーズ有料会員様はこちらから。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

ゆるねと通信カテゴリの最新記事