■ゆるねとにゅーすからのお知らせはこちら■

立憲・枝野代表の「この段階で五輪中止は現実的ではない」に、失望と批判の声噴出!枝野氏「アスリートの皆さんには競技に集中して全力を出していただきたい」

立憲・枝野代表の「この段階で五輪中止は現実的ではない」に、失望と批判の声噴出!枝野氏「アスリートの皆さんには競技に集中して全力を出していただきたい」
Pocket

どんなにゅーす?

・2021年7月29日、東京五輪強行によって過去最悪のコロナ感染爆発が発生している中、立憲民主党の枝野代表が、定例会見において東京五輪の中止を求めない考えを表明した。

枝野氏は、「この段階で五輪中止は現実的はない」「かえって混乱を招く」としたうえで、「まずはアスリートの皆さんには、目の前の競技に集中して全力を出していただきたい」とコメント。ネット上でこの枝野氏のコメントに失望と批判の声が噴出している。

立憲&国民、五輪中止は「現実的でない」 翻意の枝野氏「かえって混乱招く」

立憲民主党の枝野幸男代表は2021年7月29日の定例会見で、中止か1年延期を求めてきた東京五輪について、「まずはアスリートの皆さんには、目の前の競技に集中して全力を出していただきたいと思う」として、中止を求めない考えを明らかにした。

すでに多くの関係者が来日して活動していることや、政府が適切に対応できていないことから、中止や中断で「かえって想像のつかない大きな混乱」のおそれがあると指摘。「あるべき論と同時に、現実というものを冷静に見極めなければならない」とも話し、現段階での中止の主張は現実的ではないとの見方も示した。

~省略~

【J-CASTニュース 2021.7.29.】

立憲・枝野代表による「この段階で五輪中止は現実的でない(もう強行開催したからにはしょうがない)」発言に批判が大殺到!「また連合に忖度か?」との声も!

出典:YouTube

(「10%増税」を容認しつつ「減税で野党共闘」を拒絶していた頃から)管理人さんはかなり早い段階で立憲の枝野さんに見切りをつけてたけど、やっぱり、この人じゃ政権交代は夢のまた夢だわっ!!
てか、「この段階で五輪中止は現実的でない(=もう強行開催したからにはしょうがない=多くの国民がコロナ感染症で犠牲になってもしょうがない)」って、政権交代を標榜してきた野党第一党としては最悪のメッセージじゃないのよっ!!

ボク自身は、今回の枝野氏のコメントについては「やっぱり…」といった感じで、そこまで大きなインパクトを感じていなかったんだけど…ネット上を見ると、多くの人がかなり大きく反応しては、枝野氏に対して強い失望と怒りの声が噴出しているね。
個人的には、「最近の枝野氏の風貌や人相の変わりよう」に大きな心配をしており、上の映像や画像をみても、立憲結党当時と比べて、最近特に急激に老け込んできては、(かつてはもっと力があった目つきも)今ではかなりうつろで弱々しくなってきてしまっている。
それだけ、権力を拡大していくプロセスの中で、ジャパンハンドラーのグローバリストからかなり強い圧力や脅しを受けてきたことがうかがえるし、事実、かつて(「草の根からの民主主義」をアピールしていた頃)はかなり国民に寄り添った政策を掲げていたものの、みるみるうちにそうした方向性が退化していき、今では、(日本版FEMAの導入に繋がる)国民投票法に賛成してしまったり、ここまでダメダメになってしまった。

かつての民主党政権でも同じようなことが起こったけど、国民に寄り添ったまっとうな政策や主張が”許される”のは弱小野党のみで、国民からの多くの共感や支持を受けて勢力を拡大させていくと、もれなく途中からグローバル資本勢力からの強い脅しや圧力がかかってきて、最後は自民や公明・維新と似たような「グローバル売国政党」に体質改悪させられてしまうってことね…!!

ネット上では、多少の問題には目をつぶって枝野氏を応援するように呼び掛ける声も出ているけど、こうすると、どんどんと菅政権とも大して変わりない「グローバル売国政党」に退化していってしまい、いつまでたっても政権が取れないままに、結局は、グローバリストの思い通りに日本が完全なまでに破壊され尽くされてしまう
それだけ、「国民優先の政治を実現させることは極めて難しい」「グローバリズムの大波を止めることは至難の業」ってことだけど、立憲もここまでヘタレになってしまった中で、東京五輪が終わった後、この日本は一体どうなってしまっているのだろうか…。
とにかくも、ボクたち国民は「最悪の事態」を想定しつつ、出来る限りの自衛策と周到な備えを行なっていくのがいいだろう。

↓サイトの存続と安定的な運営のために、ご登録をお待ちしております。
Pocket

日本のにゅーすカテゴリの最新記事